マルチカラーツイード素材でコンパクトだけど機能充実の1泊トートバッグを作った記録【23】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ツイードという素材のイメージってどんな感じでしょう。

秋冬なイメージがあるかもしれません。

しかし、混率の中に毛やアクリルの割合が少ないものであれば、季節は問わないものだと思います。

ツイードの良い所は、柄のようで、無地のような点。

スッキリとしていて適度に華やかなので、感じが良いです。

さて、今回は、個のツイードがマルチカラーになっている生地を表地に、1泊旅行の大きすぎもせず、小さすぎもしないバッグを作成した記録です。

今回使用の表地と裏地

まず、表地です。こんな感じの生地です。

表地:ファンシー(イタリア製)・・・ポリエステル/35%、ビスコース/31%、アクリル/16%、綿/9%、ナイロン/9%。地がチャコールグレーに淡いパステルカラーのピンク、ブルー、黄色、グリーンの糸が織り込まれていてドットのような柄になっています。

混率がポリエステル/35%、ビスコース/31%、アクリル/16%、綿/9%、ナイロン/9%とやや込み入っていますが、わずかな割合のナイロンなんかも、地のチャコールグレーの部分に感じられ、いい感じの張りが出ているかとの印象です。

チャコールグレーと呼びますが、実際糸は黒なのかもしれないです。ただ、目に移ってくるのは、地の素材のツヤなどから、薄めに映るので、ぱっと見たときに真っ黒でなく、濃い目のグレーだという印象なんです。

ワントーン黒より落ちているので、雰囲気がやわらかいです。この混率の中には毛は入っ

ていないので、ツイードといっても季節感はない印象です。

そして、裏地にまいります。

裏地:アムンゼン(日本製)・・・ポリエステル/100%で肉厚です。石のようにブツブツの柄が出ていて、高級感のある素材です。黒ではなく、チャコールグレー色なんです。

今まで私がよく使ってきた生地アムンゼンです。このチャコールグレー色は、黒より優しいので使いやすく、よく裏地に使っています。

製作過程の一部、隠しポケット作りの作業に私独自の工夫を盛り込んだ点

まず、隠しポケットの製作手順をトントンとご紹介しますね。

おおまかな流れとして、番号を付けますね。

①ポケットの入り口になる、ボックス型の穴を作ります。

薄芯を貼った向こう布を表側から見た状態で裏向きに置いて、本体の中側から、線を引いたボックス型にステッチを1周かけ、真ん中をハサミでカットし、端っこ数ミリ分はY時に斜めに切り込みます。

向こう布を裏返しに当てる点がポイントですね。

そうして、向こう布を表側から先ほどのハサミカットの切り口をくるみこむように表側からくるっと裏側へひっくり返します。

その場面はこんな感じです。

向こう布を中側へひっくり返している場面です。

そうして、アイロンできっちりと折り込んで余分すぎる端をカットして整え、ミシンステッチでボックス1周を固定した状態がこちら。

郵便ポストみたいになりました。ここで第一段階は終わります。

ここで記載してはいないのですが、この後に、切り込んだYの字によってできた三角の部分を裏から、ハード薄芯ごと固定するステッチをかけることもあります。

その方が、力がかかるファスナー部分にとって後々、長持ちの丈夫さの秘訣になるかと思います。

②ファスナーにポケットのを取り付けます。この段階でpicturesque流の工夫をしている箇所が出てきます。

巾の狭い方の延長布(左)と、幅の広い方の袋(右)をファスナーの裏側が表のような向きで三つ折りステッチした後残り2本のステッチで取り付けます。(結果3本ステッチが美しくなる)

この写真の左側の数センチの短めのパーツを私は、延長布と呼んでいます。

なぜ、この延長布をわざわざ1パーツとして作っているかです。

もともと、隠しポケットの作り方を学ぶにあたって、YOUTUBE動画などを見させていただいて、その通りに始めてみました。

ただ、とてもやりやすい手間のかからない方法になっていて、手間がかからないだけあって、出来映えが良くない点があったのです。

ファスナーの端っこがポケットの中に手を入れるとぴらぴらとしていて手に引っかかるのですね。

ということで、持っていたプラダのトートバッグの作りを見てみました。

すると、入り口から中をのぞいても、ファスナーの裏側や端っこなどは見えやしません。

これぞ、一流の始末だと思いました。

どうしたら、このプラダのように作れるのかを研究しまして、結果このように延長布を使うということにしました。

多分、分かりにくいかと思います<m(__)m>。

通常の簡単なやり方であれば、ファスナーに袋を取り付ける段階と本体に取り付ける段階を同時に行うようです。

③ファスナーと袋が一体化したこの状態を本体に取り付けます。

左:初めてここでファスナーの表が本当に表を向きます、右:このようにファスナーをのぞかせて、ボックス状にステッチをかけて本体と合体です。

次は裏側でポケットの袋を縦横とも閉じる作業をして完成します。

左:1.5cmの部分に印をつけ、地縫いを2度します 右:塗った後アイロンで割ります
左右とも端から2cm辺りに印を付けて、二度縫いします。これでポケットの袋が完全に閉じられ、完成です。

