カジュアル素材のデニムライクな生地を薔薇のアップリケでエレガントテイストなバッグにすることに挑戦【95】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ただいま<デニムシリーズ>でバッグの製作を行っています。

今回は、②です。

前回は、王道なセルビッチデニムといういかにもデニムのイメージそのものの素材でした。

今回は、少し変化を付けていきたいと思います。

デニムライク。○○ライクという言い方は、アパレル用語でよく使われているかと思うんです。

〇〇みたいな。。。〇〇風。。といった中間的要素を持ち備えた言い回し。

一見中途半端のような気もしますが、今回は、この言葉をお借りして、デニムライクな素材をチョイスしました。

綿無地という生地がデニムの仲間の中では、エレガントテイストな不思議

表地:綿無地、綿/100%、日本製。ややグリーンがかかった感じのグレー色です。デニムでいうところのブラックカラーです。縦に入った筋が特徴。とても美しいです。綿タイプは基本的にはカジュアルな印象なのですけれど、デニム部類の仲間で集めた中では、なぜかエレガントに見えます。上品な織り目や筋の雰囲気がそう思わせるのかもしれません。
裏地:ジャカードクロス、ポリエステル/100%、日本製。前回のデニムシリーズ①の時のキャメルベージュの裏地との色違いがこちら。ベリー色です。この赤紫のような濃ピンクの色と、ジャカード柄の美しさ、糸のツヤなどからもエレガントな雰囲気があります。表地のデニムライクなブラックカラーとの色の相性も良しです。バッグの中をのぞくのが楽しいような裏地です(^-^)。

今回の見どころ、薔薇のアップリケ

試行錯誤の結果ですけれど、薔薇の花びらも、薔薇の葉っぱも1枚の台形のパーツだけで行いました。

違う形とか大きさを取り入れてはみたのですが、出来栄えが統一感がなくちぐはぐで、今回のようなシンプルな1パーツのみの結果となりました。

途中の製作過程はYOUTUBE動画で是非(^o^)丿。台形型の1枚をまず、両サイドを縦に折り、上横、そして下両サイド、下横というように、縦、横と交互に順番に折っていく順番がうまくできます。そして、完全に縫い代を中に隠しこんだところでミシンで渦を巻くような同一方向にたたいていきます。1パーツずつきちんと玉止めをして区切りながらのまめな作業となります。花びらの中心には、一番最初に5cmx5cmの正方形を折り込んでたたいています。そこへ重なりながら花びらをたたいていき、角度などを統一にするとこんな薔薇の花らしい形になっていきます。大まかな流れは、まず、中心をとりまくように、4枚、その次に正方形になるみたいにその外側に4枚、そうすると隙間が左右に2か所大きく空くので左右に残りの2枚をたたきつけるという順番でこうなりました。
最後は葉っぱを端が細くなる方に配置して、2パーツで1枚の葉っぱを表現します。

ちなみに、この時の生地の向きは、本来の筋が多く入った表面ではなく、裏面の方を使います。裏面は、色が濃くて筋が少ないことから表面との違いがくっきりしますので、その違いによって凹凸感を出します。

同じ面だとなじみすぎて、薔薇柄がはっきり出ずにぼやけるので、はっきりと柄を出すには裏面を使った方が効果的かと思います。

製作のポイント、楕円底を縫う向きはどちらが良いのかの私の意見

バッグの楕円底の取り付け場面:こちらの底面側から縫った方が結果うまくいったので、私としてはこちらから縫うのを勧めたいです。左下にやり直した跡が見られるかと思うのですが、本体側からだと、このように関係ない部分をつまんで縫ってしまう傾向にありました。

この件は、待ち針を打つ場面など、動画でご紹介しています。

YOUTUBE動画是非どうぞ。

ありがとうございました。

あとがき

今回のデニムライクな生地。

これだけ見ると、カジュアルな素材のように思えますが、デニムの仲間の中では、シックでエレガントなんですね。

どの仲間と一緒に並べるかで雰囲気も変わるものです。

私自身がカジュアルなものよりエレガントなものを好むので、そんな方向に自然と向いてしまいます(^_^;)。

デニムライクな生地で作ったバッグ:<サイズ>縦32cmx横35cmxマチ15cm・・・裏地で作った巾着ひもが効いて再度が中に折り込まれてこういった形になっていますが、広げるとバケツ型の1泊できそうな容量です。使い方によっていろいろなシーンで使えるバッグです。そして、拡張機能として、ショルダーカンを付けてあるので、後々ショルダー使いをしたくなった時に対応しやすいようにしてあります。女性はあまりショルダーをトートバッグで使うことは少ないかと思いますが、長く持つ中ではそれは分かりません。よって、そういう時があったときにショルダーを取り付けやすい状況というのは、やはり元のバッグにショルダーカンとタブだけを付けておくことこそがキモだと思いました(^-^)。

私がお作りしています、バッグ一覧をどうぞ。

こちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください