差し色であったり、ワンポイントアクセントに飾る手作り蝶ネクタイと金属チェーンのコラボペンダント作り【1006】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ハンドメイドバッグをこれまで作ってきました。

この<はぎれ>カテゴリーでは、そのバッグ作りに余った生地を活かす製作をご紹介しています。

よくポーチのような「入れ物」をご紹介しているのですが、今回は少し違ったアイテムになります。

それは、ペンダントトップ。

蝶ネクタイをお気軽に身に着けることができるために、あえて、大ぶりではありますが、チェーンとの組み合わせでペンダントトップを作ります。

フォーマル色の強いイメージの蝶ネクタイをもっと身近にお使いいただけることになるかもしれません(^-^)。

両サイドが尖ったポインテッドタイプの蝶ネクタイを本来のサイズ感そのままで作ってみる

本体:縦7.5cmx横17.5cmで、ポインテッド(pointed)タイプデザインでいきます。尖り部分の両サイドは、高さ2.5cmの二等辺三角形というものです。 
ノット:6.5cm四方の型紙が綺麗に本体が通るみたい(5cm四方ではきつかったです)。
接着芯はフルに貼ってありますが。更にソフト厚芯を邪魔にならないような控えた面積にカットしてボンドで貼ります。
そして、中表で返し口を省いて縫い代1cmを縫います。
ひっくり返して、返し口は手まつり(はしごまつり)。とんがりを目打ちで綺麗に出してアイロンです。
こうして本体は完成。次は、ノットパーツです↓。
画像がぼやけたものしか抽出できずに、すみません<m(__)m>。6.5cm四方のノットパーツを縦に半分に折って、両サイドから真ん中へ向かって三つ折り。そして、短い辺の両サイドを二度縫い。真ん中の空いた部分ははしごまつりで縫い閉じます。そして、中表で輪にして、端の方3mm程度を二重縫い。
そうしますと、表面には何も縫い目が出なくて自然なラインであり、上品です。
輪をひっくり返して、ノットへ本体を通します。これは裏側ですが、ノットが動かぬように裏面で手縫いで3重くらい本体にも貫通して留めます。表にはノットで隠れて糸目が見えないです。
完成です。ノットと本体のバランスが良いです。ノットがきつすぎると本体がくしゃくしゃして綺麗ではないです。

金属チェーンとのコラボ

完成した蝶ネクタイトップにステンレスチェーンを通し、ペンダントにしていくわけですが、今回は、当てるだけにしますね。

商業利用は、チェーンが製品であることで、商標権の問題に引っ掛かりがあり、グレーゾーンです。

よって、ごめんなさいね、実際に通した撮影はYOUTUBEが商業利用にあたるので(広告収入がある為)、ひかえさせていただきました。

イメージはこんな風です。とても素敵ですね。元の蝶ネクタイのフォーマルなイメージから、ボトムにブルージーンズを持ってきても良いのでは。。。と思うほどのイメージが広がる見込みがあります。
チェーンの長さはお好みで。私もこの位置に来ると良いと思っているので、チェーンは70cm程あり、少し長すぎます。60cm強くらいがちょうど良いのかな。また。チョーカーみたいに首に沿うような着け方をしたい場合には、チェーンは40cm以下の短いタイプががかっこいいですね。

あとがき

もしも蝶ネクタイさながらではなくて、もっとアクセサリーっぽくということであれば、型紙を小さくして、全体を小さくするとペンダントトップらしくなるかと思います。

このアイデアというのは、ジュエリー好きな私が、とても困った時にどうしようもなくて、今回とは逆に、チェーンが見つからなかった時に、布で作るということをしたことがある過去からのヒントです。

その時は、チョーカーのような透かしのネックレスが見つからず、透かしのレースのテープを使って、ペンダントトップを金属で着けたところが今回とは反対です。

こうして、布+金属というコンビも、特に高級感を重視した宝石なるものではないにしても、かっこよく見えるお洒落なコーデの1つとしては、とても気楽にご利用いただけるアイデアだと思います(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HP内で受け付け/ご利用可能です。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

2020年からストックしていた生地をいよいよ使う時、大人っぽい紬シルクの花柄巾着袋の完成【967】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近インテリア収納袋を作っていっていますが、その生地の中には、2020年1月末調達の生地も多いです。

2020年のスタート時にまとめて新たな気持ちで同じ日に集めたものです。

今回の生地は、同じ生地の柄違いで、すでに2019年にバッグを製作したことがあったので生地の様子がよく分かっていました。

今回の生地の色違いで作ったバニティーショルダーバッグ(2019年製作)。

柔らかい生地なので、あまりしっかりしたフォルムには向いていない。。。

それが1度目に2019年に作った時の感想でした。

で、そこからが長い間保管期間を経た生地になります。

今回約2年越しといった感じでやっと製作することができます。

黒ベースを強調した大人っぽいインテリア収納用巾着袋

黒ベースの小花柄が大人びた雰囲気のつむぎ織です。

<表地>シルク紬(つむぎ)プリント、絹/100%、日本製。

紬特有の節がとても美しいです。

小花柄も和テイストに感じられますね。

ここへ、お花の形が上手くマッチした裏地です。

<裏地>ちりめんジャカード、ポリエステル/100%、日本製。

ギザギザの形のお花、丸い形のお花がうまくマッチ。

表地のシルク紬プリントは、色違いがさらにもう1つありました。

ピンク/パープル系の色です。

けれども私としては、このクールな色の方のマルチカラーが個性があると判断して、きっと多くの人が気に入るだろうピンク/パープル系を選びませんでした。

完成です。<サイズ>縦24cmx横26/46cmxマチ20cm・・・結構サイズがありますので、収納袋が良いかと思います。お弁当袋には大きいと思いますし。汚れるともったいないので、あまり動きのない静止状態のインテリア使いが良いかと。

あとがき

今回の生地、さっくりと巾着袋にしてしまいましたが、実はなかなか高級な生地です。

最初に2019年に柄違いで作ったバニティーは、この素材の良さが活かされず、ふんにゃりとなってしまったのです。

巾着タイプがこういった柔らかいとろみある生地には向いているかと思います。

生地も無理矢理デザインに当てはめるのではなく、生地に合ったデザインをむしろ生地に合わせていくといった考え方を学んだ2019年の経験でした。

今回は、そういった意味では巾着袋は相応しいと思います。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

ハンドメイドバッグ「テリーヌ」のタブの作りと取り付けの極み【359】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回ほぼ1点ハンドメイドバッグ完成しました。

このほぼというのが、最後に底板を残してとりあえずの終了としました。

この記事アップ後にくるみ底板製作→撮影→販売となります。

やはり出てくるものです、学びが。。

今回も次回への課題が盛りだくさん。

とりあえず、そのことは最終でお話します。

まずは、今回新しく試みたファスナー開閉のつまみタブをもっと徹底して綺麗に作るために工夫したことをご紹介します。

タブの型紙を大きくしたことによる効果

今までは縦の長さが7.5cmでしたが、10cmにしました。

縦10cm横7.5cmのパーツでファスナーつまみタブを作ります。

上下は縫い代を隠すための1cm強のアイロンの折り目です。そして、中心を縦に折り、底へ向かって端から包み込むように左右折ります。このミシンは、全部折り込んで一度のみで縫おうとすると、はみ出しが起こるのでその防止策としての隠れる部分のステッチを事前にしておくものです。
このようにサイドを折った縁2mm程度の箇所にステッチを返し縫い無しですーっと入れます。そして、丁寧に結びます。この玉結び、玉止めの必要性については、見えない部分であることと仮縫いのような部分であることからプッツンと切ってもかまわないかもしれません。
次に、仕上げのステッチ。先ほど仮縫いした縫い線の上をたどるように2列ステッチします。この時も返し縫いはなし、すーっと一度縫いで、玉結びx2箇所、玉止めx2箇所を内側に入ったところで結びます。

この部分が今後の課題の1つになったのですが、なぜかというと、玉結びや玉止めは、外へツンと出ないように対策して2針目分ほど内側に結ぶということを心がけたのにもかかわらず、ツンと出てしまった結果に。。

また、4箇所も結ぶのがとても長い時間がかかりここでちょっと作業がペースダウンになってしまう。

ミシンをかけた側から見た様子。これでも結び目を内側にちゃんと引っ込めていますね。それでも外へツンと飛び出してしまいます。

タブの縫い付けを2列にしたことによる効果

2つに折って、あらかじめ重なりの仮縫いのようなステッチをこちらも返し縫い無しで入れます。この返し縫い無しの理由は、上の分の箇所も同様ですが、綺麗なすっきりとした見栄えにするためです。返し縫いで強固にする必要はここではないので、スッキリと綺麗に作ることに注意を注ぎます。

ナイロンは目が詰まっていて、下糸がモソモソと引っかかることがとても多いです。

返し縫いの必要性が無い場所はしない方がぐんと綺麗に出来上がります。

今回、この仮止めを初めて取り入れています。

これをせずに口布に縫い付ける時にずれることがよくありますのでそのずれ防止の対策なんです。

そして、口布に2度縫いx2列で縫い付けます。3度縫いずつくらいが丈夫ですね。この2列の意味は、1列だと1点に力が集中してかかってしまい、破れなどの原因にならぬよう、2か所にして力の負担を均等に配分するためです。

糸の始末が工夫したけど、まだまだツンと飛び出してしまうことの対策

ということで、新しい試みが上手くいったと同時に、課題も発見しました。

糸の始末を内側にしてもツンと飛び出す結果になった件は、さらにもう2目ほど内側であること、結び目の数を減らすために近い横の隣同士をまとめて結ぶことで、2個だけにしてみます。

2目ほど内側にするという件は具体的には、後で糸をほどくのではなく、最初と最後の地点を内側寄りからスタートし、内側寄りで終わるという内側のみのステッチへ変えることで実現できそうな予想をしました。

あともう1点。

裏地側も見たときに綺麗にと思って、タブを口布に縫い付ける時の玉結び、玉止めを外側のタブの隙間に隠していましたが、使っているうちに動いて飛び出してくることが考えられます。

ここは、目には映りますが、玉結びや玉止めを裏地側にほどこすのが良いのかもしれません。

それも次回そのようにやってみます。

完成レビュー

「テリーヌ」<サイズ>縦29cmx横36cmxマチ10cm(裏地はミントグリーン地の小花柄)

他にも本体の縫い付け場面で大きな課題がありました。詳しくはYOUTUBE動画内の場面でお話させていただきました。

右回り(時計回り)の場合が利き腕みたいな感じでどうしても逆向きが失敗してしまうのをどうすれば、綺麗にできるのか、右回りだけで解決できるのかを考え中です。

条件は、口布に縫い線が入っていて縫う側が1つの側に決まってしまっているという点が固定されているのでなかなか簡単ではないわけです。

この記事を書いている途中で考え付いた案は、出発地点を一番上の中心からではなくもっと左に寄り、更にカーブも通り越したあたりからスタートして、中心の位置をキープしつつ少しだけ残した1周でいったん区切るというものです。

分かりにくいですよね。また、実際にそう試みたときにご紹介してまいりますね(^-^)。

あとがき

全体としてはだいぶ良いところまで来ました。

いかに綺麗にぐっとくるものに出来るかというところだと思います。

込み入った、難しいデザインとかそういうのではない、シンプルで、メンズバッグで見たことがある何かトラッドなテイスト。

当たり前の良さがある親しみを感じていただけるバッグにしていくっ(^.^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

ハンドメイドバッグの支柱をまっすぐに縫い付けるための秘策【356】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在、ブリーフケースデザインの「テリーヌ」という名前のハンドメイドバッグを製作中です。

今回は、支柱を縫い付ける時に、細かな点で工夫をしてみましたのでご紹介したいと思います。

支柱を縫い付ける時の位置を正確に決める工夫

出来上がった支柱を待ち針で固定する場面がポイントのメインとなります。

最初にサイドから10cmちょうどの位置に印をします。支柱で隠れますので思い切って印を付けてしまいますが、上の方は取っ手が縫い付けられない部分があるので印は途中までです。
左右とも印を付けたら、待ち針をこんな風に横向きにして、底の部分を一番最初に留めます。底部分には中身のソフト厚芯が1.5cm控えて入れ込んであるので、この待ち針の部分は薄めでペタンコなので留めやすいです。

ここを固定しないと、他の箇所を待ち針で留めてもずれてしまってこの支柱の先端がはみ出したり、逆もあります。

よって一番最初にここを留めてしまえば安定するというわけです。

一番下の次は一番上がよいでしょう。2番目の待ち針は、ここに。今度は縦向きです。印を付けたのをちゃんと支柱の真ん中に位置するように見ながらの延長の位置にしっかり待ち針することです。支柱の歪み防止になります。
そして、本体の上辺から6.5cmの位置に横向きに印的な待ち針を打ちます。これは、貫通しなくても印なので大丈夫、まっすぐ横向きというのがポイントです。これを中心として上下1cmずつの位置に返し縫いのステッチで固定するのでこの待ち針も重要です。
そして、中間地点のぶらぶらした不安定さをこのど真ん中の待ち針で1か所固定。この時もよく下の印を見て、この支柱の真ん中になるよう配置して留めることを忘れないよう。

そして、ミシンで縫い付けていきます。

今回は、ミシンの縫い付け場面は省略です。またの機会に縫う順番などのご紹介を致しますね(^-^)。

縫い付け完了のレビュー

ポケットが付く方の面は、先に隠しポケットを設置してから支柱を縫い付けるという順番に今のところしています。もしかして、逆の方が良いのかもしれません。支柱縫い付けの前に隠しポケット設置の場合、ポケットの袋を支柱と一緒に一部だけ中途半端に縫い付けてしまうことがたまにあるので、もしかしたら支柱縫い付け後にポケットの方が良いのかも。しかし、支柱を付けてからでは、ふくらみができてしまった平面でない中でポケットを取り付けることにならないか。。。今後そのことはよく検討していきたいと思います。
裏面の様子:ポケットの袋の縫い代をを中途半端に縫い付けることがなく袋が独立しています。
しっかり図って待ち針を横向きにした上下1cmずつの箇所の返し縫のステッチの出来上がりの様子です。綺麗に出来上がるととても気持ちが良いです。
下の方の様子:ここでバッグの中身をよいしょと持ち上げるので支柱はとても重要です。重さの負担のバランスが、上の方だけ取り付ける取っ手よりも均等に配分されるようです。この作りはメンズっぽいですね(^-^)。

あとがき

今回はこの辺りまで。

YOUTUBE動画は、少しその先の、裏地にファスナー付きの隠しポケットを取り付けるところをサクサクッとご紹介させていただいています。

裏地のブルー地の小花柄に私が選んだカラーのファスナーの色などをポイントに見てみてくださいね。

今回の支柱をまっすぐに取り付ける工夫の場面がメインです。

ありがとうございました。

また、続きの製作の様子、どうぞお楽しみに(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

今までカラーの生地だったハンドメイドバッグのブリーフケースを黒で作っていく過程【355】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在「テリーヌ」というブリーフケースデザインで、1点ハンドメイドバッグを製作を開始しました。

コンビは、ナイロンオックスの撥水加工がしてある生地の黒色を表地に、そして、ポリエステル/100%の小花柄がかわいいつるつるした裏地とで内側に広がるかわいらしい世界の広がるブリーフケースを作っていこうとしています。

今回使用の生地

まずは、定番のナイロンオックス。

そして、小花柄の生地でも今まで見たことが無かった初めての出会いの生地のコンビ。

ミントグリーンを黒の表地に合わせていくというのもありかな、とトライしてみようと思いました。

左:<表地:黒>撥水加工ナイロンオックス、ナイロン/100%、日本製。<裏地:ミントグリーン>小花撥水、ポリエステル/100%、日本製。

青味の色に、優しい赤色の花柄のおかげで、とてもバランスがよくとれているカラーの裏地。

とても楽しみです。

粗裁ちと芯貼りの関係

ここ最近採っているやり方は、生地も粗裁ち、接着芯も粗裁ちをそれぞれして、接着後に型紙に当てて裁断するというやり方です。

表地の裁断の場面
裏地の裁断の場面

粗裁ちとは言え、生地を無駄なく有効に使うために、周りは、せいぜい1.5cm-2cmまでのゆとりです。

粗すぎては、何か1つパーツがとれてしまうのはもったいない使い方です。

粗裁ちのパーツを見ただけでどのパーツの粗裁ちかが分かる程度ということですね。

これら以上の細かいパーツは、粗裁ちの時点でまとめて1枚のA4程度のシートにして並べてまとめて接着芯を貼ります。それがとても効率的です。
接着芯である薄芯を貼り終わった状態。すべてのパーツに接着芯を貼っています。

取っ手にボンドを使わずに入れ込むソフト厚芯のご紹介

ソフト厚芯:これを取っ手にまるごと入れ込んでいくつかのステッチを綺麗にミシンでたたきます。ボンドを使わずに入れ込むというところがポイントです。かえって綺麗です。
ぷっくりと膨らんだ持ち手が実現。持ち心地が非常にふんわりと感じられ快適です。

ようやくたくさんの取っ手を作ってきて、この巾が統一になるように出来てきました。

ここは印などを付けることが困難な部分なので、いかに綺麗に仕上げるかは、目で見た幅の感覚のとらえ方というものが右と左とで違ったりして難しい点です。

両サイドのステッチは、まず1周ボックス型にステッチを入れた時のものなので、残り2本を目で見て均等に配分していくわけです。

端のステッチ間は役20mm強。21mmととらえて÷3の7mmずつの幅ということになります。

あとがき

今回は、ここまでです。

製作の最初のほんの入り口です。

youtube動画ございますので、どうぞご視聴くださいね(^-^)。

すべて、同じ黒無地の表地ばかりを作る「テリーヌ」。

いかに違いの変化をつけていくかは、裏地の生地のチョイスが1つにあります。

ぐっとくるような素敵な柄を集めていきたいと思います。

撥水加工がされた柄の生地というのはそれほど豊富ではないようです。

いずれオリジナルデザインのプリントなども夢見ていますが。。。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

ハンドメイドバッグ「巻き寿司」のデビュー【346】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、1点商品が完成しました。

初めて出来上がる「巻き寿司」です。

そのレビューをしていきたいと思います。

「巻き寿司」のレビュー

まず、なんといってもカーブのラインをまあるく改良したことによる作りやすさがありました。

そして、出来上がりは、まあるいフォルムになってとても柔らかい印象。

「巻き寿司」・・・<サイズ>縦23cmx横32cmxマチ10cm
ショルダーが取り外しのリュックになります。リュックで使用しない場合はハンドバッグのみの使い方もできます。
ファスナーの開閉にこのまあるい半月型のタブが活躍します。ここを持たずして開閉は、本体の一定の場所をぎゅっとつまむので、跡が付いたり、生地を傷めてしまうので、タブが有効です。実際タブが上向きに引っ張られてそこに重圧がかかっての開け閉めとなりますので、タブも頑丈に取り付けています。
内側の様子・・・底板は、リムーバルで最後に設置します。底で重なる部分があり、縫い付けるのでどうしても底板を中に入れ込むことができないので、後付けですが、お洒落になじむように、裏地の生地で包んだ8角形の底板です。

今回の生地の厚みに付いて

今回使用の生地は、マトラッセジャカードという名前の生地で、しっかりとした溝が入っている生地なので、見た目の高級感とか美しさがあります。

その一方では、製作において、アイロンで折るという場合になかなか跡がつきにくい頑丈さや厚み、そして、そのしっかりと入った溝の部分でない箇所を折る場合に、なかなか折りにくいということがありました。

見た感じそれほど厚手ではないように感じるかもしれませんが、これが、なかなかの厚みで、ショルダー、ショルダータブの中に入れるハード薄芯を今回はやめるという選択になりました。

そうでないと、ショルダータブを縫い付ける時に針が通らない、ショルダーを縫えても厚みが増し過ぎて、線コキに通らないなどの事が生じることが分かり、取りやめたわけです。

時々厚めの生地は、そうして、ショルダーやショルダータブなどの幅が狭くてきゅっと固まるような作りの物は影響が出やすいのでハード薄芯を省くことになります。

もともとハード薄芯の使用目的はハリコシを強めて強固にすることなので、それだけで十分であれば、必要ないということなのですね。

ただし、接着芯の薄芯はまた別の考え方。生地自体の風合いを美しくしっかりしたものに出すことと、硬さとは別の強靭さという点で分厚いも薄いも関係のない平等な強さの面があると思っていますので、必須です。どんな分厚い生地にも貼っているんです。

あとがき

今回もYOUTUBE動画ございます。是非ご視聴どうぞ(^-^)。

ありがとうございました。

初の「巻き寿司」の完成です。

今後は、このデザインも黒で作っていくことになりますので、このベージュというのはある意味貴重。

巻き寿司くんの活躍を祈ります(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。