ファスナーの先端にカバーする別布タブの生地が横からはみ出さないテクニック【679】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

よく、私は、自分のバッグのデザインのファスナー使いの部分にファスナーの先端を、カバーと固定を兼ねて、タブを付けます。

このタブが、幾重かに重なって丈夫なものになるわけですが、折りたたんでいく途中で生地が横からはみ出すことになってしまいます。

このはみだしを解消すべく、考え出した縫い留めのテクニックがございまして、これを今回ご紹介したいと思います。

私が使う場面以外でも応用が効きます。

美しく作るために生地をきちんと重ねる意識

このように、縦に真ん中に向かって両端をくるみ込むアイロンをかけます。早速ながら、この1度目の折りの時に真ん中を橋渡るように、橋から数ミリにわたり、行って帰るというミシンの二重ステッチで固定。もうこれで真ん中が開きません。
この縫い目が隠れていく様子を注視していただきたい。次に、真ん中で横向きに折ります。子の折りも先ほどの縫い留めでやりやすくなっています。
さらに、真ん中へ向かって横向きに上下から折り込みます。ここで、先ほどの縫い留めステッチが完全に真ん中に隠れましたね。
こうして、ファスナーにかぶせて、ステッチで固定してファスナーカバーというか、ファスナータブが完成です。横サイドからの生地のはみ出しが解消されています。
サイドに注目してみるとミルフィーユのようにきれいに重なっています。生地の先端がはみ出していないですね。この縫い留めの大きな効果です。

今回のステッチはほどこすのとしないのとでかなり大きな出来栄えの違いが出ます。

美しく仕上げるための隠れた技(わざ)と言えますね。

あとがき

我流ではありますが、ちょっとしたテクニックなどの効果が出たときにはご紹介してまいりたいと思います。

多くの人々がハンドメイドをしておられる、そのような中で特に、やり方の本などには書いていないようなニッチな部分でも、掘り起こしてみると結構な効果だったりすることがまだまだ眠っているのかもしれません。

そして、これまでの経験でも思うのは、お洋服の仕立ての手法がバッグに活きることもとても多いです。

よって、ハンドメイドバッグを作っている人の参考も良いかもしれませんが、むしろ少し違う分野、時には、建築など、業界の違うところからヒントをいただくこともあるのかもしれません。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください