6/10:読書

飲み会に明け暮れた結果売上が減った事実は常に地道な姿勢の大切さの戒めと教訓だったのではないか【1400】

アメリカ文学から紐解く、「差別」「否定」が一家代々に渡る悪い連鎖を生み出す程の心の奥底に潜む「劣等感」を持ったきっかけは何なのか【1397】

地球の覇者である現在の人間に必要な事、「感情」を持つ他の動物達に寄り添い気持ちを汲み取る態度【1391】

日常生活から事業まで、あらゆることの達成や成功のベースは「正直さ」にあるのではないか【1390】

「洋服に興味なし」も立派な「主張」として装いに現れる自明、「衣」は本来着る人間の人生そのものを無言で示す手段【1385】

燃えるような赤いショールは強い決心の象徴、不登校・離婚・事業継続など様々な課題と対峙する1家族が織りなすストーリー【1376】

「洒脱:しゃだつ」と「瀟洒:しょうしゃ」が全くの別物とも思えない、互いにある共通の部分は「すっきり」している点【1374】

最低限であることこそが美しさを作る、衣服やファッション小物に飾りが多すぎることを今一度見直したい【1372】

見た目からの想像とは違う、モンゴルの牧畜業の難しさの実態、改めて生きていくための食や自然の恩恵について考えた【1364】

外国人への説明だけにとどまらない、素晴らしい未来を作るためにまず日本の文化を根源から知るための本【1353】

無形を商業に取り入れる難しさ、無形のものはみんなで共有するのが自然なのではないか。。考えた瞬間【1349】

本革レザーは動物を可愛がることに反する、フェイクレザーは動物は守れても環境を汚染する、そこまでして「レザー」を新規に製造しなければならないのだろうか【1337】

自身の「生きがい」とは。。この物資に恵まれた時代だからこそ持っていたい自分にしか持てない宝【1306】

生物の進化前の化石が進化後の時代で見つかる矛盾、この意味が分かる本【1288】

もしかしたら、「ここぞ」という場面に使わせていただけるかもしれない、日常に多数存在する人間関係における「交渉術」【1282】

貴重な大手企業の失敗例から私達が学べること、客観的な見方や、潮時の見極め方【1281】

長い長い生物と地球の歴史を俯瞰した時、私達の現在の毎日がいかに一瞬であるか、そしていかに貴重なのかを考えさせられた本【1276】

ある一人の人間の気持ちの移り変わりとそれに伴う決意や行動の変化を他人がどこまで理解できるのか。。「惜別:せきべつ」を読んで【1269】

今後のアパレルを考えるためには過去のアパレルを知ることである、かの有名な老舗やデザイナーが語る貴重な裏舞台【1263】

師に習い、弟子に伝授、自身で決めた1つの道をじっくりと歩んだその画業への一意専心のライフスタイル【1228】

「同じ・類似」はAIがすでに担当し始めている、では、「違う・差別化」をAIが上手く表現できるのか【1226】

自身のオウンドメディア(ホームページ)を持つ者にとって必須事項、得意不得意関わらず一読したいランディングページの本【1222】

どんな事業をしていくかを考える際には根本の人間欲求の仕組みを知るべき、そんな人間の欲求の種類が学べる本【1212】

インボイス制度開始をきっかけに考えたい、税金分野だけで見る個人事業主でいることと法人の形態との違い【1195】

キャッチコピーやキャッチフレーズなどのコピーライティングの作業の裏側を知れる本【1192】

古き良き家具文化の伝統を守ることとECサイトでの未来型の販売方法の連立【1181】

まあるいデイジーのブランドの映画、売却してでも残したかった大切な物【1180】

まずはこれを認識、外注作業によってつくられたコンテンツは著作権が自分だけじゃないこと【1173】

販売はテクニックの羅列ではお客様がお見通し、本当に大切な事【1166】

科学英単語というものにとことん触れることができる本を読んだ後の変化【1162】

目まぐるしい変化のご時世でマーケティングの本を読むなら現時点で最新の本がお勧めである理由【1152】

写真が本当の美しさを最大限に伝えてくれるというわけではないことを説く手法の画家のお話【1149】

東南アジア・アフリカで働く人々が紹介された本-パラパラ読み【1132】

車メーカーの創始者様の談話-その節々にある多くの格言が抜き出しではなく、話の一部として受け取れる本【1124】

ハンドメイド製作における生地の切れ端の処分などの無駄な部分を生み出していないかの再確認【1113】

ハイブランド服、洋菓子や料理、ガラスや陶器、などの衣食住すべてがフランスの文化となったその創業の継続の上手さ【1105】

事業が伸びるには必ず言葉で説明できる理由があった【1067】

転職とか転機など、人生の大きな節目を感じた時に読みたい本【1059】

作り方やコツの本を実際に読んでみて自分の独学の技術と照らし合わせをしてみました【1053】

宝石にまつわる神話のようなストーリーを知った今、宝石との向き合い方の私見を持ちました【1051】

花柄といってもどんな花柄なのかが表された花柄名を知る本【1048】

悪い宝石を安く買っても意味がない、相応しい価格の良質なジュエリーを見つけるために。。。【1041】

時代は変わった!かつては宝石にまつわる裏話であったことが、実は本来表に実直に提示するべきものだったと言えるいくつかの貴重な情報【1035】

ブログの発信力を高めるために今一度ブログの手直しを始めるにあたって読んだネットの先駆者様が書かれた本【1033】

宝石を手にする時に是非読みたい本、地球活動のミラクルによって美しくスタイリッシュになったジュエリーの姿の見方に深みが増す【1032】

失敗はある意味「資産」、大切にしたい貴重な学びを教えてくれる本【1026】

すべてお得なお品勢ぞろいの商品ラインナップがお客様には魅力的でない理由【1016】

私が注目したのがここ、「難しい選択」をしなければいけない時-映画トップガンマーヴェリックを見て【1000】

個人事業主も参考になる会社がつぶれないための対策の本を読んで【989】

日常の当たり前を実は知らなかったことに驚き!-基本的な日常の事に関する知恵やノウハウの本を読んで【987】

「生活の美学」について書かれた本を読んで【985】

じっくり読む読書だけじゃない、ぱらぱらとめくるだけの読書、目次からのピックアップの読書などの読み方例【878】

複数の可能性の「パラレルワールド」から1つを選択してきた姿が紛れもない「今」、過去の栄光や未来への不安よりも大切なのは「今」という瞬間【843】

ブランディングはマーケティングの更に上のフェーズ、長い時間をかけて築き上がった結果的なものなのではないか【838】

日常に転がる当たり前からビジネスが生まれる、同じコトやモノ、ヒトをも違った角度から眺めるための先入観や固定観念の除外【821】

頼り待っているだけじゃない、素直に信じながらの自助努力も大部分が大切、様々な病気や悩み事の改善に向き合う姿勢【802】

新聞の一説より。。音楽と演奏シーンの組み合わせで生まれる新しい価値観、森林の中で演奏される「古楽」の演奏形態【793】

あくまで自分のみの利用、このデジタルの時代に新聞の切り抜きを集めアナログ冊子を作って読んだ、あるファッションデザイナー様のコラム【776】

自国の伝統生地、衰退しないためには文化として馴染みある形で一人一人に広がれば良い【758】

あるファッションデザイナーの映画、自分らしさに素直に向き合い大切にしていく人の最終決断【748】

<映画>滅多に微笑まない人だ、ドキュメンタリー映画の中のその険しい表情から感じ取った「不服」【737】

少量の希少価値の高い高級バッグと共に多数の普遍的な格安バッグが同時に存在する理由の発見【730】

小規模事業者はこのハイブランド様の形態が参考になる、「自由」こそがたゆまぬ努力の時間をあたえる逆説【724】

ドキュメンタリーではないフィクション映画から得られるファッションビジネスの視点【719】

ハイブランド様の存在位置、「コングロマリット傘下」なのか「独立系メゾン」なのかという見方【693】

古着の中から未使用品や綺麗な物を選りすぐれば新品と同等、古着ライフ10年以上の者が語る本当の品物の価値【683】

ハイブランドからファスト系ブランドまでの4種類の分類のバッグ、迷わず「ヴィンテージハイブランド品」のコスパがダントツ【672】

「ファッショングッズ」という分類のバッグを例に新古関係ない品物の「価値」の見極め方を解く【669】

裏地はたまたま隠れる場所に設置される生地というだけ、表地とフラットな見方で時には「主役」にもなる【657】

いつから表面的な機能不足なアパレル品になってしまったのだろう、いにしえの機能中心で生まれたベルトの起源を知る【651】

本来先にニーズがあって製造が来る順番、「見込み」や「予想」で製造することの甘さの徹底見直し【645】

アパレルに儲けを極限に追求した反動、環境破壊と人権侵害を本気で憎む【624】

なぜ「銀河鉄道の夜:宮沢賢治 著」の物語があのような現実離れした世界観なのか【623】

今後は一人一人が心に留める言葉になってゆくであろう「サスティナブル」について考えた「本革レザー製品」の見直し【606】

宝石になる前の鉱物的位置付けを知る、ジュエリーそれぞれのストーリーを語り継げればと思う【600】

ここまでの「粋」なファッションアイコンはただ一人、めったに真似をしない私が真似た程の突き抜けたセンス【598】

カラーコーデが理解しやすい書き方の図鑑を拝読、自身からのアウトプットで単純な「色相環」を常に持つことの推奨【465】

「行動経済学」の本から型通りに実行することに対する躊躇の理由、種明かしが分かった時の「信頼」の喪失の懸念【387】

必ずしもハッピーエンドとは限らない、むしろ対極な「苦味」のある結末こそが心揺さぶる「アメリカ文学」らしさ【366】

死後の世界を理解すると腑に落ちる、「銀河鉄道の夜:宮沢賢治 著」をこのように解釈しました【365】

宝石ブランド様が人知れず行ってきた陰に隠れた工夫は、他の追従をものともしないこだわりや個性にある【337】

大ぶりな宝石を「飾り」として浮いた付け方をしてきた過去の風習の見直し、日本人が高めるべき「自分表現」の入り混じるジュエリーの装い【313】

メノウとオニキスの見分け、鉱物名は二酸化ケイ素が結晶化した石英(クォーツ)で共通、メノウのうねった縞模様の中で模様が並行なものがオニキス【303】

仰々しさを解消し連のつなげ方を変えるアレンジもある、昭和のヴィンテージあこや真珠ネックレスを新しい形で活かし出番を増やす方法【299】

ぱっと見の透明感あるまぶしさ、ホワイトトパーズコーデがダイヤモンドレベルに映る時【295】

「衣・食・住」の「衣」をあなどるなかれ、流行の波にただ乗るだけで本当の自分は映し出せない、着る者の人生をも映し出す大切なお洋服の未来【288】

メンズアイテムからのヒントが画期的、自身が活動的な働く女性のアイコンだった「ココ・シャネル」の偉業について【231】

今後どのようなバッグを製作するのかのヒントにカバンが生まれた必要性と起源を知る【219】

洋服は身体を覆い隠すためのものではなく、むしろその美しさを表現するラインなのである【212】

その美しいうねりはまるで丹後の海のよう、「丹後ちりめん」生地との出会いから興味を持って出会った「うらにし」の物語【201】

夢中で好きな物を集めていった時に出来上がったもの、それは独特の「世界観」だった【183】