アイレットカンを邪魔しない取っ手とショルダータブの位置【70】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、ただいま実施中の、<同素材シリーズ>の3つ目、ミニ巾着ショルダーバッグを製作いたしております後編です。

その中で、今回のポイントとなる場面は、やはり、今回初めて取り付ける、取っ手です。

今まで巾着型に取っ手を付けてきませんでした。

80年代に流行の巾着型は取っ手が付いていないものが多かったかと思います。

しかし、流行もらせん状。かつての回顧的な要素+新しさです。そうしたことから、やはり取っ手は取り付けるのが望ましいと思いました。

現在の5型のシリーズ物でも、この巾着型のみ取っ手を付けていませんでしたので、ショルダー+取っ手ということも定番の要素にしていこうということです。

巾着型のサイドは、パーツが混み合う場所

どうしても巾着型は、アイレットカンを12個(前後6個ずつ)取り付けるのが基本型であるということから取っ手にしても、ショルダータブにしてもサイドの影響のないわずかなスペースを考えることになります。

今回、私が、このことから、アイレットカンの穴開けに失敗してしまったのです。

サイドに表地と裏地の間に差し込むように取り付けた取っ手やショルダータブの位置はそれなりに配慮したつもりでしたが、深く差し込みすぎたのですね、アイレットカンがタブの根本をぶち抜いてしまいました。

ぶち抜けたらいいわけではないのです。水平ではないでこぼこしたところにアイレットカンを取り付けるというリスクができてしまいました。

案の定、そこへ仕方なくアイレットカンを取り付けたところ、いつか、ここをきっかけに、力のかかり具合によってアイレットカンが外れる事故が予想されてしまうような取り付け具合になってしまいました。

本来、アイレットカンは水平な環境でしっかり、丈夫に取り付けることができるという定義です。それを水平でない環境を作ってしまったということです。

アイレットカンの失敗箇所はこのタブをぶち抜いた箇所ともう1つ、あからさまに失敗したという場所があります。

そこは、もともとは、タブやショルダーの根本がでこぼこしている不安定な環境が原因ですが、ポンチと金づちで穴開けをしている途中から別の場所にずれて、穴が1.5個分ほどの大きなものに空いてしまいました(*_*)。

これは大変な悲劇でした。もうアイレットカンを取り付けても隠しきることができず、アイレットからはみ出した生地がおぞましくそこにありました。

取っ手の右隣のショルダータブの根本をぶち抜いたアイレットカン:こちらは、一見うまく取り付けることができたようですが、タブの根本も挟んでいるという状況の取り付けです。長い目で見ると外れるリスクが否めませんね。
穴開けの時に不安定によりずれて1.5倍の大きさの穴が開いたのを補修した状況:とても売り物にはなりません(*_*)。中側のルーフに位置が突入しています。
上記を表側から見ると表側でもずれた穴がはみ出して布の切れ端が飛び出してしまいました。このすぐ隣に取っ手とタブがあるので、その影響で不安定でずれたというのが原因です。

改善策

さて、隣にも影響を与えてしまう取っ手とショルダータブの付け方はいかに?。

私が今回改善点として考えたのが、根本を短めにすることです。

タブもあまり上に突き出しすぎても野暮ったいですので、ちょこんと顔を出す程度で良いです。そうすると、型紙の縦の長さが、現在7.5cmなのを5cmに削ることを考えました。そうすれば、2cm根本が上に行くので、アイレットカンに影響を与えないと思います。

また、ショルダーに関しても、長さを少し短くして根本をあまり深く中へ入れ込まぬように1.5cm程度にします。今回は、3cm程度入れ込んでいますので。

完成レビュー

ミニ巾着ショルダーバッグ:今回から、ショルダーを取り外し式に変えました。

一見何でもなく見えますね。しかし、とにかく今回は、アイレットカンの失敗によって販売は不可能となりましたが、これがうまくいったら、なかなかエレガントでコンパクトな上品なものになったと思います。

そして、もう1点。巾着バッグって、よく本革レザーでも作られています。あの強固なレザーは引っ張る動きをするときに折りたたまれるので、かなりの重圧がアイレットカンにかかっていることでしょう。巾着は動きのある開閉をしますので、アイレットカンはとても重要です。

紐を引っ張る時に重圧がかかるので、丈夫に取り付けたいのです。ここが他の形のバッグと少し違う点です。ファスナーじゃないですからね。

では、今回のYOUTUBE動画を貼りますね。よろしければご視聴どうぞ。

あとがき

今回は、失敗してしまいまして、とても残念((+_+))。

アルマ、バニティと調子よく完成してきて、ここでつまずきましたが、残る2型の、ボストンとリュック、頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグ一覧をどうぞ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください