隅っこで映えるビンテージの木製の良質なコーナー棚Najicoとは?【159-2】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ついこの間になりますが、木製のコーナー家具を買いました。

簡単に持ち上げて移動できるような10kg未満の小さめのもの。

もちろん、私が好むのは、新しいものではなく、ビンテージ家具。

ジュエリーを集め、そのジュエリーを入れるジュエリーボックスも集めた私は、そのジュエリーボックスを置く簡単な作りのカッコイイ棚が欲しくなりました。

これまでは、ジュエリーボックスを積んで適当に置いていましたが、何かインテリア的に見せる感じの置き方をこのたび考えたんです。

まるで芸術品、Najico(ナジコ)の扇形コーナー棚との出会い

ジュエリーボックスだけが最低限置けるコンパクトな棚でいい、そう思いました。

以前に一度もうすでに手にしていたのが、こちら。

以前から持っていた3段の扇形のコーナー棚。木製で色はオレンジ茶。3点のふわふわした角の柱、そして扇形の棚面がとても特徴的。

こちらは、5年程前にヤフオクで¥3,000というような値段で落札購入したもの。

これ1点だけでは、全部で9箱のジュエリーボックスを置くには不足です。

そこで、今回再びヤフオクで、木製棚を検索しました。

この棚の呼び方が分からなかったので最初なかなか見つかりませんでした。

そして、ついに、関連商品でヤフおくのAIが表示してくれました。

そして、とても気に入ったコンパクトな、しかもおしゃれな木製棚を発見。

こちらは、今回購入の4段の木製の扇形コーナー棚。もともと持っていたものと色とデザインの一部が少し違うのがまた魅力です。上の方が映っていませんが、4段である所もなかなかのレアタイプなのでした。

今回は、あれから5年。ビンテージ家具の価値とかニーズからでしょうか、値段がそこそこ上がって、¥7,000という価格で落札購入。

ところで、購入するときに「あれっ?」とわたしは思ったんです。

こんなある意味特徴的なデザインって、もしかして同じ会社が作ったのではないか。。

そんなことが気になりました。

今回の4段は、すでにタイトルにNajicoと謳われていましたので、4段の方はNajicoブランドの者。

そこで、以前から持っていた3段のオレンジ茶の裏側を見て確認するのです。

3段の方の底の裏面にも、Najico(ナジコ)のシールが。そう、この棚のブランドもナジコだったんです。

そして、今回購入の4段の方も、同じナジコ。

今回購入の4段棚の方にも右端にNajico(ナジコ)のシールがありました。

5年前に3段を購入した時には気にも留めなかったメーカー名。

今回の偶然の一致で何かもっと知りたい欲求が沸いてきます。

そして、ネットで調べます。

このNajicoの棚は作りが明らかに日本製。

手の込んだ部分、繊細な作り、表面の始末、すべてが行き届いていることが感じられます。

まず、どこの県のメーカーさんが作ったのか、そこはNajico社であるのか、など。

そして、私はあるホームページにたどり着きます。

同じ名前の全く違う会社にヒットする場合も多いので、慎重に、「najico 家具 木製」と入力して探しました。

ここで私の無知が活きるのです。

Najicoという会社を知らなかったためよかったのかもしれません。

この棚を作ったのは、福島県のいわき市にある南産業(株)さんという会社さんだったのでした。

私は、どこの会社が実際に作ったのか、に焦点をしっかり当てていたためにこの南産業さんを見つけることができたと思います。

そして、この会社に、質問メールを送ります。

よくよく考えたらその質問メール、就職支援サイトのもので、ちょっとあり得ない勝手口からの侵入のような連絡の取り方でしたが(^_^;)。。

質問の内容は、今回とても素敵な棚をビンテージで入手したのだが、御社が作られたものではないかということ、特にオファーとかそういうものではないのに忙しい所大変申し訳ないということで、ダメもとでした。

そうしたら、どうでしょう、すぐ翌日にお返事をいただいたのです。

この商品は確かに、当社が製作したものであると。

Najico社との共同企画で製作と販売担当をしたのだということです。

それが、ホームページの沿革年表の1980年(昭和55年)の欄に見事にNajico社という言葉、小物家具製作というワードが記されていたのです。

Najico社さんというのは、鉄道車両部品を扱う商社(株)中村自工さん。

この会社を知っていたら、南産業(株)との共同企画商品であったことまでたどり着けなかったかもしれません。

無知が幸いしました(;’∀’)。

現在は、こういった商品は、木材が良質なものが入手困難により、生産はストップしているとのこと。

現在の南産業さんの主な生産品というのは、高層マンション等の特注木製家具を中心にシステム収納やシステムキッチン・洗面化粧台等の製造を行っておられるとのこと。

時代の流れに沿った事業だと思いますが、変わらないのは、良質で特注的な素材に特化した商品を製作しているところが健在です。

すばらしい会社さんだと思います。もう、連絡せずにはいられなかった、そんな感動の事件でした。

ああ、よかった。何か疑問が解決された。そんな気持ちの良さ、そして、すぐにお返事を丁寧に下さった会社さんの作るそういう佇まいがあのような美しい棚を作り上げたと思えてしょうがありません。

素敵なコーナー家具をインテリア映えさせる配置

さて、せっかくの素敵な棚がそろったところで、私の目的、木製アクセサリーボックスをかっこよく配置してインテリア映えさせるということを試みました。

まず、このような良質な木材なので、ビンテージで多少なりとも傷が入っているとはいえ、この状態を少なくとも保ちたい私は、マットを棚に敷きます。

そしてそこへアクセサリーボックスを載せていきます。

時には引きずりますので、このマットは非常に有効。

セリアさんでの購入のマットです。このマットも日本製です。

私が今回試みた配置。3段と4段の段差の美しさ、支柱のデザインの違いが面白いコラボですね。

棚の数は、7個ですが、ジュエリーボックスは9個。

ジュエリーボックスの縦が短いものを組み合わせて重ねて2点置く箇所もあり、すべてが配置されました。

まるで撮影用にセットしたかのような雰囲気が出てきました。

4段の方は、角をしっかり利用しています。

今後も大切に持っていきたいコンパクト家具です。

1980年のものが現在の2020年で喜んで使えること。

かれこれ40年のビンテージの物なのに、デザインがかえって新鮮に感じるこの扇形と支柱。

コンパクトというサイズ感も現在に利用しやすい付加価値と言えます。

簡単に持ち上げて移動できますし、そのことを考えると持つことにもはずみがかかりますので購入に至りやすい。

私が見たところ、この商品ビンテージ市場で現在結構人気なようでした。

あとがき

今回あまりの感動にYOUTUBE動画にもおさめております。

どうぞ、ご視聴くださいね。

ありがとうございました。

おわり。

私は、ハンドメイドバッグを作って販売している事業をしています。

良質な物を作ると、このように40年後でも感動できることのすばらしさを今回の家具から学びました。

どうぞ、バッグ一覧ご覧くださいませ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください