レンタルジュエリーの複数のセットの中から木の実モチーフが特徴のアイテムだけ抜き出して並べてみました【1120】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在、「本物志向のレンタルジュエリー」事業をさせていただいております。

この、「本物志向」という言葉は、ある徹底したこだわりがこめられた言葉です。

貴金属のK18やPTを使用した、天然石が美しい「宝石」と呼べるお品を選りすぐって集めたセットを幾種類かご用意させていただいていますが、どれもこれも「本物」と呼べるものです。

何を持って本物と呼ぶのか。。。というのはいろいろ解釈がございますが、この本物という言葉がやはりキーワードになってお客様が納得していただける部分だと思っておりまして、一切ごまかしが利かない言葉でもあるかと思います。

1つ1つのお品コーデにもかなり力を入れていることで本物の意味の中に入れ込む気持ちとして、私がしてきた喜ばれるための努力もちゃんとした「本物」でありたいと考えています。

地金のK18やPTを徹底して使用した宝石であること、そして、それらが集まった1つのセットがある景色のように美しくまとめられているということです。

今回の記事では、そのまとまった1つ1つは実際にお客様がレンタルしていただく時に体験できますが、切り口を横切りにすると言いますか、他のセットとの共通点があり、その面白さが寄り集まったコレクションみたいにしてご紹介する回です。

名付けて、「木の実コレクション」です(^-^)。

木の実モチーフがかわいく、美しいペンダントx4点のコレクション

大変小規模ではありますが、4点のプチコレクションです。

左上から時計回りに、翡翠(ジェダイト)、ピンクサファイア、メノウ、ガーネットなどがかわいい木の実モチーフで使われているペンダント。

どれもこれも、なかなか同じ物を見つけることが難しいその時の出会いがあって見つかった貴重なお品です。

CT数を含む、4Cのレベルでよくダイヤモンドなども計られますが、それだけではない、「おしゃれさ」というところに一番重きを置く私の考え方も、実は、「本物志向のレンタルジュエリー」のネーミングの中に入っている「本物」なのです。

ということで、思い切ってカラット数などはあえて気にしない、「素敵さ」を重視しての「本物」という言葉使いにちょっとした攻めがあるのです。

あとがき

実際にはこういうペンダントだけを複数集める見方がされません。

お客様は選択してセットごとにチョイスされますので、これらが一緒になることはないわけです。

そうしますと、私がこうした記事でお伝えできることは、セットになった3アイテムとは別の見方です。

こうした、別の見方の切り口が見つかれば、また記事にてご紹介してまいりたいと思います。

いつもと違った見方も面白いものですね(^-^)。

■<22><マルチ葡萄>■本物志向のレンタルジュエリー■@¥11,000/2w■K18YG■翡翠、メノウ、ダイヤモンド■13号■・・・現在レンタル中

〇1セット:@¥11,000(税込)/2週間(送料無料)
〇ペンダント(7g):K18YG台の天然石の卵型がマルチカラーで房になった縦3.5cmのモチーフ。
卵型の1粒は縦8mm強。朱色、黄色、黒が瑪瑙、その他が翡翠と言った感じの分かれ方。
1粒ずつ台座が付き、全体では固定されたデザイン。チェーンは長さ60cmのラウンドチェーン。
〇ブレスレット(15g):K18YG台にダイヤモンド2ctのダブルテニスブレスレット。
幅は7mm強で、地金の楕円部分は長い方である横向きが3mm強。長さは留め具含む19cm。
〇リング(9g):K18YG台にラベンダー翡翠の卵型、その周りにダイヤモンド装飾6粒。縦が2cm。サイズは13号。

ご注文フォーム

■<20><和風木の実>■本物志向のレンタルジュエリー■@¥11,000/2w■K18YG■メノウ他■16号■・・・現在レンタル中

〇1セット:@¥11,000(税込)/2週間(送料無料)
〇ペンダント(12g):K18YG台の直径3cmのサークルの枠の中に天然石のマルチカラー
が木の実デザインで透かしで配置。木の幹もK18YG。
天然石は瑪瑙(めのう)/アゲート他(エナメルではなく天然石)。チェーンは、喜平デザインのK18YG80cm。
〇ブレスレット(5g):K18YGの葉っぱ透かしデザインの7mmの幅広。長さは留め具含む19cm。
〇リング(18g):K18YGのボタニカルな彫刻の1.2cm幅。サイズは16号。

ご注文フォーム

<出会い>デザインにキュンとくる、卵型の房のかわいいマルチカラーの房ペンダントトップ【787】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

フルーツモチーフのペンダントって芸術品ですね。

実際にお洋服にはコーデしにくかったりするお品も多いですが、置いて見ているだけで可愛らしいアイテムです。

いちご、さくらんぼ、パイナップル、りんご、そして葡萄。

今回は、葡萄にあたるデザインかなと思われる、房のペンダントトップのご紹介です。

1つ1つの房が丁寧にK18YG台に固められています。

和風な雰囲気のあるマルチカラーの房ペンダントトップ

K18YG台のマルチカラーの房ペンダントトップ:ストーンは翡翠やメノウの和風な石の種類が使われている葡萄デザイン。<サイズ>バチカンを含まずに、縦2.8cmx横2cm程。

こちらのお品は大変ピンと来ました。

房の1粒ずつのまあるい卵型がかわいいこと、マルチカラーの翡翠やメノウにストーンの分野を限定してを使っていること、台を1房ずつ設置していることなどがとても良いです。

メノウや翡翠は雰囲気というだけでなく、実際の産地とか産出の歴史からも日本の天然石と呼ばれている程、和風な2種の石。

このペンダントトップを見ていると、日本人の手によるお品なのかな、、、と推測します。

あとがき

マルチカラーアイテムは、お洋服に合わせやすいです。

黒から、原色、パステルカラーまで季節も問わず、流行にも左右されず安定にお使いいただけそうです。

フルーツなどのモチーフのクセがあることでコーデしにくい点をマルチカラーの色の展開がコーデしやすくしてくれているようです。

葡萄デザインも葡萄そのままリアルなものでなくて、抽象的な感じに仕立ててある房の部分が抜群です(^-^)。

メノウとオニキスの見分け、鉱物名は二酸化ケイ素が結晶化した石英(クォーツ)で共通、メノウのうねった縞模様の中で模様が並行なものがオニキス【303】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

このたび、とてもシンプルでかえって惹き付けられたタイトルの、「ジュエリーの基本ブック:宮坂敦子 著」を拝読。

この地球には想像を超える程の天然石の種類がありますが、有名なストーン同士の類似ストーンに着目したいと思います。

そして、自主製作ネックレスに取り入れた過去のエピソードなども交えながらそれぞれの天然の美しさを味わっていただきたいと思います。

鉱物名からさらに枝分かれしてストーンの名前が決まる

こんな風に一緒に組み合わされることの多いルビーとサファイアは同じ鉱物名「コランダム」である。

ルビーとサファイアが共に4大宝石の仲間入りをしていて、元は共通の「コランダム」という鉱物名であることは有名ですし、何度も過去のブログ記事でもこのことを綴ってまいりました。

このたびは、パワーストーンや半貴石などと呼ばれるストーンもそれぞれの美しさがあり、同じように鉱物から枝分かれしたものであるという1つの例としまして、メノウとオニキスについて書きたいと思います。

メノウは瑪瑙という漢字で表記されることや、アゲートとかアゲードと表記されることもあります。

この2つは、曲線の縞模様を持つのがアゲート、その中で直線の縞模様を持つのがオニキスというように別物として扱われるとのことです。

しかし、実物を見ることは、大きな置物のストーンを見なければ分かりにくいことで、ネックレスなどになってしまうと見分けは難しいです。

オニキスのネックレス:自作しました。大玉の12mmの64面カット。留め具をK18YGにて。
瑪瑙のリング:うっすらと縞模様が見えますが、曲線の一部分であることがなかなか分かりにくいものです。

それでは、ダイヤモンドの鉱物名は?

ダイヤモンドは、鉱物名も唯一「ダイヤモンド」であるということ。

ここからも特殊な感じがしますね。

地球のずっと奥の方(底)というのは、温度がとても高くて、圧力もすごいもの。

そのマントルというものの中で生まれて、マグマとなって地上へ割れ目から吹き出し、固まることで出来上がるものです。

地震や噴火ともかかわりがあると思います。

地表に鉱物として出ている宝石はほんの一部に過ぎず、地中の奥深くには、ダイヤモンドとか、ペリドットも無数に存在しているようでとても驚くシミュレーション映像をYouTubeで拝聴。

やはり天然石は地球の活動の証ということになります。

メノウかもしれない実家にあったストーン。

あとがき

確かにオニキスやメノウは入手もしやすく希少価値が重視される宝石界隈ではパワーストーンとか半貴石扱いです。

それでも、同じように地金の台に宝石になると何ら他の4大宝石とも平等ではないかと私は思うのですが。。

どうしても透明に研磨されたエレガントなものがジュエリーという扱いであることが現実の用です。

それでも、自身の目で見て美しいと思うものが必ず四大宝石であるわけでもないのです。

フラットな目で5,000種以上も存在していると言われる天然石を見たいものです。

どうしても商業用の「観念」として限られた有名ストーンだけが称えられることも多いですが、あまりとらわれないようにしています。

オレンジジュエリーの1品琥珀のネックレスに色を合わせていく組み合わせの仕方【429】

〇ネックレス:同素材の天然琥珀のねじり留め具含む長さ65cm。そのままかぶって着用可。珠のサイズは、8-10mm。先端の1粒だけ15mm辺りの大きいもの。珠のデザインは32面カットあたり。珠の1つ1つがややいびつなところも魅力。とても軽いのが特徴。
〇ブレスレット:エルメスのバングル。ベースがゴールドで宮殿のバルコニー風な柄に、オレンジ色使いで楽器が連なるエタニティ柄。内周19cm。
〇リング: 天然石の瑪瑙(メノウ)/アゲードのオレンジxグリーンのマーブルが大変美しいくり抜きリング。13号程度。