洗濯ネットのパンク直し。。。一度でやろうとしない、地縫いとラッピングに分けるやり方【1023】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

何でもない、日常の一コマかもしれません。

洗濯ネットに無理やり詰め込み過ぎた記憶が最近あったのですが、気が付けば、その数日後パンクが見つかりました。

その洗濯ネットは、非売品。

付録についてきた過去のもののようで、メルカリとかヤフオクで集めたものばかりです。

ある意味貴重なお品で、過去のものを保有している個人の方からの購入ということになり。現在は入手できないものになります。

それでもインテリア的にそろえたいということで、複数何とか集めてものです。

ただ、ストックを持つというのももったいないので、最低限必要な数だけを持ってるということもあり、パンクの時点で、できれば続行して使いたいと思いました。

そこで、初めてになりますが、洗濯ネットのパンクをお直しすることに。。。

元は、一発縫いをしてあるけれども、お直しは、二度に分けるやり方

詰め込み過ぎによるパンクです。他の部分は傷みも無くて、綺麗なのでもったいないです。このパンクを縫い閉じるというリフォームで使い続けることを決意。こういったものは、縫いが最低限にしかされていないことがほとんど。しかし、お直しの場合は、1段階余分にステップを踏むことが今後丈夫く使えることになるのかな。
ひっくり返して内側を作業することになります。まず、ラッピングをよけて地縫いのみをきちんと重ね合わせてラッピングに隠れる範囲内の箇所にまっすぐステッチ。次に、ラッピング布をきちんとかぶせて、元のようにステッチによって縫い付けます。そうすることで、作業が逆にスムーズです。一発縫いは縫い外れが起こることがあるので、手間をかけて、二度に分けるこのやり方がお勧め。今後は丈夫になりますものね(^-^)。
さて、縫い終わり、今一度元のように正面にひっくり返します。
まじまじと見つめるようなものではないので、ちゃんとパンクが縫えていれば良しです。

あとがき

ついつい、物があふれてしまい、ちょっとしたことで捨てるクセがついているものです。

しかし、よく考えたら当たり前の物こそ長く使い続けるだけコスパも上がり、価値、愛着が高まるかと思います。

ここ最近こういった考え方になってきていて、もともと購入時に珍しいお品であったり、今後は入手が同じ物は難しいものを選んでおくこともそう思うようになる原因だったのかもしれません。

非売品は特に好きで、コーヒーカップも愛用中のものが非売品の景品のものです。

今探すともうありません。

余計に大切に使おうとするようになるものです。

このように長く使いたい意識は家電製品とか、自転車でもありました。

2002年製のオーブントースターを現在も使い続けたり、20年間乗り続けた自転車をもう駄目の所でやむを得ず新しいのを購入したその新品を30年乗っていく目標を持ったり。。。

1つのお品を大切に使っていく気持ち良さみたいなものもあるみたいです(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください