パッチワークバッグ3兄弟をご紹介します♪:マルチストライプ柄、マルチボーダー柄、マルチブロック柄【18】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、パッチワークで3種の違う柄を表現してみたバッグを同時にご紹介したいと思います。

いろいろなパッチワークが同時にご覧いただけるのも面白いのではないかと思いまして、今回の記事、そして、youtube動画の企画をしてみたわけです。

素材について

今回の使用の生地の素材は、肉厚な生地となっています。

アムンゼンという名前の生地で、オフ、モカ、黒(正式にはチャコールグレー/濃グレー色)です。

生地の表面の感じ分かりますかね?

ぶつぶつが存在しているのが特徴の生地です。

本来、このアムンゼンは、厚みはそれほどないものが多いらしいのですが、今回の肉厚であるアムンゼンはそう考えるとレアかと思います。

この美しいぶつぶつの凹凸感ある柄の織具合を活かして、無彩色なのだけれども素敵なマルチカラーの柄を作っていくとお洒落なバッグになるかなということを考えました。

パッチワークシートの製作やバッグの機能

今回の3種は、ストライプ、ボーダー、ブロックの3種の柄です。

これらは、おおまかに手順をご説明しますと、まず、短冊状にカットし、芯地を貼った生地パーツをミシンで地縫いしてつなぎます。

そして、裏をアイロンで割り、表についたハギ目の線の両サイド1mm程度を再びミシンステッチでたたいて、綺麗に固定します。

これでかなり丈夫で整った柄が出ます。

手間のかかったお品だといえるのは、このベ―スの作業をして柄のシートを作成した後に、通常の裁断の段階になるので、前段階の作業の手間が非常にかかっているということです。

そうして、3種の、ストライプ、ボーダー、ブロックに分かれます。

どうでしょうか。

どんな柄がお好みでしょうか。

縦長寄りな形なので、ややメンズっぽさもありますね。

これらのバッグは、目的がレジャーとか旅行などの遠出をイメージしています。

ということで、機能として、中側にポケットとは別にボトルホルダーを設置していまして、ペットボトルを入れていただける割と立体的なホルダーを付けています。

結構立派なものです。

ポケットの方もマジックテープ開閉のフラップポケットで、スマホがらくらく入り、容量の大きさを十分にキープしたポケットにお作りしました。

やはり、ポケットは隠し部屋ですので、バッグの中身の中でも得に大切にキープしたいものを入れたいでしょう。

その辺りが、通帳だったり、カードだったり、スマホだったりと人それぞれの考え方と嗜好に対応できるよう、ボリューム感のあるポケットにしています。

小さいとどうしようもありませんので、ここは大は小を兼ねるというような考え方です。

このバッグのサイズ感

さて、このバッグのサイズ感についてです。

実寸としましては、一番左がやや他よりも小さめです。

一番左が、縦31cmx横30cm、その他は、縦35cmx横30cmです。

バッグで1辺の長さが30cm以上は結構な容量となるかと私は思っていますので、このバッグも、中にスマホや長財布だけにとどまらず、もう少しいろいろ入れていただけるかと思います。

動画を貼り付けますので、私が動画の中で、実際にショルダーを肩から掛けるシーンがあるのをご覧になって、サイズ感を見ていただけます。意外と大きいことが分かります。

また、動画の中で、1点1点のバッグについて説明やお伝えしたいことをお話しております。

このバッグは、1泊程度の簡単な旅行などにも対応できるのではないかなと思っています。

では、これで終わります。

どうもありがとうございました。

私が自らデザインして、作成したバッグを販売中です。

どうぞ、ご覧になってくださいね。

こちら

picturesque
picturesque

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください