三つ折りステッチのみの単純な作業でできたインテリア性の高い薔薇柄ジャガードのドイリー【953】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在ハンドメイドバッグ業が転換期。

どんな風に転換しているのかと言いますと、複雑な作りの技術を高めて改良してきた構造のお品のバッグは、その作り方や型紙を著作権フリーで販売する方向へというのが1つ。

今回その2つ目の方向である、インテリアで使う小物として活用してく方向ということで、バッグであったり入れ物であったりはするもののシーンが全く違うことを想定した製作にしていこうというもの。

まずは、自分自身で木製家具のてっぺんに敷くインテリア性の高いドイリーを製作してみました。

自分自身が実際に使うのだから、外出時のバッグよりも更に現実的であるというのが、以前からの方向転換部分のポイントになります。

生地は中厚程度がよい

今回選びました生地がこちら↓。

<使用生地>:朱子織薔薇柄ジャガード、ポリエステル/100%、ドイツ製。・・・この真ん中の折り線でカットして半分を使います。何も余分をカットせずとも綺麗にカットされているのでそのままアイロンで三つ折りします。生地は得に極厚である必要はないですが、やはり中厚程度があった方が良いです。
作業がスムーズなコツ:2組に分けて、縦線の2箇所を一度に、次に横線の2箇所というようにまとめて同じ作業を続けて行っていくような手順です。1か所ずつ続けて4回に分けるよりも効率が良いのです。
完成。アイロンも最後に掛けました。カットしたもう1方の生地は同じ物を違う箇所に作っても良いですし、別のデザインの小物に作るという違うものにする手も。良い生地なので保管してあります。

実際に使用する場面

では、最後に待ちに待った使用の場面です。

インテリアの中の1小物としての位置付けとして見ることができます↓。

こんな見映えになりました。赤い色の薔薇柄が映えます(^-^)。周りのパンダンボックスとの相性も良いです。

今回の短い製作の中でもちゃんと得られた学び

こうした三つ折りをするタイプは、その縁が2つの三つ折りが重なり合計6重仕立てになる部分ができます。

ここがミシンの難関で綺麗にステッチが出ないことが多いのです。

よって、どうしても難関であるこの箇所を綺麗に仕上げるコツとして、金づちでポンポンと軽くたたいて、つぶしてから縫うということでスムーズに張りが運ばれるということがあります。

そして、返し縫いは超最低限のミニマムに1-2針目程度というのが良いです。

たくさん返し縫いをしたところで、こういった静止のアイテムは動きがないので頑丈に作る必要はありません。

むしろ余計な汚い縫い目を出さないように返し縫いを極力ひかえるというのが綺麗にできるのです。

あとがき

今回は、インテリア小物の入り口。

ここへ続いていくのは、インテリアとして使用する入れ物の役割としてバッグ製作を考えています。

また、この<製作>カテでご紹介したいと思います(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください