単純な構造なのにとてもかわいい巾着型リュックの魅力【91】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、私の製作バッグ企画が、<簡易リュックシリーズ>というものに入りました。

リュックってこのようなもの、という固定観念を打ち破るような、とても簡単な構造であるけれど、おしゃれに仕上がるようなそんなリュックを作っていきます。

今回使用の生地は、表地も裏地も共通

<表地・裏地共通>生地名は不明(耳にpaper printedという謎の表記が。。)、ポリエステル/100%、日本製

生地は、薄手で、女性のワンピースなどに作られたデッドストック的な生地かと思っています。

これをバッグにしてしまうのが、picturesque流。

とてもかわいくなるワクワク感でいっぱいです。

柄がとても素敵なボタニカル花柄なんです。

今回は、生地の配分的に、表地も裏地もこれを共通に使用しました。

シンプルリュックでは、タブがワンポイントになる

今回のデザインは大変シンプル。

巾着袋の紐をそのままショルダーにして、入り口にちょんと、小さなあまぶたのようなタブを付けるだけです。

入口のタブ:カーブは簡単な、直線の六角形タイプ。マジックテープは1枚分のみにたたきつけます。リュックの入り口に使用するので、マジックテープの幅はやや長めに。そして、しっかりとした形のキープのために、ハード薄芯も貼っています。そうすると立派なタブに出来上がります。

ショルダーを兼ねた巾着ひもはたっぷりとした長さを用意

今回のA4相当のサイズのリュックに対して、ひもは、合計3m、片方1.5mずつという分量でちょうどよかったです。

目安は、巾着ひもを伸ばしている状態で、取り付けタブを引っ張っていない状態で数センチのゆとりがあれば、背中にもいい具合な長さであり、開閉もすっきりとしたものになります。

ある程度の長さが必要ではありますね。

巾着ひもの分量は、絞らない状態でちょうど本体を引っ張っていない分量が最低限で無駄がないです。逆に絞っていないのに、タブを引っ張って本体が変形していると物が入れにくくなるので、ある程度の分量が必要ということになります。

完成レビュー

では、完成です。

巾着型リュック完成:<サイズ>縦32cmx横25cmxマチ10cm。

ひもは、モカ茶なんですが、ベージュでもよかったかもしれません。

とてもかわいい花柄、思わずじっと眺めてしまいます。

入口のタブがデザインに非常に貢献しています。

シンプルなデザインは、1つ1つのパーツにインパクトが込められていて、ぱっと見が素敵になるかと思いました。

では、YOUTUBE動画を貼りますね。どうぞ、お楽しみくださいませ。

終わります。

ありがとうございました。

私がお作りしています、ハンドメイドバッグ一覧をどうぞ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください