生地に流行はあるのか、ここ数年浮上のモアレという生地について【666】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ブームとか流行などといったキーワードがファッションではこれまで主軸であったような気がします。

それがここ現在に至っては、アパレルの流行中心のあまりに短か過ぎるサイクルが崩れつつあり、私などは流行は無くても良いのではないかというような考えにまで至っております。

その材料である生地にも流行というものがあるのでしょうか。

モアレというここ数年急浮上であるとうかがえる生地について

洋服の流行に附随して生地が当然その材料としては同じような動きをしてきたことは多少あります。

けれど、生地だらけの材料の場にいるとあまりその辺りが敏感ではないです。

やはり好みの生地を流行に左右されずチョイスできたりするのはお洋服を選ぶよりももっと範囲が広いものになります。

ここ数年生地屋さんの店頭とか、ネット写真等で結構頭1つ突き出していると思う生地が、「モアレ」。

何かエレガントな名前と、見た目の木目調とも、ウエーブとも言える柄が素敵な生地です。

今回は、この生地についてその作りや、加工について一歩踏み込んだ内容となります。

モアレは、ここ数年急浮上したので新しい生地なのか。。。と思いきや、いやいや昔からある定番ともいえる生地なんです。

私が手持ちでよくお世話になっている、

「洋服地の事典 -サンプル生地つき- :田中道一 著」

という本があります。学校の教科書のような、資料のような、実際に生地サンプルが丁寧に貼ってあるところが驚きの本です。

昭和56年発行の今から40年程も前の昭和の真っただ中の本。

けれどその内容は驚くほど定番です。

基本的な今でもずっと健在の生地達がぎっしりとリストアップされています。

もし、生地を1から学びたい時にもとても基本的で役に立つ本かと思っておりまして、時々、開いて目を通すこともしています。

以前にヤフオクで、同じシリーズの「裏地と芯地」という本と同時期にいただいた本ですが、図書館でレンタルの読書ライフの中では、珍しい手持ちの本となります。

この昭和の本の中にも、ちゃんと「モアレ」が載っていたんです。「加工生地」というコーナーです。

少なくともこのころには生み出されていた生地であるわけです。

モアレのあの木目調のうねりは、もともと畝(うね)のあるピケのような生地をベースに後加工してできる柄になります。

生地はニットでなく織物がベースで行われます。

加工用のローラーには、横に走った線が彫刻してあり、加熱したローラーに畝の入った織物生地を通すことで、その線の段差による柄ができる、それがモアレだということです。

もともとモアレというのはフランス語のようですね。

「ローラー」とか「段差」というのがこの加工のポイントですね。

実際に出来ていく様子を見れていないのでイメージが湧きにくいですが、私は以前あれが、もともと織柄(ジャカード)だと思っていたので、そうではなくて、後加工の柄だったのです。

後加工の種類には、他にプリーツとかフクレなどが思い浮かびますが、またこのモアレもそれらとは違った種類の後加工です。

モアレ織というよりは、モアレ加工という言い方が、実際の作業に相応しい呼び方になりそうですね。

流行っているような生地をハンドメイドバッグにあえて使わない方針

へそ曲がりな私は、少し流行っているような感じがするとそれには手を付けないという動きをしてしまいます。

ハンドメイドバッグにはモアレは一度もお作りしていないですが、モアレという名前ではなかったけど、これがそうかなと思う生地が1点のみ発見されました。

裏地に使おうとドットジャガードが気に入って、これにモアレ加工もしてあったという生地が見つかりました。

ドットジャカードとのコンビなので複雑ですが、この木目柄はモアレだと思います。生地ネーミングは、ジャカードテーブルクロス、綿/57%、ポリエステル/43%、日本製です。モアレという言葉は使われおらず、ドットジャカードが主流みたいに名前が付けられていますね。

こちらの生地も、ここ最近のはぎれシリーズのメモホルダーでご紹介しましたが(【655】の記事)、バッグの裏地に使おうとして、結局使いませんでした。

生地がごわついていて、なかなか表地のニットとマッチしなかったからです。

そう、このモアレは全体的に厚みのあるごわごわした素材感であることが多いです。

よって、カーテンとか、クッションカバー、バッグなど生地が丈夫な方が良いアイテムには向きとくことになりそう。

あとがき

このモアレという生地がなぜここ数年急浮上なのかきっかけがよく分かっていません。

けれど間違いなく、これまでよりも風格を表している生地のように見える1素材でしたのでこの度ご紹介致しました。

私が好むフクレ加工などはまだまだマイナーな存在なのですねえ。

今後の生地の発展の中で、後加工技術というのはもっといろいろ出てくるであろうと何かの本で読んだことがあります。

けれども、アパレルのニーズが少ないとこういった生地もなかなか出番がないものです。

モアレも昔からあったことはあった生地でしたので、まだ多くの人に知られていないトラディショナルな素敵な生地も多くあるのだと思います。

生地が好きで多く実際に取り扱うことも多い私ができることというのは、そういった昔からあるのだけれど、まだ多くの人には知られていなかったり、世代が大きく変わって、おばあちゃんはよく知っているけど、孫は初見だったりするそんな魅力的な生地をお伝えすることですね。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグのバニティ型の取っ手の取り付けの舞台裏【376】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

この記事を書いている週は、ハンドメイドバッグのバニティ型の製作に集中して、ある1点の商品の質を高めていく期間と決めました。

裁断は6点程完了。

バニティ型は、名前が、「卵焼き」です。

バニティ型というのは、ファスナーが側面を向いているので、やや開閉がしにくいデザインなんです。

よって、リュックとか、急いでいる場面で使うようなシーンにはあまり向かないかと判断。

ショルダーを付けない、ハンドバッグのみの、台やテーブルに置いて開閉するシーンが多いような場面で使うようなものにと思っています。

今回使用の人気生地ご紹介

人気ということの判断は、私がネットで同じ生地で作られたハンドメイドのポーチやバッグを2度お見かけしたからです。

ここまで同じ生地を見かけたことは初めてです。

レアではないとも言えるのですが、同じ生地をチョイスされている作り手さんと重なる部分があったようで逆に嬉しく思っています(^.^)。

右:<表地>インテリアジャカード、綿/100%、スペイン製。・・・いわゆるゴブラン織です。生地の入手は2019年。一度巾着バッグを作った残りなんです。この華やかさ、元気な色味というのが魅力。
左:<裏地>バーズアイカラミストレッチ、ポリエステル/70%、綿/30%、日本製。・・・こちら紺色です。そこそこ厚みもあり良い生地です。その名の通り、鳥の目のようなぶつぶつが特徴。

取っ手取り付けの裏側お見せします

今回は、商品の質をアップするために、1つ1つのパーツの付ける場所、形、サイズなどよく考えたものにして今までの何となくの部分を徹底していきます。

てっぺんの楕円パーツ:まず、表地には、当然接着芯の薄芯を貼っています。今回は、生地が極厚なのでハード薄芯の方は省略。普通の厚み以下の場合は、基本的にハード薄芯も貼ります。
ハード厚芯:縫い代の邪魔にならないように内側に収まるような小さい面積でカット。この理由は、ハード厚芯はかなり厚みがあるので(1mm程度)、フルに入れ込んでしまうと、せっかくのカーブのラインが緩やかにならず崩れます。よって縫い代よりも内側に設置するという工夫のための2まわりほど表地より小さい面積ということになりました。
ボンド:ハード厚芯に「裁ほう上手Ⓡ」を塗り付けます。いずれボンドの接着効果はなくなってもかまわない今だけの接着なので、すき間だらけです。ボンドの部分に縫い針が貫通すると針の穴にボンドが入り込み、糸が通しにくくなってしまうので、気を付けねば(^_^;)。
このように表地パーツにハード厚芯を貼ります。
6角形パーツの取り付け:取っ手を6角形パーツへ隠しこみ縫い付けます。事前取っ手のみで縫い付けてあるところへ付け根パーツの6角形をかぶせます。
裏側の様子:上述のステッチがこのように表れます。今後の課題として、少しハード厚芯が面積が狭すぎるかも。横を1cmくらい長くすると6角形パーツが確実に縫い付けられます。
出来上がりの状態の取っ手部分:少し取っ手が長すぎるのと間が狭すぎるかも。ここももう少し考えていかねばなりません。

あとがき

今回は、ここまでです。出来上がりのイメージが現れてきました。

どうしようもなかったのが、側面の長いパーツが足りなくてハギになったことです。

無地だと問題ない場合が多いですが、柄は、ハギ部分で柄がぷっつりと途切れるので、真ん中部分なのにアクセントの花柄がしっかり目に映らないというものです。

ここへブランドネームを縫い付けてしまうという方法もあったかもしれませんが、現在は内側に徹底していますので、やはり、残りの生地で行ったことが裏目に。。

本来は型紙パーツはつながったものなので臨時のハギだったのです(^_^;)。

youtube動画を貼りますね。

次回は完成しそうです。

この後も完成間近ではあったのですが、ネックの取り付け場面をゆっくりと作業したいと思いまして、次回へ持ち越しました。

では、続きの記事で「卵焼き」の完成をお楽しみにどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

布バッグ製作者が選ぶ、作り手都合の縫いやすい生地VS少々縫いにくい夢いっぱいの美しい生地【33】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、私が今後バッグにしていく予定の生地をご紹介いたします。

生地のご紹介

では、写真でご紹介していきますね。まずは、表地に使用予定の生地から。

表地用

ゴブラン織り:綿/100%、トルコ製

こちらは、絨毯(じゅうたん)の国トルコ製

の生地との。魚のうろこのような目を引く柄です。

マルチカラーが大変美しいですし、中間色の組み合わせが優しくてエレガントですね。

ゴブラン織り:ポリエステル/55%、綿/45%、スペイン製

こちらは、花柄がぎっしりの鮮やかなマルチカラー。スペイン製です。

スペイン製のインテリア素材もお洒落なものが見つかります。

柄がエキゾチックです。

ゴブラン織りの典型的なバラ柄は、私も大好きで、クッション作ったりいろいろしてきましたが、最近は中国製がほとんどです。

とてもしっかりとした作りの良い薔薇柄ですが、あまりにも多くの薔薇柄に満腹感がありまして、上の2つの柄は、そういった中で、新しい柄だと感じたのです。

ジャガード:ポリエステル/100%、イタリア製

ラメがかった雰囲気がゴージャスです。

全体に糸がラメ糸を多く使って作られているのが縁の切り端で分かります。

着物にも合うようなバッグができそうな感じがしました。

ジャガード:綿/100%、日本製

薄いデニムのような素材のこちら。

おそらく、私が思うに、この記事アップの現在、2019年に流行したというような生地だとも言えるかと思います。

なぜ、そう思うかといいますと、ネットでこの生地の色違いを見たのです。

私が調達している生地と同じものをネットの写真で見かけることがほんのたまにありますが、上記の色違いを見かけたんです。

これはブルー系ですが、ブラック系で同じ柄で巾着バッグを作ってありましたね。

ジャガード:綿/55%、ナイロン/45%、イタリア製

こんな色目も爽やかです。

黄色とエメラルドグリーンのコントラストが非常に美しい大花柄です。

ジャガード:ビスコース/70%、ポリエステル/30%、イタリア製

こちらは、シンプルな色使いの黒xゴールドの薔薇柄です。

ゴールドの部分が黒と50%ずつです。

アクセサリーで華やかにするのに加えて、このゴールドの部分がアクセントになりそう。

風通ジャガード:ポリエステル/75%、絹/22%、ナイロン/11%(全体で100にならないため、生地屋さんの記載間違いだと思われますが比率はこのような7:2:1くらいのものだと思います)、イタリア製

このブルーと黄色の色目を見て、ゴッホの夜のカフェテラスを思い浮かべてしまいました。

そして、天然石のラピスラズリも。ラピスの石の中に混じるゴールドの点々、あれは、鉱石のパイライトという天然石。

その昔鉱山の発掘業者がよく金と間違えたことがエピソードとしてあるみたいです。

ちりめんジャガード:ポリエステル/100%、日本製

いつも生地はお店で実際にじっくり見て買うのですが、ヤフオクで買ったちりめん生地。

グレー地に薔薇柄が2色展開され、ワイン色は特にグレー地に映えます。

プリント:ポリエステル/100%、日本製

ワンピースになるような生地。ボタニカルなデイジーの花々がとてもエレガントです。

スエードプリント:ポリエステル/100%、日本製

スエードという呼び名が付けてありますが、あくまで、ネーミング。実際は、スエード風ということです。

私が思うに、元来の生地の織り方は、ピーチではないかと思います。

桃の皮のような少しけば立った表面がそんな気がします。

つむぎシルクプリント:絹/100%、日本製(YOUTUBE動画の中でイタリア製と言ってしまいました<m(__)m>。実際は日本製が正しいです<m(__)m>。)

こちらも落ち着いた色ではあるのですけれど、大変美しいです。小花柄がたくさんある中で、こういう色使いは粋です。

地が黒という思い切ったもので、それほど目立ちはしないような柄が見事に浮き彫りになっています。

サッカープリント:綿/100%、日本製

なじみ深い典型的な昔からある薔薇柄。夏ならではの素材とも言われているサッカー。

あのスポーツのサッカーとは全く別物です。

スポーツのサッカーは、SOCCERだと思うのですが、正式なサッカーの英語は、football。

話がそれましたが、生地のサッカー。

これは、日本語だとしじら織という織り方のSUCKERだとのことです。

生地の構造が縦の糸の収縮率の違いで同時に織り込まれ、柄ができるようなイメージでよいかと思います。

ぽこぽこと膨らんで凹凸ができることから、夏のパジャマが、肌に当たる部分が凹凸にな

ることで、全部べったりと肌に触れないという機能から、涼しい素材なんだとされています。

私は、季節感なく、このサッカーも使いたいというこで、黒地を選びました。

黒地にモカ茶色の薔薇柄がシックです。

バティック:綿/100%、タイ製かインドネシア製あたり(すみませんデータがしっかりしておらず不明となってしまいました)