これで完成となります。

左:完成した隠しポケットの裏側・・・もう、これを最後にここを見ることはないです。閉じられてバッグの内側に入ってしまう部分ですので、貴重な写真ですね。
右:完成した隠しポケットの表側・・・このように通常よく見る隠しポケットの見栄えに出来上がりました

では完成した隠しポケットを外から覗きます。

隠しポケットを覗いた様子:通常は奥の壁が目に入りますので、手前の本来視覚に入りにくい所の位置に、
延長布を袋とつないだ切り替え部分を持ってくるようにしています

延長布は出来上がるとこのような位置に来るのです。

手前側の視覚には本来入りにくい箇所ということです。

じゃあ、切り替え部分をポケットの底部分に持ってこれば切り替えなんて存在しなくなるのでは?という点です。

これをしようとすると、全くの半分ずつの面積ではないということから、微妙に違う2つのパーツができてしまい、紛らわしく、どっちがどっちだか分かりにくいので結局間違えて、中途半端な位置に目に入るようなつなぎ目ができかねません。

それに、ポケットの底の部分は、つながっていて袋本来の様相を保ちたい意向もあります。

また、先にも記載しましたように、1枚仕立てでの作成は、完成してポケットを覗いた時に、ファスナーのサイドの端が見え、ぴらぴらして、ひっかかるような面持ちとなります。

延長布がないと、ファスナーに直接縫い付ける物理的な無理と、縫い代の少なさがパンクのリスク大な点もあります。

ファスナーに直接縫い付けることをせずに、ゆったりと、パンクしたりしないように、縫い代のゆとりをとって安全なポケットにしたいという気持ちからの仕様です(^-^)。

中側もすっきりと始末されている作りは気持ちがいいものです。プラダも今回のように参考になる部分は参考にしています。

かと思えば、ポーチの縫い代の始末がゲジゲジのままされていない商品も過去にはあったりして、しかも5mmも縫い代がない危うい状態で、ロックミシンをかけてリフォームしたことがあります。

こんな感じで、エッ?ということもあるので、優れた部分を参考にしたいですが、良くない部分も、見ないよりは見た方が何かしら有難いことではあります。

改善点について:ファスナーのうねり

後でYOUTUBE動画を貼り付けますが、今回動画で大変有難いコメントをいただきました。

ファスナーのうねりがおしいということなんです。

今までファスナーはたくさん使ってきましたが、特に私の場合フクレジャガードとか、ニットを使ったりなど伸びるタイプの生地が多いです。

なので、ファスナーがうねる原因がまずは生地が伸びるというところにあるかと考えます。

なので、伸び止めテープを考えています。

また、よく研究して、うねり解消を目指して行きたいと思います。

この次の生地が形状記憶生地でもう作ってしまっていますが、わりと大丈夫な感じでした。

その次くらいのバッグ製作からファスナーのうねり解消対策をしてまいります。

私のバッグが良くなる方に改善するヒントをくださった、本当に親切な方だと思います。

同じようにハンドメイドでバッグを作られるということで、こういう部分も見てくださったのですね。

ありがとうございます(^-^)。

完成したバッグ

では、完成した1泊トートバッグを写真10枚でご覧ください。

サイズは、縦25cmx横34/40cmxマチ13cmです。

縦の長さが1泊旅行だと、通常、30cmが一般的なようなので、少し小ぶりだといえます。

では、YOUTUBE動画よろしければ、ご視聴どうぞ。

ありがとうございました。

今回のバッグは、知り合いの人に注文をいただいて、発送も完了していますので、やや幻な商品紹介でしたが、別デザインで、まだ残りの生地がございますので、こちらのイタリアのファンシーツイード生地ご期待くださいね。

ところで、今後は、縦は30cmの商品になるように型紙を変えたんです。30cmx36/42cmx13cm何て感じのサイズになるかと思います。

私がお作りしておりますハンドメイドバッグ商品を一覧でどうぞ。

こちら

picturesque
picturesque

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください