珊瑚のジュエリーを選ぶにあたって、まずは珊瑚とはなんぞやからスタートしてみます【545】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ近年珊瑚は希少だとのこと。

思うに、今後の新しいお品は、希少な中でのお品なので、色が天然なのかなどこだわるのであれば、ビンテージ物の方が良いと思っております。

今まで珊瑚にはあまり注目しておらず、ここ最近少し気になっている素材なので、ほとんど知識がないわけです。

そこで、珊瑚について、ほんの入り口に立ったところではありますが、どんな天然物なのかということを今回はご紹介したいと思います。

動物ということではあるが植物のような鉱物のような性質もある珊瑚

珊瑚は、刺胞動物(しほうどうぶつ)の一種となっていまして、クラゲ、イソギンチャクなどが同じ部類の仲間です。

突起状のパーツが特徴です。あの突起で、人間でいう目や耳や味などの感触を得る大事なパーツなのだと思います。

炭酸カルシウムを含む霰石(あられいし)というものでできた骨格を形成し、木の枝のようになって珊瑚になるようです。

この霰石(あられいし)というのは、アラゴナイトと呼ばれる炭酸塩鉱物というものの一種。

そうすると、珊瑚は鉱物のような性質も一部基盤に持っているということで、その上木の幹のように枝を広げた植物のようでもあるようなミックスされた生き物だと思えてしまいます。

天然石は、通常鉱物にイコールなのですが、珊瑚はその点特殊。

海の生物なので、鉱物とはもとは違う部類の物。

以前記事でご紹介したことがあったのですが、地球上には、3つの物があるということ。

1つは、動物、1つは植物、そして3つ目が鉱物ということで、鉱物の存在が結構なものであることをお伝えしました。

今回のこの珊瑚は、どれともとれるような、ミックスされたような感じがするものの、一応は、刺胞動物ということなので、動物に分類さるのですよね。

けれども、宝石になっていくということでは、もとは鉱物でないような、天然シェル(貝)とか、天然樹脂の琥珀や鼈甲などと同じように少し別格ですね。

宝石になっていく珊瑚というのは、海の中ではこちらもさらに別格のようで、貴重サンゴという呼ばれ方をしているようです。

深海に存在し、造形珊瑚呼ばれる白い珊瑚とも違う種類みたいです。

あとがき

今回は。ここまでですね。あまり身近で見るものではないのイメージ湧きにくいです。

とにかく、赤色もピンク色もどちらにしても希少価値はあるみたいです。

あまり宝石寄りなことは今回は足を踏み入れておりませんが、珊瑚の自然界の中での位置のようなものを把握するにとどまります。

また、新しい学びがあった時には、記事にてアップさせていただきたいと思います。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください