「にせもの」の中の「合成石」のレベル【823】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在「本物志向のレンタルジュエリー」というレンタルジュエリー業をさせていただいております。

この、本物志向という点は、地金の18金やプラチナに徹底、石は天然石に徹底、そして、ほんの一部あるコスチュームジュエリーは、一流ブランド品尽くしのセットと、すべてをある意味、本物志向として営んでいます。

と、そういったお品とは対極にある、「にせもの」ということに、今回は目を向けてみます。

お客様に本物をすべてご利用いただいた証(あかし)として、自分は、にせものジュエリーを身に着けるということをしています。

さて、このにせものと一括りされる分野ですが、その中でも特に作りの良い、本物にとても似た見栄えのお品があります。

それが合成石を使ったジュエリーというものです。

今回は、この合成石ジュエリーにスポットを当ててみました。

なぜ、合成石には、本物みたいな名前が付いているのかの理由

よく、合成ルビー、合成エメラルドなどという言い方を聞きますが、私も最初は、何か図々しさを感じたものでした。

合成なのに天然石みたいな名前で気を引こうとしているのでは。。。

そう思ったのです。

しかし、それはある意味正しい表現の仕方だと分かりました。

合成という言葉には深いものがあったのです。

この定義は、天然のストーンの成分=化学構造を真似して同じ構造を人工的に作った状態を表すというものなんです。

そう考えるとなかなかのものです。

例えば、こちら↓。

合成ルビーと合成ホワイトトパーズのリング。

ものすごく本物っぽい作りに見えますね。

これが実際目の前で見ると、綺麗だけど、うーん、これは偽物でしょう、と分かります。

天然はもっときゅっと引き締まったような小粒になります。何か繊細さがあるのも天然で作られた本物の特徴です。

このダイナミックさも合成ならではの出来なのでしょう。

このように、天然に近いような様相にもなるこのストーンの内部が、実は、化学組織を全く同じくしてあるからこの様相なであるということが重要ポイントなのです。

そして、さらにもっと近づくために、台をきちんと使い、手間のかかった仕立てをされたお品となれば、もっと似てきます。

そういった意味でこのリングは、宝石寄りなにせものだと言ってよいかと思います。

時々、合成石のものも宝石と呼ばれるのも、実は、この内部の化学構造にあったということです。

そう考えますと、プラスチックとかただの金属だけのコスチュームジュエリーに比べれば、実は合成石のにせものはレベルが高いという考え方もできるかもしれません。

が、しかし、それも、にせもの分野の中でのレベルです。

天然であるファインジュエリーの分野とは雲泥の差であることは言うまでもありません。

合成石のジュエリーを実際に手にしてみた感想

実は、このリング到着ホヤホヤでした。

ここまで作りの良いにせものは初めてですので、まずは、このデザインのお洒落さに感動でした。

そして、シルバー925でもない、ただのメッキの金属の台の部分も厚めで、良質なのが分かります。

全体にボリューム感あるリングになります。

おそらく、夜の暗い場所や、映画館などのシーンでは、天然でも合成でも分からないかもしれません。

よく、結婚式など用にダイヤモンド風なお品のネックレスやブレスやリングがお勧めされていますが、ああいった注意が散漫になるようなシーンでは、注意喚起が別の所に行きますので、身に着けているお品というのはまじまじと見つめられることがありません。

よって、ぱっと見華やかであれば良いということを考えれば、落としやすいああいった出先のシーンというものに、合成石の活躍場所のヒントがあるかもしれません。

picturesqueのレンタルジュエリーの今後の方針の再確認

ここ最近も、ダイヤモンドの代替品がどんどん工業品として研究の成果が出ているようです。生み出されて行っているようです。

研究が盛んで、その背景には、人気のダイヤモンドをより身近に広める目的とか、天然ダイヤモンドが閉山とか、環境破壊の問題の観点から採掘をひかえる方向に行っていることもあるかと思います。

当レンタルジュエリーの考え方としては、そういったダイヤモンドの代替品が多く生み出されてこそ、その一方で、より天然の価値は高まると思っています。

しかし、その代替品の価値は天然に勝ることはないと思いますので、これまで通りの本物志向は当然継続です(^-^)。

確かに天然ダイヤモンドに関しては特に、ここ最近、天然のおしゃれなものはレアで、見つかりにくさは私も感じています。

こういった近年の入手困難な流れの中での人気による品薄なのかなあと自分なりに思っています。

あとがき

本物、偽物と一口に言っても、偽物分野にも広がりがあるということがお伝え出来たかと思います。

こういった今回ご紹介のような合成石のジュエリーは、シーンを選んで使っていくと良さそうです。気が散漫になりがちな混沌とした旅行先などのシーンなどでは、価値が低いことが逆に安心だったりします。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください