ジュエリー撮影用の背景生地をラメ入りの同じ種類の黒とシルバーで比べてみた結果。。。【1014】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近ですが、当「本物志向のレンタルジュエリー」をリニューアル致しました。

HPにたどり着いていただいたすぐに表示されるトップページというところに掲載していますが、今までやらせていただいてまいりましたレンタルジュエリーのルールや内容を変更してのリニューアルです。

今一度私がじっくりと渾身の組み合わせをしたセットに替えまして、ルールや金額も徹底。

これも過去のお客様のおかげでこういう動きがあったことを感謝申しあげます<m(__)m>。

それにあたって、組み合わせも変わったことで改めて撮影をすることになりました。

撮影はとても苦手。

今までのジュエリートルソーは、上手く写真が撮影できず、ただでさえ技術のない私が到底うまく撮ることが不可能でした。

そこで、トルソーはやめてみまして、思い切って布へ並べる配置へ方向転換しました。

黒なのかシルバーなのか

撮影は、背景色が黒っぽいとミステリアスです。

宝石撮影はよく黒っぽく写されることも多いです。

私も黒コーデが好きであることと、黒が最初はピンと来ていました。

しかし、実際に黒が本当に一番ベストなのかというとそうでもないのかもと思うことが出てきたのです。

黒の布:ラメツインクルサテン、ポリエステル/60%、ナイロン/40%、日本製。:ハンドメイドバッグの裏地に多く使ってきた生地です。もとは衣装用。ジュエリーには相性の良い生地です。

ラメが入っていてジュエリーと相性が良いですね。

ただ、この黒だけを見ている分には良いとも思えるのですが、シルバーがとても気になっていました。

シルバー色の上と全く同じ生地。使い方が少し違っていて、接着芯を貼るところまでは黒と同じですが、2枚重ねでハリコシをより出したものに。。。色の違いなのかその作りのちょっとした1枚仕立てor2枚仕立ての違いなのかよくわかりませんが、明らかにこちらがピンと来ました。向きは地の目が縦線なので横向きに置いています。

グレーも背景としては使われることも多いです。黒よりマイルドですので、このやさしげな感じの色が私の心持ちにはピンと来たのかも。

ということでシルバーで行くことにしました。

あとがき

撮影技術に関しましては、もうあきらめています。

今まで何枚写真を撮影してきても一向に技術が上がらず、要外注の段階かと思っています。

全く写す時のポイントなどが分からず、好きではありません。

好きではないから当然技術も上がらないのだと思います。

けれども、苦手なものでも、とりあえず精いっぱいの事はしていきたいので、私ができることというのは、その色の違いだったり今回のような私ならではの改善点で可能な限りをつくして何とかしていきたいと思います。

しかし、いずれは外注をお願いしたい分野ですねー(^_^;)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください