古着そのままの販売以外の方法、生地だけを利用の小物作りの準備【1200】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今後、ますます環境に配慮した「サスティナブル」な行動が意識されていくと思います。

私もここ何十年もの間、洋服は古着しか購入していないような状況ですが、古着購入も成功ばかりではありません。

やはりネットなどで見て決めたものが実際に手にした場合のギャップや、古着だと分かっていていったん受け入れたものの、デザインがどうもある時代の流行が強調されて、今そのまま着ることに少し抵抗があるなどが時々あります。

そこで、一度は入手した古着ではあったけれど、今後はこのままで持っていけないかもしれない時の、もう一度の見直しとしまして、その様相を変えていくというご提案です。

確かにミシン技術も要します。

どうぞ、いずれ、ミシン1台お持ちになり、自主リフォームなどの技術を身に着けてみて下さいませ(^-^)。

今回は、生地や素材だけを今後も活かして、別のものに作り変えていくいわゆる「自主リメイク」をします。

私も同時進行で実際に今行っていますホットな情報として裁断の粗裁ちと接着芯貼りをご紹介したいと思います。

リメイク、リフォームは、「元のアパレルメーカー様の著作権の侵害をせぬよう」、あくまでも、「商業利用は不可」ですので、「自分で行う範囲のリメイク」ということでご理解いただければと思います。

そして、私も、並行アップのYOUTUBEが商業利用にあたりますので、「図解のみ」の解説になることをご理解下さいませ<m(__)m>。

オーバーブラウス、枕カバー、古布(着物)から継続の大変美しい柄だけを今後も活かす方法

素敵な柄の古着を大き目パーツで粗裁ち

やはり、洋服も作られたままのデザインで残っていくことが一番良いのですが、実際そうはいかないものです。

そこで、一度購入したものを他の人にそのままの洋服として転売する方法以外の方法として、自身で最後まで責任を持つという内容の方法です。

まず、洋服を四角に近い形で粗裁ちします。

そうして、そこへ、接着芯を貼っておくのです。

今回、私が実際に今回やった作業は、ずっと前に(1年前くらい)洋服を転売しようか廃棄かを迷った際に、粗裁ちして保管あった生地に、接着芯を片っ端か貼って行くということでした。

素敵な絹/100%であるツヤのある素材の良さ、そして、そこにのせられた素敵な花柄を今後も継続していく決心をして保管していたものです。

その続きを、結構間を空けた今、次のステップとして作業したのです。

この後は、型紙に当てはめて、何か小物を作って行くと思います。

もう一度洋服にお仕立てだと、子供服など小さいものになります。しかし、私は洋服作りの技術は持っていないのです。

そんな私ができることは、バッグなどの小物作りです。

そして、接着芯を貼っておく意味としましては、洋服であった「服地」というものが、薄手も多く、ハリコシを出しておくことで、その後の用途の案が浮かびやすいからです。

そして、出来上がった小物が立派になれば、元の洋服も違った形で活かされたということになります。

これを、ただ、洋服をそのままの状態で保管していると、クローゼットで着用の機会がない残念な洋服の様(さま)と何ら変わりません。

そうではなくて、1歩も2歩も再利用の領域として、前へ進めておくということなのです。

洋服ありのままの姿で残ることは理想ですが、元のお品の「破片」でも残っていくことができるとうのは素晴らしいことではないかと。

あとがき

まだこれには、続きが今後あることになります。

しかし、接着芯まで貼ると、この後はかなりスムーズです。

よって、まずは今ここまでですが、この後、何を作るかを考案し、型紙を作って生地を裁断していけば、少しずつ作業の進捗度も高まっていきワクワクしてきます。

洋服を解体した時点で、あまりに細かい作業をし過ぎてしまうと、その後意向が変わった時にまた、違和感を感じてしまうかもしれません(これは過去に実際に私が体験した違和感です)。

よって、このたびの、「粗裁ち」というざっくりとしたあいまいな状態こそが、保管している間の心の移り変わりにも対応しやすいと言えます。

今は、巾着袋が作りたいと思って巾着袋型に早々と裁断してしまうより、巾着袋もいいかな、などとぼかすのが粗裁ちで、いかようにでも後から対応できる状態なのです。

粗裁ちの良さを1つ発見したということになりますね(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください