バイク乗り向け、メーカーさんが作るヘルメットバッグとは一味違ったお洒落な柄のハンドメイドヘルメットバッグ【2】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピックチャレスク)です。

今回は、様々な種類のバイカーさんに共通する持ち物、ヘルメットについてです。

私も14-15年ほどバイクに乗ってきたのですが、この記事を書いている数日前に実は、降りました。

今まで実際にバイク乗りだった私は当然ヘルメットも収納してきましたので、その保管とか収納の経験から考えたバッグが、今回のヘルメットバッグの形になっているかと思います。

インテリアも好きな私は、部屋に置いておく状況を考えたものにしています。

お勧めするのはジェットヘルメット

乗っていたバイクは、アメリカンタイプのレブル250ccでした。

別のブログ記事で、写真が載せてあります。

【アメリカンタイプバイカーの街乗り季節別服装コーデ】というタイトルの記事です。

こちらもどうぞ読んでみてくださいね。

それで、そのレブルに乗っていた時に、かぶっていた最後のヘルメットがとてもかぶり心地がよかったので、お勧めしたいんです。

バイカーさんいらっしゃーい、インテリアに素敵に収納できるヘルメットバッグお作りしています
SHOEI:FREEDOM マットブラック L (頭囲 59cm)

前の、ヘルメットがかぶり心地がそれほど良くなかったことが、このSHOEI(ショウエイ)FREEDOMマットブラックを入手して分かったんです。

写真の右下の外の囲い部分の、厚みが、かぶった時に、ふんわりと感じられ、バイクのエンジン音がこもって聞こえるくらいの厚みだということかと思います。

顔周辺のふんわり感は、長時間乗ると余計に威力を感じます。

このふんわり感がとても特徴的なお品だと思いました。

とてもお勧めなので、バイクの種類にもよりますが、私と同じアメリカンあたりなら、バイクとの相性も良いと思いますので、どうぞ、ご参考に。

バイクのヘルメットの収納について

バイクのヘルメットって意外とボリュームがあるものですね。

ヘルメットの中では、小さい方の、私がかぶっていたジェットヘルメットタイプでもそこそこボリュームはあります。

今まで、特に収納方法は気にしていなくて、そのままでは、家の中でごろごろ転がって保管がすっきりしませんでした。

そこで、GUCCIのブランドバッグの巾着袋(バッグ収納用の布のもの)に入れて、さらに、グローブなどと一緒に、やわらかい、パンダンというボックスに入れて保管していたんです。

一応2重保管なのでよかったですが、なんとなくという感じなことと、巾着袋がそれほど丈夫で安定感があるものではなかったですね。

やはり、収納は、何か、専用のヘルメットがちょうど入る柔らかいものがいい。。

そうなんです、ヘルメットバッグです。

この呼び名は、バイカーの中では、専門用語ともいえる、ヘルメットの収納だけのためのバッグがあるのです。

ただ、ヘルメットを入れるバッグといえども、バッグなので、それはそれはいろいろな形がありますね。

ボストン型

トート型

巾着型

と主に3種程大きく分かれるようです。

ただ、どれも、完璧ではないようです。

〇〇社のボストンは、高さがあまりないので大きい、ヘルメットだとファスナーにひっかかってかえってヘルメットを傷つけてしまうかもしれない。

とか、ショルダーが付随していたけれど、変な臭いがして捨てたなんてこともあるようです。

そうそう、ヘルメットの大きさって、サイズのM、L、XLという頭のサイズの違いの差としてはそれほど気にしなくてもいいと思うのですが、ヘルメットの種類によってのそもそもの大きさの方がこれが、かなり違うんです。

ジェットヘルメット・・・これは、ほぼ立方体のバッグに対応するくらいヘルメットの中では、コンパクトな部類です。

フルフェイスヘルメット・・・ジェットヘルメットと比べると、あごの部分をプロテクトするようおおいがあるため、前に飛び出す部分がサイズが大きくなります。

システムヘルメット・・・開けたり、閉めたりができる、システム機能が付いたものでフルフェイスより密閉感が緩和されたおおいだといえるかと思います。

このシステムのぽっこりとなった作りが、場所をとるわけなので、フルフェイスよりも前面に突き出して、ボリュームがあります。

容積が大きいです。

オフロードヘルメット・・・顎部分とおでこ上部分が前に突き出し、前の車体からの泥よけや、首を守るなどの安全性の機能の為に、やや面積がこのでっぱりのせいで大きくなっています。

どんなヘルメットも入るヘルメットバッグを作りたい

ということで、バイクのヘルメットは、大きいものだとかなり容量があることが分かります。

そこで、私は、インテリア収納ということで布製のしかも、インテリアで素敵な存在になれるようなヘルメットバッグを作りたいと思います。

試作をしてみて、一番大きなシステムヘルメットもすっぽり収納できるようなヘルメットバッグを作ってみました。

バイカーさんいらっしゃーい、インテリアに素敵に収納できるヘルメットバッグお作りしています
すべてのヘルメットの種類に対応したヘルメットバッグ

サイズは、本体:タテ29cmxヨコ37/45cmxマチ25/30cmこんな感じです。

ヨコの37cmは、底の部分、ヨコの45cmは、上部。マチの25cmは、入口部分、マチの30cm一番底です。

ヘルメットバッグって、ごつごつとしたバイクのメーカーさんが作られたものは見かけますけど、こういうタイプは、初めてなのではないでしょうか。

この生地は色が黒で、ミニダイヤジャガード柄のインテリア性の高いものです。

こんなようなおしゃれ感のあるヘルメットバッグをスタートしました。

あとがき

というわけでヘルメットバッグをお作りしております。

ヘルメットバッグは、このサイトの商品というコーナーからもヤフオクにリンクし、ご覧いただけます。下からもどうぞ。

こちら

では、ありがとうございました。

私がお作りしておりますハンドメイドバッグを一覧でどうぞ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください