おしゃれな黒白水玉の雨の日対策の比翼リュック【84】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ただいまお送りしています<雨の日シリーズ>。

今回は、3点目になります。

今回使用の生地

今回は、ナイロン素材に致しました。ナイロンという素材は、もともと目が詰まっているという特徴もあるし、素材自体水をはじく性質をある程度持ち備えたものです。

さらにそこに撥水コーティングという加工をして水に対する防御をしてあるという点が最強です。

しかし、その素材も撥水剤を載せてあるわけですから、摩擦などから剥がれ落ちていくわけで、完全永久のものであるということはないわけです。

また、素材の種類も豊富というわけではないので、通常の生地に比べて華やかというわけではないですけどね。

左:表地の黒白水玉柄。ナイロンオックス撥水加工、ナイロン/100%、日本製。
中:表地の切り替え用黒無地。ナイロンオックスハイパロン加工、ナイロン/100%、日本製。
右:裏地の黒無地。ナイロンオックス撥水加工、ナイロン/100%、日本製。

ところで、真ん中の切り替え生地のハイパロン加工というのは、分かりやすくは、ゴム加工のようです。ゴムが載っている感じですかね。

今回は、黒白の2色のみを使って、シャープにシックにしようかと思います。

黒白の水玉はとても粋です。

リュックの雨しのぎの比翼仕立てのファスナーの取り付け方

ここ最近流行だといってよいでしょう。

リュックのファスナーにファスナーが隠れるようなカバーのようにおおいかぶさった仕様をよく見るかと思います。

あれは、比翼(ひよく)。

コートやジャケットの前立てにもついていますよね。

リュックの場合は、雨しのぎが目的といってよいでしょう。

実際は比翼のせいでやや開閉しづらいものですが、雨しのぎのメリットを採用した形ですね。

もしかすると、セキュリティー性も多少ありますよね。

向きが反対側から見たところになっていますが、正面から見ると奥側のファスナーサイドにこのように覆いかぶせるように2行のステッチでファスナーにたたきつけます。そして、一番外側になるファスナーのサイドは直接ファスナーと本体をたたきつけるというやり方です。ファスナーがすっぽりとかくれて、ひさしのような屋根のような役割の比翼の出来上がります。
できあがるとこのような感じの見栄えです。ファスナーが覆い隠されていますよね。

完成レビュー

比翼仕立てのリュック完成

黒と白の水玉と、黒無地の切り替えがとても粋です。

picturesqueらしいエレガントさも出ました。

今回は、ポケットをぺたんこにしまして、隠しポケットにフラップを付けたものとなります。

そんなすっきり感もコーデには粋な要素となりそうです。

では、YOUTUBE動画貼りますね。

ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグ一覧をどうぞご覧くださいませ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください