ビニール袋は使わない。。お手軽にゴミ集めができるゴミ箱に新聞紙をinする方法【733】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

可燃ごみの日には、ゴミ集めをして外へ出しに行きます。

その日常のルーティーンの中に、今回ある工夫を入れました。

もしかしたらご参考になるかもしれないので、是非ご紹介をさせていただきたいと思います。

ビニール袋無しでコストダウンとエコになる新聞紙を使ったアイデア

よくゴミ箱にビニール袋を敷くことがありますね。

ビニール袋でないといけないような三角コーナーのようなゴミ箱もあるわけですが、お部屋などのインテリアを兼ねたゴミ箱は今回ご紹介の方法が使えるかもしれません。

私も、ここ1か月程続けていまして結果はグッド。

ある日突然思いついた方法です。

まず、新聞紙を1枚だけ用意。
ゴミ箱の側面に沿って敷きます。底部分は縦が余ったはみ出す部分を使います。
ゴミ箱の入り口と同じ高さまで沈めます。(沈む分を底部分にあてがいます)
そうして蓋をします。(ゴミ箱に蓋はあった方が良いです)

このやり方には2つの効果が出ています。

1つは、ゴミ箱の側面や底が汚れないというメリットです。

よくべったりとシールとかセロテープがゴミ箱の内側に付いたりすることがありますね。

そういったことが防げます。ゴミ箱を綺麗に使えるということですね。

それもあってビニール袋を敷きがちですが、このサイズのゴミ箱だと結構大きなビニールが必要でコストがかかってしまいます。

そういった点で新聞紙は新聞代を払ってはいますが、目的は、新聞を読み終えた時点で果たせているので、コストはかかっていません。

2つ目は、これがとても効果が絶大なのですが、ゴミ集めの時に、ゴミ箱ごと傾けるだけででごっそりと抜けまして、一気に可燃袋への移動が可能。

まるで、鉢植えを入れ替える時にごっそりと土ごと抜けるのと似ています。

新聞紙だと、他の場所のごみも隠したい部分を新聞の内側に調整できますので、新聞紙という不透明なアイテムを使うことが透明よりもメリットがありますね。

あとがき

私の場合、ハンドメイドでミシンを使った時の生地の切れ端とか、糸くず、そういったものが特に多いので、ゴミ箱のサイズは結構大き目です。

今回ご紹介の写真では、高さが36cm、直径が22cmというもので、容量としてはごみ収集の日にフルになっているくらいの丁度な感じなんです。

少しゴミの量が多い時によく、ぎゅーっと押し込みますよね。

ああいったこともこのような新聞紙効果はより固める感じになってまとまるのが面白い。。

ビニール袋を捨てずに再利用も経験がありますが、その場合では、ごみの量が多くて押し込んだ時に、ビニール袋にテープとか宅急便の伝票の裏などがくっついてはがさねばならないのがやっかいでしたので、丸ごとその都度捨てればよい新聞紙の方法は余分な作業が省略できます(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

インテリア映えも意識した薔薇のボストンバッグを収納ボックスとして使うアレンジの仕方例【668】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

昔から薔薇柄がとても好みです。

お部屋のインテリアを薔薇柄中心で配置しています。

個人事業主は事業用の備品や消耗品も自分で決めることができますので、自分好みのインテリア性を兼ねたものを選んでいます。

今回は、レンタルジュエリー事業で使う、ジュエリーケース入れとか、お手入れ用の道具、タオル類、撮影用のマネキントルソーなどを収納する場所が何か混沌としていたのですっきりと綺麗にまとめて整頓するために、大きなボストンバッグを利用する方法を考えました。

テンション上がる好きな柄と好きな凹凸感ある素材の、ゴブラン織りの薔薇柄のボストンバッグ、しかも取っ手などのパーツが本革レザーということに的を絞って探しました。

もともと自分でハンドメイドで作る予定を時間が無くて変更、既製品の購入で見つけた2点のボストンバッグご紹介

もとは、記事の【602】に遡りますが、この時に、ボストンバッグを自分で作っていく決意を表明していました。

それなのに、なかなか自分のものを作る時間などない実態があります。

事業主はひたすら、お客様のための物を作る毎日なものなのです(^_^;)。

よって、自作ということをいったん諦めました。

そして、購入して早くすっきり収納を実現させたかったのです。

今回2種のデザイン、作りの違うボストンバッグをなかなかない中、やっと見つけました。

上下とも、ゴブラン織り、花柄、取っ手などが本革レザーという私の拘りを満たしたお品です。なかなか見つからなかった中やっとの2点でした。

2泊程旅行ができるような容量の大きめであること、ゴブラン織りであること、花柄であること、持ち手などが本革であることとなると、これがなかなか見つかりませんでした。

そんなない中でいろんなサイトを見て、お値段もリーズナブルでというものがこの2点。

上はイタリア製、下は日本製。

少し興味深いのが上下の2点の作り方が全く違うことです。上はトートバッグの延長のデザイン。

下は、典型的なボストンバッグのデザインで、側面が別パーツで分離している点が大きく違います。

そして、上は支柱がわたっていますが、下は無いです。

柄をたっぷりご披露するには、下の方がかっこよく感じますが、もしも、実際に旅行バッグとして使うなら、断然上の支柱のタイプが丈夫です。

支柱のおかげで、バッグの底の縫い代部分からよいしょっと持ち上げていますので生地への負担が軽いです。

下は、ある一定の箇所(取っ手の取り付け部分)に重さの比重がいきますので、場合によっては 破れてくる可能性がリスクとしてあります。

けれど私の使い方はあくまで収納のみ。どちらでも関係ないので、面白く2タイプのデザインであることもインテリア的には面白かったようです。

実際に中に入れている細かな部分の様子は、YOUTUBE動画内でご覧いただけます。

すべてレンタルジュエリー関係の備品を入れています。

あとがき

収納やインテリアもとても好きな私です。

なかなかインテリアも事業としてはアイデアが浮かびませんが、こうして、こういう機会にご紹介してご提案していくことは今後もできます。

よく、自分でいつも思うのが、インテリアではこういったシックなバラ柄などの落ち着いたアイテムが好きなのに、洋服となると、結構崩したカジュアル気味な感じを好むというのが自分でも不思議です。

インテリアで薔薇が好きなのだから、薔薇のワンピースをたくさん着たいかというと、何か洋服だときちんとしすぎていて、落ち付き過ぎていて、テンションが上がらないんです。

ネイティブ柄のワンピースとか、アシンメトリーにカットした洋服などのかっこよさみたいなものを着たいと思っているんです。これがとても自分で不思議ですね。

インテリアとファッションも同じライフスタイルなので、つながっているようで、実は何か自分の中で境界線があるみたいで、そこが今も謎です(^_^;)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ミニインテリアのようなコスメボックスの中身に更なるケースをハンドメイド品で収納するアイデア【658】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

お部屋の模様替えとかインテリアがとても好きです。

そのインテリア好きから、コスメボックスの中もミニインテリアのような世界観で、自分ならではの配置と整頓にしていくところへ、ハンドメイド製作のミニコスメケースを入れていく環境のご紹介です。

ただただコスメケースだけをお作りしてご紹介してまいりましたが、その配置とか、どんな場所へ入れるのかというのが、ブランドのコスメポーチ、そして、コスメボックスへと段階をおって入れ物の中の入れ物といったような構造であることをご紹介したいと思います。

インテリアも、お部屋という箱の中に、たんすとか、棚を置いて、さらにそこにボックスなどを設置していますよね。

あれのミニチュア版みたいな考え方で、お作りしていますハンドメイドのミニケースを俯瞰してご覧いただければと思います。

私の例ですが。。。大き目コスメポーチがブランド品で持ちたい方へのご提案

ブランド品が好きです。

やはり作りが良いですし、お仕立ても特徴があったりします。そんな点に着目するのも面白いものです。

私のように、メインコスメポーチはブランド品が良いという方は多いかと思います。

コスメポーチはバッグの中では結構な存在感であることと、毎日使うものということでバッグのような感覚も一部あります。

ブランド品というのは、お品のご提案がほぼ一方通行だと私は思います。

一流ブランド品がお客様の声を聞いてそれをいち早くフィードバッグした製造をしているかというとそもそもそういったものではないと思っています。

自社のデザインをコレクションとして提案していってお客様に受け入れたもらうというスタンスで今まで来たと思います。

今後も有名なブランドというのはそのようなブランディングの力の効力で購入側も受け入れていくという形は残っていくと思っています。

ブランド力というのはそこまですごいものなんだと思います。

ビンテージ物であっても中古品であっても何ら同じことです。

よって、ここが今一つ、、、と思う点も受け入れていくしかない部分もあります。

そうするとそこに、不足部分とか、機能の拡張をした部分を補うということが出来そうな空間を見つけます。

ということで、私のコンセプトとして、ブランドポーチの補助的な役割ができるにふさわしい良質なお仕立てのミニミニケースといったお品を作っていくことになります。

こんな感じでほとんどすべてのコスメグッズが収納できるコスメボックスを持っています。好きなバラ柄。そして、縦長タイプの背の高いサイズのものです。いろいろこういったコスメボックスがある中では、この縦長タイプが私としては一番使い勝手が良いと思っております。取っ手が付いていることで、場所を移動して持ち運びができます。まるでメイクさんみたい♪。
最近見つけたビンテージのバレンチノのスエードの小花柄ポーチ。スエードがとても好きです。本革に花柄プリントは結構レアです。大き目サイズのポーチでこれごとコスメボックスの一番上にどーんと収納です。
さて、いったん小花柄のコスメポーチはよけて、それ以外の収納を見てみます。これは、コスメボックスの中の様子。仕切りをパンダンの入れ物で更にお部屋を作り、同じ種類のアイテムごとに収納。例えば、右上はヘア関係のクリームとミスト。右下はコンタクトの液と保存ケース。保存ケースが小さいので、自作のハンドメイドポーチに入れています。左下はエンリッチというような保湿クリーム。左上はお部屋のにおい用のセージの香りの芳香剤と、消毒用ジェル、そして眼鏡クリーナー。一番左のシャネルケースは、爪切り、ビューラー、眉毛をカットする小ばさみです。一番上はファンデーションの予備で(間違えて2個買ってしまったので)、自作のファンデーションケースへ入れて割れないよう保管します。
まだ右の空間が空きです。ここへ、こちらも自作のポーチで中身が予備用のペンシル類が入ったものを設置。空間がフルに埋まりました。
さて、最初によけておいたメインポーチ。これは、携帯してバッグの中に入れて使えます。正面のポケットにはぺたんこのクシと鏡。フェンディの物を入れています。
クシがなぜか2個になっていますが、ポーチと一緒に付いてきたものだったから増えたのだと記憶しています。鏡もコンパクトで可愛い丸型のペタンコのゴールド。左の方に少し写っています。
中身ですが、肝心な物がぼけてしまいました(^_^;)。ペンシル類が現在そのままinしていますね。これが今後は自作のハンドメイドケースのペンシル用のものによって、収納的なお部屋ができることになります。ここにたどりつく背景とか環境が今回お伝えしたかった内容となるわけでした。

随分といろんな入れ物があるものですね。

入れ物はそれだけで魅力的なものであり、私はずっと注目してきましたし、素敵な物が多いです。

そういった入れ物の仲間入りとして、小さい容積のこのようなコスメポーチの中で活躍してもらえるものを目指します。

あとがき

こうして見てみると小さな入れ物だってインテリアなのだという考え方をしてきました。

サイズが小さくなっただけで何ら大きなお部屋と同じことをしていたのです。

インテリアは世界観が生まれます。

化粧ポーチはそれに比べたら小さな空間ですが、開けた時に広がる、個人個人の特徴がとても楽しいものになりますね(^-^)。

そこへ私はハンドメイドで使い勝手の良い機能の小さなケースをお手伝いしたいわけです。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ビンテージ木製ミニチェストのこんな使い方ご紹介します【621】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

実はインテリアも好きな私でございます。

当ブログのカテゴリーに「インテリア」というものを設けておらず、「コーデ」のカテに入れています。

インテリアもコーデの部類で良いかなと思い、インテリア分野を絞り過ぎるのをやめた結果です。

今回は、現在とても気持ちよく使えている、木製のミニチェストの使い方の部分のご紹介です。

木製の4段チェスト。このボタンみたいなつまみがデザインとしては好み。
小さめでコンパクトなのですが、ミニサイズというほどの小ささでもないです。
サイズ:縦46cmx横35cmx奥行き30cm。

クローゼットのど真ん中にコーナーテーブルという、よくベッドの横などに置く水平の台があり、その上にこのミニチェストを置いています。

クローゼットもポールがはしっていますが、ある一部分はポールを無視してこんな風にチェストを置いたりして使っています。

奥行きが30cmなので、そんなにたくさんは入らないです。

チェストの場合奥行きで結構入る分量が決定づけられるような。。

そして、今回の私の使い方のご紹介。

季節外れの洋服の収納ということで、現在と反対の季節の長袖のジャージ上下をセットで、4セット分同じ物を持っていまして、それを1部屋に1セットずつ入れています。

ちょうど、ジャージの上下1セットで容量を満たします。4セットの同じジャージ分4段ということでぴったりです。

と、こんな使い方もある例ですね。

その他の収納ご紹介

今回少しサービスです。

先ほどのお話の、この下にあるコーナーテーブルには何を入れているのかですね。

こんな風なクローゼットの配置で、「コスガ」の木製ビンテージコーナーテーブルがクローゼット内の真ん中に設置。
こちらのコーナーテーブルもビンテージ家具です。こういった取っ手本当に好みです(^_^;)。
シンプルな3つの引き出しですが、なかなか深さと厚みのあるものです。
左側にはタオルハンカチ。右側には、手作りマスクを収納。

下の段の広い方の引き出しには靴下です。裸足が好きなわりには、靴下も好きという(^_^;)。
スニーカーを履くことがが多くなったので、靴下の出番も以前よりは多いです。
靴下のロゴがとても好きで、上から、「ハナエモリ」、「エンポリオアルマーニ」、「クロコダイル」です。

あとがき

インテリアもとても楽しいです。本来チェストなども使い方は自由であると思うんです。

一時、結構大き目のたんすにアクセサリーを入れていたこともありました。

もちろん、その中に更にトレイなどを置いてはいましたが、深みのあるチェストだとアクセサリーはちょっともったいない隙間が残る使い方です。

ただ、取りやすかったり、見やすかったりはしたので、ダメではない使い方だとは思います。

ユニークな使い方を共有し合ったら、人からの新しいヒントなどもあるかと思うので、そういった、ビンテージ家具の「使い方」の情報の共有というのも面白いと思いました。

今後も何か模様替えの機会などがあった場合には、ご紹介してまいります(^-^)。

カテゴリーは「コーデ」でアップしてまいります。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ケースを入れる入れ物をボストンバッグにしてみる計画のご紹介【602】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

レンタルジュエリーという事業をさせていただいております。

レンタルジュエリーは、レンタル期間スタート前にお客様に契約のジュエリー類をケースに入れて発送致しますが、その時のケースがあります。

ジュエリー専用のケースで、スクエア系の形が多いですね。

リングケースは必須で、指輪の変形のリスクをリングケースに入れることで指輪をお守りします。

現在のジュエリーケースの置き場所

こんな風に、ジュエリー保管の棚の隣にボストンバッグとか袋に入れての収納です。

内容は、ボストンバッグの中には、リングケースやネックレスケースなど。

そして、下の段は、黒い袋がジュエリートルソーということで撮影用のネックラインやトレイの黒のベルベット調のディスプレイです。

薔薇の袋には、ジュエリー洗浄後の乾かす専用のタオル類と洗浄時のミニボウルが入っています。

そして、とても見にくいのですが、画面の左端下にちょんと映る薔薇の袋にも実は関係グッズが。。

これは、手直しなどのリフォーム用の道具のヤットコとかペンチとか、地金パーツなどのストックなどです。

こうしたバラバラとしたものをこのたび、もっとすっきりと収納しようと、ボストンバッグを2個作ろうかと思います。

現在の菊の花の和柄のボストンバッグは、とてもテイストが合っていません。

もともと販売用だったのですが、モデルチェンジで、この取っ手の取り付け方をやめるということで、その後ボストンは作っていない状態。

なんとなくボツ商品を使っていましたが、このたびインテリアを意識したものに変えていこうとしています。

やはり、センスが合わないと気持ちも良くありません。

薔薇のお花柄のボストンバッグを2個作ることで、スッキリした収納にしていきます。

ボストンバッグの材料

2個共薔薇柄ですが、1つは、洋服をリメイクしたパッチワークの薔薇柄で、茶色です。

これは、商標権の問題があり、YOUTUBE、ブログいずれでもご紹介できないのが残念です。

自分使いであっても、発信する側は、YOUTUBEでアップする以上収益が発生するので、商業利用に値するという考え方が全うなものになります。

無邪気に楽しくご紹介して、ブランド様からのクレームや訴えが出る可能性が0でない限りやるべきではないようです。

よって、今回は片方の1つだけをご紹介したいと思います。

こちらです。ピンク色のトーンが何とも素敵です。

先日ヤフオクで昔のものだとおゆずりいただきました。

こちらは、耳にもメーカー名や著作権の記載がなかったので、映しても良さそうでした。

オックスフォード織のような表面で大変高級感があります。

これと同じような生地を現在なかなか見つけることができません。

過去の良きビンテージ布だと思っています。

そして、型紙をざっくり作りました。

取っ手は、既製品を使うかもしれないので、後に生地で作れそうなら型紙を作ろうと思っていまして、とりあえず、本体とマチの部分のみです。

ボストンバッグもこうして見てみると単純パーツでできるものです。

まだ裁断にすら入ってはいませんが、時間が少し空いた時に作りたいと思います。

この製作が後に影響すること

とてもささいな入れ物作りなのですが、今後レンタルジュエリーで入れ物を保管するときに、何か心地が違います。

細かな場面でも気持ちの良い仕事がしたいということです。

そして、今回のこのささいな製作がもしかして、後のデザインとか商品作りに何かしらのヒントの一部になるとかそんなこともあるものです。

なんでもやってみる、作ってみるというのは何かしら意味があると思います。

あとがき

なぜ薔薇柄なのかというのが、インテリア品を薔薇柄でそろえておりまして、個人事業主の私は、半分が個人、半分が事務所というお部屋の使い方をしています。

よって個人部分と事業部分がミックスになる領域も多少あって、インテリアテイストは統一したいと思うわけです。

薔薇の花の良さはトラッドであるということ、落ち着いたもの、華やかであるなどあまり飽きることはないです。

少し前にデイジーの柄も興味を持ちましたが、安定の薔薇柄は強いです。

1つの柄の統一の良さというのは、別ルートの入手のアイテムでも柄が同じなのでごちゃごちゃせずに統一感は出ます。

地が茶色の薔薇、地がピンクのバラ、地が紺色の薔薇などいろいろあっても、柄は一緒なのです。

と、そんな風にいろんなインテリア小物を薔薇柄にしぼって集めています。

また、バッグ完成の時には、記事にアップしたいと思います、お楽しみにどうぞ(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

好きでとことんやってしまう年末の模様替え・整理整頓のご紹介-仕事場、クローゼット、トイレなど【322】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

年末の最終は、やはり模様替えと整理整頓でした。

もし、早く終わったら、ハンドメイドバッグの続きを製作しようと考えていましたが、甘かった(^_^;)。

そう簡単ではなかった模様替えとなりました。

数週間前から、頭の中では、チェンジ後の様子をイメージしたり、引出し付きの物の中身のみ入れ替え作業は済ませてあったので、これでも多少の効率は考えていました。

けれど、結果、終了が12月31日の夜8:00。

29日夕方からゆったりと始めてきた感じです。

では、before/afterである場所にスポットを当てて、変化をお楽しみくださいませ。

新しく購入するのではなく、シャッフルするというところが大きなポイントになります。

仕事場の模様替え:before/after

作業場の模様替え:before・・・やはり年度末はごちゃついてきてしまいますね(^_^;)。
作業場の模様替え:after・・・芯地の存在感すごいですね(^_^;)。以前のアイロン台をミシン台にして、書類入れだった比較的大きなチェストを思い切ってアイロン台にしました。背が高すぎるのでアイロン台の脚はたたんでペタンコで使用することにしました。
上の写真が一番左が画面が切れていて、改めて映しました。このミドルチェストはクローゼットからやってきました。この中にはハンドメイドバッグの附属品パーツを入れることに。

木製の机とかチェストの使い道を変えています。こんな風にシャッフルするのがとても新鮮で、新たに買い足すということでなくても既存のアイテムで使い方を変えるのみというのも結構な変化になりました。

何かご参考になるところがあればと思いました。

beforeの中で、一番右のミシンの机は、その後、パソコンのデスクトップやキーボードを置く机になり、左の方のダークブラウン色の3段のミニチェストはパソコンのハードとプリンターを置くことに。

そして、複数の引き出しには、用紙とか文具など作業に必要となるアイテムが身近に集まることになり使い勝手が良くなりました。

パソコンデスクの模様替え:after・・・前は、デスクこたつだったパソコン机。ミシン台だった机が同じくらいの大きさだったのでここへ持ってきました。デスクこたつは組み立て式なのでどうしてもネジがゆるみ不安定。コタツも2年連続使わなかったので、やめることに。。
パソコンのハードとプリンターです。このダークブラウンのミニチェストは以前に生地入れに使っていたもの。
下に敷いているマットがずれるので粘着式のフィルマット近々購入予定。
花柄のピンクのバッグは、YOUTUBE編集時のナレーション用のマイクとマイクガード入れ。ちょうど良い大きさです。引き出しには、A4用紙のストック、筆記用具、梱包道具、宛名シールストックなど出荷時に使いやすいものを身近に集めました。

クローゼットの模様替え:before/after

クローゼットに以前入っていたミドルチェストをを仕事場の附属入れにしたという変化が特に大きかったです。

クローゼットの模様替え:before・・・やや窮屈なイメージです。ここから下の方のミドルチェストが脱退。代わりに以前プリンターとかパソコンのハードを置いていた「コスガ」というメーカーさんの「ナイトテーブル」というアイテムをここへ持ってきます。そして、この抜け出るミドルチェストは、ハンドメイドバッグの附属品パーツ入れになります。
クローゼットの模様替え:after・・・とりあえず空間もある程度余裕が出てすっきりしています。カーキ茶が美しいコスガのナイトテーブルの中には、靴下、マスク、ハンカチの日用品が固めて収納してあります。上の赤茶色のミニミニチェストの中は、夏用のジャージ(普段着)を1セットずつ。季節が来るまでほぼ引き出しを開けることはなさそう。今まで通り両脇は、洋服です。厳選の1シーズンに4セット以内の合計12セットがオールシーズンの洋服。ほぼジャージで過ごすので、お出かけ着は1シーズン4セットもあれば十分。

トイレの模様替え:before/after

トイレは、配置は特に変わりようがないものの、トイレマット一式を変えています。

風水的に1年に1度くらいのペースが良いそうです。ずっと長くつかっていくものではないようなんです。

少々もったいないですが、確かに1年後にはかなり傷みと消耗が目で見てわかる感じなので風水の教えもごもっともだと素人ながらに感じています。

トイレの模様替え:before・・・これはこれで気に入っている色味でした。ローラアシュレイの便座の蓋カバーのミモザの花柄が特に際立っていました。トイレットペーパーカバーもローラアシュレイでした。
トイレの模様替え:after・・・紺系へと変わりました。便座の蓋カバーは再びローラアシュレイで。その他はノーブランド。トイレットペーパーカバーは何か物足りなくて、巻き薔薇を2j個ミシンで縫い付けるという施しをしています。なかなかのアクセントになりました(^-^)。

あとがき

以上が、模様替えのbefore/afterのピックアップ場面です。

キッチンやお風呂も大掃除は行いましたが、特に大きく変化せず、整頓をし直したという感じです。

お皿を複数枚割ってしまいましたし(;’∀’)。。。

そして、いろんなマットやカバーも洗濯して、雪で天候が悪い中、室内の高い位置に干して何とか乾かしたりしながら、夜8:00辺りに終了。

その後、遅くにYOUTUBEでこの模様替えをアップしました。

結果、夜中の0:00を過ぎてしまい、翌日のアップロードになってしまったわけですが、仕方がないですね。

そんなYOUTUBE動画、よろしければ、ご視聴どうぞ。

では、こんな感じでバタバタとものすごい勢いで年末が終わり、2021年に入っていきました。

2021年もYOUTUBEとブログは続けていきます。

そして、製作も新しい素材のテイストで引き続きできるだけたくさんの商品を作っていきたいと思っています。

2020年の途中からやり始めた、ブログの中に該当のYOUTUBE動画を貼り付けるということは全部終了。

10記事ほどブログのみでYOUTUBE動画を作らなかったものもありますが、その他、現在で300記事くらいにはYOUTUBE動画を貼るということを達成するように変えていくことができました。

過去の記事に貼り付けるのは、新しくYOUTUBEを作るという作業もあったので時間がかかりましたが、現在は出来上がっています。

おそらく、当たり前に、ホームページのブログ内に動画が埋め込まれるのが基本の時代になるかと思っていますので、今後もそのようにYOUTUBEと共にブログをアップしてまいりたいと思います。

是非お立ち寄り、よろしくお願いします(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ご覧になってくださいませ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

トイレマットを一式買い替える時のセルフコーデの仕方【301】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

トイレという場所は、邪気というものがたまる場所、トイレの蓋の開けっ放しとか、トイレットペーパーはビニールに入れたままは、ビニール素材との相性があまりよくないとか、風水的な情報を目にするたび、信じて気を付けてきました。

良く分からないからとりあえず、信じる、です。

なので、トイレットペーパーは、1個1個紙包みで個包装のものをチョイス。

それでもしっかり探せば、お得な物が見つかるので、決して高額ということはないです。

ビニール袋に裸のまま入れたものを使うとビニールごとおトイレに入れなければならないので、やはり相性の良くない者は持ち込まず、紙の個包装の物が良いかとの判断によります。

ところで、その他にもトイレマット類は、1年くらいで交換がよいとの情報も目にしました。

ええっ?1年てもったいないなあと最初は正直思ってしまいました。

けれども、信じて去年2019年の年末からのスタートでトイレマットを一式新調するということを始めています。

そして、1年が終了しようとする今、翌年の2021年用のトイレマットを探すということを今回しました。

1年はあっという間なので、もったいないと思いながらも、よく見ると、1年でかなりマットもだらんとなるし、トイレットペーパーのカバーもペーパーの粉がたまって結構な汚れです。

時々、掃除機で吸い取ったりしていましたが、やはり消耗はしていくようで、綺麗なままということはないんですね。

何かしらよれたり傷んでくるわけです。

今回は、模様替えのような感じで今までと雰囲気を変えたマットをチョイス。

そのセット組の様子をご紹介したいと思います。

セット物になった商品は高級過ぎ、個別チョイスが結果お値打ちになったお話

購入が楽だからということと、全部同じブランドでそろうからと少し覗いてみると、セットになったものは非常に高価です。

よって、楽しみも兼ねながら、個別で集めていく方法を採用。

アイテムは、意外に多し。トイレの蓋カバー、便座カバー、トイレットペーパーホルダー、マット、スリッパの5アイテムです。

ある程度セット組になったものもあるようでしたが、一部のみで中途半端。

それならば、いっそすべてバラバラでという挑戦に至りました。

まず最初に、蓋カバーを探したところ、ラクマでローラアシュレイの物が見つかりました。

今までもローラアシュレイを中心に個別でセットにしたものでした。

あ、そうそう、ここで、beforeとして、現在のトイレカバーの様子をご覧くださいませ。

今まで使っていた古いトイレマットのセット:蓋カバーとトイレットペーパーカバーがローラアシュレイのもの。その他は個別にノーブランドで探したもの。

これもこれでなかなか心地よいセット組でした。いろんなミラクルが見方して、上手い具合にコーデできたんです。

もったいない気もするのですが、それでもやはり1年経過すると傷んできてやはり替え時なのかもしれません。

ここからの思い切った変化として、今回は色を紺色にしたんです。

最初にチョイスしたのが、この蓋カバーのローラアシュレイの紺色だったので、紺色で統一していくことが決定。

ただ、予想外のハプニングも起きまして、紺色にもトーンがあって、この蓋カバーは紫寄りの紺だったんですね。

なので、紺でも2種ほどのものに分かれています。

そして、スリッパは、あえて、グリーン色の強いものをチョイス。

紺色も選べたのですが、そこをあえて外して、カラーの交じりを楽しもうなんてことです(^_^;)。

紺色が主に2種あることが分かります。
このトイレットペーパーカバーがやや地味に感じて飾りを付けたいと思いました。

トイレットペーパーには、今までのローラアシュレイのピンクの物には刺繍が入っていたこともあり、この無地が何となく地味に感じてきました。

そこで、巻き薔薇を縫い付けて飾ろうかと考えます。

このように2個ベージュ色をチョイス。巻き薔薇は現在、2色しか持っておらず、焦げ茶かこのベージュのみ。ベージュを選びました。蓋カバーの中に同じ色が含まれているようだったからマッチすると思った次第。茶色はどこにも出てきませんので、新たな色を増やすのはすっきりしないコーデになるからです。
縫い付ける糸の色もしっかり合わせると綺麗になじみます。これは、巻き薔薇縫い付けの「マスト」事項と言えそう。
ミシンでたたきつけるのがやはり丈夫です。2個を一気に縦に縫い付けます。最初の返し縫はせず、いったん縦に上から下へ降りて、また、バックでそのまま元へ戻ります。結果二度縫いになります。
そして、裏側へ結び目を隠して結んで玉止め完了。後ろに縫い目が貫通しますが、ここを見ることはないので、良いでしょう。
こんな感じで真ん中に可愛く縫い付けることができました。巻き薔薇は立体感がありますが、柔軟性もあるので、取り付ける時は、ミシンがぐらぐらしなくて丈夫です。縫った後も、立体的にある程度戻ります。

トイレマットコーデの完成

トイレマットコーデの完成:5つのアイテムが勢ぞろい。ネイビーが2種に分かれていますね。薔薇柄は、3箇所に配置。これで2021年のトイレを迎えます(^o^)丿。

2020年のピンク系から2021年の青系へがらりと雰囲気を変えました。

もし、お花柄が好きな方がいらっしゃったら、この「巻き薔薇戦法」をどうぞご参考にしてみてください、これを縫い付けるだけでとてもかわいくなります。

何もついていないとのは雲泥の差。薔薇でなくても、その他のボタニカルなお花柄にも巻き薔薇は相性は良いと思います。

YOUTUBE動画内でもミシンで縫う様子がご覧になることができますので、ご視聴どうぞ(^-^)。

大きく見て、1点ポイントがあります。ブランドを1つ取り入れていること。

全部ノーブランドの場合と、今回のようにローラアシュレイが入っている場合とではまた違う印象。

全部ローラアシュレイでそろえると高くなってしまうので、1年の期間のみということも見越すと、その他はノーブランドで1アイテムのみブランドにしたところも何かしらのご参考になると幸いです。

あとがき

何か、集めてコーデするってとても楽しいです。

色や柄を合わせていく中で、何かミラクルのようなことも起こり、示し合わせたかのようにぴったりになったりすることもコーデの魅力。

これを面倒で厄介と感じるのか、楽しいと感じるのか価値観はあるかと思うのですが、私はここに手間をかけることを好みます。

何か1つ自分で作り上げたような達成感なんかも得られ楽しいです。

物を作るのも、最終的にコーデで活きるものだと思わされます(^-^)。

私は、ハンドメイドバッグを作っているのですが、ハンドメイドバッグを作りながら、ジュエリーのレンタルとか、今回のコーデのようなことをしています。

ハンドメイドバッグは、ヤフオク、creemaで販売中、レンタルジュエリーはヤフオクにて出品中です。是非、お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄【10】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

最近枕を低反発にして、ストレートネックをちゃんと直していこうと考えています。

ちょうど、この記事をアップしています1年前に、ストレートネックと診断され、その頃、毎日首が痛くて、とてもつらかったです。

病院へ通っても、全く治っていかなかったので、病院をやめて、整体の方向でお世話になろうと、矯正の先生に骨の歪みを整えてもらい、まっすぐになった状態で、ヨガも毎日行い何とか、今現在の1年後、つらいような痛みが起こることはなくなりました。

ただ、完全に治ったかと言われると、そうではないようで、夜寝るのが遅かったりするきっかけで翌日頭痛がしたり、たら肩こりがあったりということで、7-8割までは、矯正で回復したように思います。

ストレートネックはきっかけにすぎず、体の歪み、自律神経の弱さなどが絡み合っているという考え方らしいです。

毎日ヨガをすることなどは、くせというか、毎日のワークとなっているので、大変ということは思いませんが、ストレートネックが完治するまでのあと数割ってなんだろうと思います。

そんなことを考えながら、とにかく自分で何か試してみることができることは何でもやっていこうと考えました。

その中の1つの試みとして、低反発というものにも興味を持ち、実際に活用していこうと思っております。

床に直接座るということ1つにしても、床へ低反発座布団を敷くことで、大きく違います。

今回は、この低反発のウレタン素材を材料に、ミシンをかける時の椅子のクッションを作っ

たので、その過程と、出来上がりをご紹介したいと思います。

材料はシンプルです

今回生地に選んだのが、中間くらいの厚みのツイルという丈夫な織り方の生地です。

ダークなカーキグリーン地に、バラの花がぎっしりとつまった私の好きな柄なんです。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
地がダークなカーキグリーンの薔薇柄生地:綿/100%

なかなか華やかで粋でしょう。

こちらを、本体のカバーと、4サイドに取り付けるひもに使っていくのです。

そして、こちら。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
低反発クッション用のウレタンシート:40cmx40cm

生地とこのウレタンの2種類だけを材料としてクッションを作っていきます。

このウレタンの厚みは、2cmで、椅子が、縦22cmx横31cmなので、何とか、2枚重ねて厚みが4cmのクッションにしようと思います。

椅子は、こんな感じの椅子です。

木製で、このままだと、座るところが硬いのです。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
座るところが木製の椅子(スツール):¥6,000くらいでした(^_^;)

アイロンもほとんど使わずに製作できました

できるだけ簡単に制作したく、型紙などの作成は、省略です。

①生地をカット:出来上がりの縦22cmX32cmに対して、それぞれ+15cmずつのゆとりを持たせることにしました。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
①生地をカット

写真は、縦37cmx横46cm生地x2枚。

今回余計な材料は徹底的に省くやり方なので、ファスナーを使わないので、最終的に、縫いこんで仕上げてしまいます。

よって、最後に空き口を縫う時にミシン目が物理的に落ちてしまわぬよう、ゆとりが必要なのです。

一般的なミシンは、まだまだ2次元の世界で考えねばならないこともあり、この多すぎるかのようなゆとりは、実は必要であるのですね。

②3箇所裏側から、端より3cmのところを地縫いします。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
②端から3cmのところを縫う

③この直後、3cmある縫い代を1cmくらいずつ三つ折りして、ほつれを中側にしまい込んで、さっき縫った地縫い線と同じかもしくは、縫い代側にステッチしていきます。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
③縫い代の三つ折り始末

④それを3方ともおこなったら、ひっくり返して、入り口ぐるり1週を三つ折りステッチしていったん空き口を整えます。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
④空き口の三つ折り始末

⑤ウレタンを2枚重ねて、カバーの中に入れ口をきちんと合わせてミシンで縫います。

この時が、やはりウレタンの厚みで、縫いにくいので、15cmのゆとりが効力を発揮するのです。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
⑤ウレタンを入れて、空き口を閉じる

⑥余った生地で細長い、幅8cmのリボンテープを作り、左端の真ん中、右端の真ん中、上の真ん中、下の真ん中、というように4箇所に取り付けます。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
⑥リボンテープを作り、カバーに縫い付ける

以上で、完成です。

自分らしい椅子カバーを作る:自分サイズ、自分柄
完成です

リボンテープの長さは、左右のものは55cm、上下のものは45cmと10cmの差を付けました。

実際リボンも着脱しやすく、適正な長さとなったと思いますが、もし、生地が足りなかったら、もっと短く、45cmと35cmくらいでも大丈夫かと思います。

YOUTUBEでも動画として製作過程を記録していますので、よろしければ、どうぞ、ご視聴くださいませ。

あとがき

今回は、生地は十分にあって余計な材料を使いたくなかったので椅子への着脱は、リボンテープのひもで行いましたが、もう少しリボンテープを太めに短くして、マジックテープで固定などの方法もあるかと思います。

雑貨屋さんなどで探してもなかなか自分サイズって見つからないことが多いかと思います。

そんな時、自分で作るということは、大変満足度が高いです。

ただ、ミシンを持っていなかったり、ミシンが得意でなかったりする場合、こういうものを作ってもらえたりするお店があったらいいですね。

そのあたり、私で何かお役に立てることがあるのかどうか、検討していきたいです。

ありがとうございました。

ハンドメイドバッグをお作りして販売中でございます。

よろしければ、ご覧くださいませ。

こちら

picturesque
picturesque

簡単リフォーム、枕カバーにファスナーを後付けする方法【243】

かんたんリフォーム:枕カバーにファスナーを後付け

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

少し気になることでも、まめに解決していこう、なんてことをたまに考えます。

最近、枕カバーが口が開きっ放しであることが気になっていたのでした。

もともと、上布団用カバー、敷布団用カバー,枕カバーと3点セットで買った中の、枕カバーでした。

かんたんリフォーム:枕カバーにファスナーを後付け
口が開きっ放しな枕カバー

とても、枕カバーの柄や色が気に入っているだけに、口の開きはやや残念というか、何とかしたいと思っていました。

ということで、今回、後付けで、楽に簡単に枕カバーの入り口にファスナーを取り付けていこうというリフォームです。

最も単純で簡単な方法でファスナーを枕カバーに取り付けます

ファスナー取り付けというのは、基本的に縫製の途中段階で行う作業ばかりです。

しかし、今回その常識を打ち破り、すでにもう出来上がっている枕カバーに取り付けることをやってみたわけです。

手順の中で、少々、私がこだわる部分は、後付けであっても美しく仕上がるように、とうことです。

そこで、まず、ファスナーを取り付ける前に、ファスナータブを作って取り付けるという作業を入れ込みました。

ファスナー取り付けを簡単に行う分、見栄えに少し手間を入れるというような意味です。

このように、ファスナーの両先端の2か所ともタブを付ければ、みっともなくない見栄えとなります。

この時のタブの製作手順を紙でお伝えしますね。7.5cm四方の正方形の生地を1.2.3の順に折り、ファスナータブとします。
かんたんリフォーム:枕カバーにファスナーを後付け
両端にタブを取り付けます

こんな風に別生地を縦7.5cmx横7.5cmにカットして、裏に薄芯をはり、こんな風にくるんで、タブを作るわけです。

そして、下準備が整ったら、本体にファスナーを取り付けます。

後付けである条件というのが、ここで出てきます。

どうしても、最先端からはうまく縫えないので、ファスナーの先端から8cmほどの位置から、終わりも8cm手前で終了という縫い方となります。

一般的なミシンは、平面思考をせねばなりません。だから、無理矢理先端から縫おうとすると、綺麗にできなかったりして、決して良い仕上がりにはならないものです。

なので、最初から、隙間を空けて縫うということを考えれば、仕上げは綺麗です。

かんたんリフォーム:枕カバーにファスナーを後付け
ファスナー取り付け出来上がり

縁の8cmの隙間があるので、このファスナー先端部分がやぼったければ、先端を中へ入れ込むことができます。

以上出来上がりまでのおおまかな過程です。

気になる縫い目の出方は?

最初の状態で片方だけステッチが入っていて、そのステッチに重ねるような位置に数センチ内側に入った場所に取り付けました。

ここで少し見えているステッチは既製品にかけてあったステッチです。ここを目安にこれに重ねるようにステッチしました。反対側はステッチが入っていないので、こちらと均等の位置にステッチして縫い付けました。
表側から見た様子(ステッチがもともとない方):ファスナーを縫い付けた時の縫い目だけが出ます。
表側から見た様子(ステッチがもともとある方):ファスナーを縫い付けた時の縫い目が元のステッチに重なります。これが綺麗に重なると見栄えが良いですね。

あとがき

今回のリフォームは、同じ状況の人が結構いらっしゃるかと思いますので、もし、同じように気になっていたというならば、ぜひご参照てくださいね。ありがとうございました。

YOUTUBE動画ございます。

バッグをお作りしております。

よろしければ、商品をご覧ください。

こちら

picturesque
picturesque