こちらは、バティックという名前の生地。

覚えにくい名前ですね。

インドネシアなどの東南アジアでさかんなろうけつ染めの手法で作られたプリントです。

ろうを縁取り、染色液を塗りつけます。

東南アジアならではのように見えますが、日本でも作っているところはあるようです。

エスパンディーニットプリント:ポリエステル/100%、日本製

地がニットであることが特徴です。

リバーティーの柄のような小花柄ですけど、それとも異なる雰囲気です。

思い切った鮮やかな色使いが華やかで綺麗です。

パイルニット:綿/100%、日本製

まるでタオルですね。タオルも綿/100%ですので、タオル地なんて呼んでもよさそうです。

この色なにかを思い浮かべませんか。

そう、迷彩柄の色目のようなんです。

ミックスカラーが非常に綺麗ですが、まるで迷彩柄を思わせぶりな感じがとても魅力です。

これで、表地は終了です。

次に裏地に行きます。

裏地用

合繊無地:ポリエステル/100%、日本製

キャメルベージュ色で、綾の織柄が美しいのが特徴です。名前に無地とついているので、この綾柄は、織り目であり、柄ではないということでしょう。

フィーユ-インテリアジャガード:ポリエステル/100%、日本製

こちらは、一目ぼれというような感じの生地です。葉っぱがほとんどのジャガード。

木の実は少しありますが、花が描かれていなくて、草木にスポットを当てられています。

クリスティーヌ:ポリエステル/60%、メタル/40%、日本製

ちょっと驚きですね。ゴールド色の生地ってあるんです。

衣装用として作られた生地のようですが、混率のメタルって??と思いますよね。

別名ラメだということですが、上に粉をまぶしているわけではなく、メタル糸という糸を使って織り込まれているのだと思います。

ポリエステルは、ポリエステル糸で織られたものをそう呼ぶように、メタルもメタル糸で織られたものをそう呼んでいると思ってよいかと思います。

ジャガード:ポリエステル/100%、日本製・・・余りの使い勝手の良さと色の展開が豊富なことでこんなに幾種類も調達しています

この柄の名前を私としては、まだら柄と名付けましたが、ちり柄、くず柄なんていうのもこの柄を表す言い方かもしれません。

生地屋さんは、ジャガードと最低限しか表記されないようですね。

ジャガードプリント:ポリエステル/100%、日本製

こちらも、この裏地のコーナーで一番最初と同じように花が描かれていないです。

草のみの美しさもあるなあと思います。

グリーンとオレンジが交わった部分が非常に美しいものになっていますね。

プリントとジャガードとのコンビなのですが、どこがジャガードかというと、写真にわずかに写る、水玉模様のような部分です。

フクレジャガード:綿/97%、ポリウレタン/3%

よくよく考えたら、裏地の定番って黒です。

黒のものが圧倒的に多いと思うんです。

ところが、私自身が黒ののっぺりとした素材があまりに魅力的と思わないので、このように凹凸が表現されたものを選びました。

ただのまっさらな黒に比べて、フクレ加工がされているこちらは、黒を素敵に見せているかと考えます。

さらに続いて、黒です。

塩縮プリント:綿/100%、日本製

塩縮加工というのは、糸の繊維に部分的に凹凸ある、しぼを出すように液体に浸して加工する方法の名前が塩縮とよばれる加工のよう。

ボーダー柄のような配置になったところが、ボーダー柄の表地にマッチしそうだと思った私です。

こちらも無地のまっさらな黒よりも楽しいのではなかろうかと考えます。

はい、これで、裏地のご紹介を終わります。

生地の原産国により違いはあるのか

今回ご紹介した生地の原産国は、イタリア製と日本製が大半です。

たまに、同じヨーロッパ付近のスペインフランストルコがあります。

中国製とか韓国製もぱっと見は素敵な柄は多いです。

ただ、織り方が粗めな感じがすることが多いです。台湾もそうです。

ということで、韓国製や中国製を選択していません現在となっています。

その一方で、日本製は、やはり織り方が緻密です。しっかりとした作りであると思います。

とはいえ、中国製もかなり独特な素敵な柄があったのが記憶に焼き付いていますのでちゃんとした緻密な作りの生地ならよいかあとも思いますが。。

あとがき

では、今回は、私がバッグにしている生地をご紹介しました。

縫いやすさを追及するとなると、やはり綿だと思います。

ただ、綿は、空気に長いこと触れていくと、焼けることがあるかと思うのです。

Tシャツなどが焼けているのをご覧になったことがありますよね。

なので、そういう影響の少なめの素材となると綿/100%というのは、よほどの柄だった場合のみですね。

では、今回もYOUTUBE動画がございます。

よろしければ、ご視聴どうぞ。

では、私がチョイスした生地でお作りしましたバッグをどうぞ、ご覧くださいませ。

ありがとうございました。

こちら