プロフィール

ようこそ(^-^)。ご訪問ありがとうございます。

私は、個人事業主のpicturesque(ピクチャレスク)と申します。

このあだ名というかハンドルネームがブランド名であり、屋号です。ハンドメイドバッグ販売とレンタルジュエリー事業をしております。

当ホームページの内容のご説明

すべて、私自身がエックスサーバーさんをベースに、ワードプレスさんというブログソフトウェアのコンビで作らせていただいた自作のホームページでございます。

まったく、WEB技術に疎く、WEB音痴。それでも自分のHPを作りたいからと、どうしてもやらねばならない状況になった時、とにかく必要最低限のことだけを調べながらの作業をしてお作りしました。

新規でホームページをご検討なさっている方、当時よりもワードプレスさんのリニューアルが進みもっと使いやすくなっていますので、間違いやすい方向を回避してくれることも増えているかと思いますのでいかがでしょうか。

両脇や空間がやけにスッキリしているのは、私はアフィリエイト事業をしている者ではないということです。

アフィリエイトもやはりそこに労力を費やして頑張らねばなりませんから、立派な本業だと考えています。

では、スマホでは一番上、パソコンでは一番左のメニューから内容をご説明しますね。

連絡掲示板

ここは、私のホームページを見つけてくださった人が最初に目にするお部屋となっています。

最新情報とか、現在のホットな情報などを更新してここへ私がお知らせします。

連絡掲示板はこちら

プロフィール

今ご覧いただいているこのお部屋です。

ちょくちょくリニューアルすることもあります。
たまに覗いてみてくださいませ(^-^)。

レンタルジュエリー:商品一覧

2020年からスタートしましたレンタルジュエリー。本物の貴金属の18金とか、本真珠、その他シャネルなどのブランドジュエリーも混合の3アイテム以上の間で複数で1セットになったセットレンタルです。

2週間お好きなセットが¥5,500(税込・送料無料)でレンタルいただけます。

K18YG、K18WG、PT900/850の地金と天然石から成る宝石と呼ばれるファインジュエリーなるお品、一方で、ハイブランドの作りの良い遊び心を持って身に着けられるコスチュームジュエリーをくっきり分けて、それぞれの良さを最大限に活かそうと考えたセット組の数々です。

私が自分で身に着けるのではない、すべてお客様が楽しんでいただくためのジュエリーですので、思う存分楽しんでくださいね(^-^)。

レンタルジュエリー:商品一覧

レンタルジュエリー:ご注文フォーム

一応設置していますが、ここへ入らなくても、上の商品一覧の中の個々のお部屋にもすべてボタンが設置されていますのでご心配無用。

ご注文ホームにも質問する項目が設けてありますので、レンタルを決心されてからでもご質問可能。

レンタルジュエリー:ご注文フォームはこちら。

関連リンク一覧(SNS・商品販売)

このホームページを起点にボタンを押せば、YOUTUBE、インスタグラム、などのSNS関係やヤフオクやcreemaなどの商品販売サイトへお立ち寄りいただけます。

関連リンク一覧(SNS・商品販売)はこちら。

ハンドメイドバッグ:商品一覧

ここでは、現在販売中(在庫がある)の商品の写真とお値段のみ写真でお知らせして、詳しくは、実際の販売サイトへ飛んでいただけるURLが設置されています。

もし、気になる商品がこの写真の中で見つかったら、是非、販売サイトURLをタップしてお立ち寄りどうぞ。

お値段は、¥2,200 ¥3,300 ¥6,600 ¥9,900 の4つの価格帯です。

ハンドメイドバッグ:商品一覧はこちら。

ハンドメイドバッグ商品アーカイブ

ここでは、ざっと過去に製作したハンドメイド商品を見ていただく場所です。

購入されてなくなってしまったお品もここではご覧になることができますので、とにかく作ったものがすべてアップされていると思っていただければと思います。

ハンドメイド商品アーカイブはこちら。

関連リンク一覧(SNS・商品販売)

このホームページを起点にボタンを押せば、YOUTUBE、インスタグラム、などのSNS関係やヤフオクやcreemaなどの商品販売サイトへお立ち寄りいただけます。

関連リンク一覧(SNS・商品販売)はこちら。

ブログ(10種)

ブログの内容を1/10-10/10までのカテゴリーでしっかり分けております。

お気に入りの分野の記事にご興味を持っていただけるよう1:材料、2:製作、3:はぎれ、4:HMB教室、5:事業、6:読書、7:食・健康、8:リフォーム、9:コーデ、10:ジュエリーの10種です。

ブログ(10種)はこちら。

最近の投稿

全10種のブログが混合でランダムに投稿順にずーっと縦に並んでいるとお考え下さいませ。

タップ後すぐに出てくる記事、つまり一番上にあるものが最新の記事ということになります。記事アップの日付も出ています。

最近の投稿分を連続して次々にご覧になりたい場合はこちらが便利です。

その都度タップして部屋を開け閉めせずとも、スクロールだけで次々に読んでいただけます。

最近の投稿はこちら。

お問合わせ及びご相談

こちらは、何か私picturesque(ピクチャレスク)にお問い合わせいただいたり、オファーが何かございましたら、ご連絡をご希望されるときにお使いくださいませ。

例えば、商品ご購入も販売サイトではご意向でない場合に、銀行振込でのお取引もこちらからのアクセスで私の方は可能でございます。

クレジットカードなどはまだまだ未導入です(<m(__)m>)ので、口座同士の振込ということにはなってしまいますが、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行が開通しております。

その他、分からないことなどのご質問等、お気軽にこちらへどうぞ(^-^)。

お問合せ及びご相談はこちら。

プライバシーポリシー

ワードプレスさんからのひな型のコピペなのでどうしても硬い表現です<m(__)m>。

簡単には、安心してこのサイト内を見学していただけますということをまず述べています。

そして、何かメッセージいただいた時のメールアドレスなどの個人情報は良からぬことに利用するなどのことは決して行わない約束の旨が書かれております。

プライバシーポリシーはこちら

読んでみて!、ピクチャレスクの仕事ストーリー

学生時代に文学部というところでイギリス文学とかアメリカ文学を学ぶことが中心の学科で英文を勉強した履歴を見て採用していただき、社会人スタートから7年程、アパレル業界の貿易事務の仕事をさせていただきました。

貿易事務というのは少々聞きなれない業務かもしれませんが、輸入業、輸出業をしている会社ならこれまでは、間違いなく存在する仕事でした。

今後は、AIが事務仕事の多くを担えば、事務専用の仕事としては消滅する可能性があり、それぞれの営業担当者さんがボタン1つで直接事務もするようなイメージが私の中にはあります。

けれども、その実務の形態を根っこの部分から学ぶことができて知っているというのはただただ整備された中で業務をこなすよりも深いと考えれば、これまで専門的に従事してきたことも決して無駄ではないと思います(^-^)。

遡れば、10代後半から入社前のアルバイトも、ファッション関係が多かった洋服好きです。スーパーの紳士服売り場、メンズショップのラフォックス、ジーンズショップのマックハウスと。

メンズが大半だったのは、偶然、たまたま募集していたお店がメンズショップだったご縁が連なった偶然。

就職時の勤め先もアパレル業界にこだわりました。

服、アクセサリー、バッグなどのファッション分野が10代の頃からとても好きであったからです。

ファッション関係というのは、唯一夢中になれるエネルギーを注ぎこめるような分野だったんです。

貿易事務の仕事は、一般的には、INVOICE作成、パキングリスト作成、L/C開設、L/G発行依頼などですが、最初に勤めた会社が生地卸商だったんです。

その生地屋の片隅に、貿易をしている製品製造の部署があって、カリスマ上司のもとでたくさんの生地達に囲まれながら、そして生地がとても好きな人達に囲まれながら仕事をするという環境でした。

洋服の製品を海外で生産してもらうための納期管理、材料配分、出荷など日々忙しかった記憶です。

現在のハンドメイドバッグ作りで、素材を大切にしていて生地などの材料についても多くのお話をさせていただいているのは、この最初に勤めた会社の影響です。

2002年に会社が倒産し、すぐに派遣社員を別の業界である工業系の材料を扱う商社でお世話になり始めました。

が、しかし、仕事が恐ろしいぐらいに全く分からず3か月のみで退職(;’∀’)。

その翌年2003年に再びアパレル業界へ正社員で勤務。

職種は、今度は貿易事務ではなく、未経験の経理事務に就かせていただきました。

経理を学んでおきたいという気持ちが最初に勤めた会社に勤務するころからありました。

経験不足で不採用の中、勤めながら学んでいけばよいと経理未経験で採用してくださった有難い出会いがあり、その洋服の輸入業の会社で15年近く経理事務としてお世話になりました<m(__)m>。

勤めて数年の時に、独学で簿記2級を取得。簿記の勉強は、まだ仕事が少ない勤続年数が浅い時に帰宅後の時間を使い、毎日2時間ほどずつ勉強し、2度不合格の、3度目で晴れて合格という形でした(;’∀’)。

経理の仕事はというのは、簿記の技術を使います。

以前勤めた会社の営業事務とか貿易事務の仕事との違いは、1+1=2の世界だということ。

こちらもこちらで、数字がぴたりと合うことが仕事の結びになるという点で良いものです。

この経理事務の仕事は現在個人事業主になっての日々の計上や確定申告で非常に役立っています。

ただ、会計というのは、あくまで事業活動の記録のみ。ここからは、利益を生み出すことはありません。

よって、ここに時間を費やすのは意味がないです。効率化とか短縮というのは、必須の課題になります。

つまり、経理作業は短い時間でスムーズに終えて、大半の時間を事業の方にそそぐことです。

ブログの「事業」カテゴリーの中で経理事務の内容の記事もアップしていっていますので、アウトプットをして、同じ事業主様や、新規事業主様のお力になれればと思います。

その経理事務の仕事の帰宅後や休日を使って、2009年あたりからハンドメイドバッグ製作を独学し始めました。

最初は1枚仕立てのぺらっぺらのポーチやトートバッグをALL花柄で¥100即決。ヤフオクや楽天オークション(現ラクマ)で販売するところからのスタートでした。

ぺらっぺらながら、ぶら下がり式ポケットをいずれにも付けていました。

通帳サイズのぶら下がり式カードポケット付きのぺたんこポーチ、それにマチを付けたもの、ぶらさがりポケット付きのA4ペタンコトートバッグ、これらを、ポーチx50点、バッグx50点の合計100点程度ガンガン作っていったのが一番最初。

¥100ですから、そりゃあ完売です(^_^;)。同時に複数購入していただくことも多く、大変光栄ではありましたが、あくまで¥100。

印象に残っている有難いコメントは、柄が美しい、結構思ったよりしっかり作ってある、などです。

また、なかな鋭いご指摘としましては、1枚仕立てなのに、立体的なポーチを作っていたことから、もっと分厚くするべきだ、とのご意見。

薄くてふにゃふにゃだなあと分かってはいたものの、芯地を使った製作なんてとても難しく思えてよく分からなかったんです。

その後、とてもゆっくりなペースではありますが、生地に接着芯を貼り風合いを出して、更に加えて本体の中にハードな芯を入れ、立体的なバッグにしていき、少しずつ値段をそれ相応にしていきました。

そして、そこそこな値段である¥3,000あたりのバッグを作って、売るところまでが会社勤めの傍らでのステップでした。

こうして、まだまだ手芸の延長のようなバッグではありましたが、少し難しいブリーフケース型にしたり、パッチワークボーダーにするなどの特徴を加えて、私ならではのバッグテイストを製作に入れ込んでいきました。

この辺りからは、参考に持っていた基本的な手作りバッグの本はもう卒業。

自分ならではの作り方を考えていきました。

ヴィトンの10数万円のビジネスバッグを持つ働く女性からも仕事用の専用バッグをオーダーしていただいたこともあり、大変有難い経験となったこともありました。

しかし、その頃はまだまだ自信がないままのふらふらしたお取引だったと思います。

今思うと申し訳ないような仕立てだったかも。。

大きな転機は、2017年の年末です。経理事務を15年近く務めた会社を退職しました。

いずれ自分で仕事をしていきたい夢は最初に勤める会社の入社以前からは持ってはいましたが、随分年数と時間がかかってしまいました。

思えば、初めてYOUTUBEをスタートしたのが2016年の1月頭からで、退職を決める1年程前から何か気持ちの変化を持ち始めていたから、今まで目を向けていなかったような動画をアップして発信していくなんて新しいことを始めていたのかもしれませんね。

YOUTUBEのスタート時の動画は、画像の悪さと声のあまりの小ささで聞き取れず、現在では消してしまいましたが、90本ほどのジュエリーコーデの動画をアップしていました。

チャンネル名は、「アクセサリーの部屋」というもの。

ひょっとしてわずかに、現在も登録していただいている人の中でその頃から登録していただいている方がみえるのかもしれません。

ジュエリーをかなり凝った形でたくさん集めている中で、自分だけではなく人にもその良さ、素晴らしさを伝えたい、と思い始め、ちゃんと伝わる何かがないかなあと探していたところ、YOUTUBEが盛り上がり始めてきたんです。

勤め先では、仕事は大好きで、毎日やる気で挑んでいましたので、普通で考えたら何も問題ないとも言えます。

けれども2017年が決定的に大きく変化することへ背中を押された年だったと言えます。

本当に必要とされているのかどうかということ、最初浮き気味だったけどだんだんなじんできたなら良さそうなものの、逆にだんだん浮き気味になってきたんです。

退職する時期が来たということだったかと思いますね。

最後3年程は経理のキャリアを持った先輩に短い間で多くの事を惜しみなく教えていただき、技術的にたくさん吸収できたこともあり、もうやめても大丈夫かなということも思えたわけです。

持っている知識や経験を秘蔵せずに、人に伝えていくことができるということは結局は、人間的には優れていると私は考えます。

2017年の末に退職後、あまり間を空けずして、2018年2月からの個人事業主スタートで現在に至ります。

最初はハンドメイドバッグの技術もまだまだで、思うようにサクサク製作もできず、また、ブログなどのアップの時の不具合、やり方などWEBの質問を誰にすればいいかもわからず作業が途中で滞ることも。。

半年後くらいに、一度気が狂いそうになったことも(~_~;)。。。

その時にどうしたかって。。それは、どうしようもなくて、人に話したり、個人事業をしている社長さんみたいな人に相談したりもしました。

そして、大声で「うまくいかなーい」と言いまくる、相手にしてみれば大迷惑です(;’∀’)、

その狂いそうになったあたりをそのまま過ごして、月日が少し経過したころからです、最悪を乗り越えたということなのでしょうか、わずかにどっしりした気持ちが現れて、ハンドメイドバッグのテイストや素材を冷静に変えたりしていきました。

2019年には、いくつかオーダーメイド的な製作のご依頼を友人を通じたり親戚関係を通じたりしていただいて、大変べんきょうになる経験をさせていただいたり、いろんな生地でいろんなデザインを研究しながら作っていく日々を過ごしました。

そして、2020年春に、以前の同僚からの声掛けにより卸売りをさせてもらったり、集めてきたたくさんのジュエリーの活かし方を考え付いて、古物商免許取得とともに、夏にレンタルジュエリーをスタートしたんです。

個人事業主も2021年1月現在では4年目。

ここ最近、ハンドメイドバッグに対して出来を褒めていただいたり、お気に入りやフォローの通知を頻繁にいただくようになりました。

レンタルジュエリーもはまる人にはどんぴしゃはまるようで、とても興味を持って喜んでいただき、ご利用いただく人が増えてきました。

今、とても幸せでありがたい地点に立つことができています。

今後しっかりと実り、花咲くように頑張っていきますね。

もしよろしければ、YOUTUBEをチャンネル登録していただいたり、ブログに訪問していただいたりして、どうぞ応援をよろしくお願いしますね(^-^)。

picturesque(ピクチャレスク):名前-山田絵美 生年月日-1973年3月2日 血液型-O型