ハンドメイドに使う、薄くて硬め、キラキラした生地は注意、跡が付きやすいのでたたむことを避けた方が良いすすめ【291】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

生地をカットしてもらって購入の場合必ずたたむという作業が起こります。

特にネット通販であれば、当然であり避けられないことなのですが、今回はこのたたんだ時のたたみじわ、折り目がなかなか簡単に消えるものではなく、収納の仕方、保管の仕方に工夫を要するデリケートな物であることのお話です。

たたんでほんの1時間程度で出来上がる折り目

ここに購入後1時間程度の生地を広げています。

特に一番上のオレンジ色がラメが入った折り目の付きやすい生地であり、もうすでに十文字に折り目が入っています。

特にこういったラメのようなものが入った素材、デニム、ナイロン/100%などは折り目が付きやすく、一度付く残ってしまいがちなんです。

そこで、次のように棒に巻いて保管の方法をとりました。

こんな風に紙製の棒筒に巻いていきます。
そして、2か所ほどひもで結びます。
こういった棒は、店舗用品のお店とかネットなどにも売っています。これは、生地屋さんでもらえたものですが、複数入手したいなら、長さもそろっているので、店舗用品のお店で購入がよさそう。私は、以前「シモジマ」さんで購入したことがあります。

どれだけ細かく折っても折り目が付かない生地、逆にすぐ跡が付いてしまう生地

ニットによくあるのですが、どれだけ折っても跡が付かない生地も結構多くあります。

その他ふんわりした生地とかフクレ加工がしてある生地も大丈夫。

ここでは、その逆の跡が付きやすい生地を3点ピックアップしてご紹介します。

まずは、ナイロン/100%の生地。特に撥水加工などの加工がしてあると薄くても硬めであることが多く、跡が付きやすいという今までの経験があります。
2つ目はデニム生地。綿/100%もデニム以外でも線が付きやすいです。作業するときにアイロンがかけやすいものは、それと引き換えに保管時の跡が付きやすいとも言えます。
デニムはこんな風に保管しています。幅が短いセルビッチデニムなので、棒も短くカットしています。
3点目はラメの入った生地。見た感じキラキラしたものは、ラメ糸が使われているからです。レーヨンとか、メタルとかポリエステルがラメになるような素材なので、混率にこういったものが多く含まれていれば、たたみジワとか折り跡が付きやすいです。

あとがき

私も全部対応しきれず、たたんでしまってきたものもあります。

すべてを棒に巻いて保管という方法も根本からの収納の改善としては良いかもしれません。

ありがとうございました。

終わり。

ハンドメイドバッグは、ヤフオク、creemaで販売中です。

お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください