バッグの正面に飾るお花のアップリケ-デザインと作り方【54】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、ミニ巾着ショルダーバッグの製作をします。

この記事はその前編でありまして、ここでお花のアップリケを作る過程にスポットを当てます。

では早速始めます。

お花のアップリケの型紙

このような台形型の型紙が花びら1枚分となります。もともと、上辺が5cm、下辺が10cmだった大き目の台形から、四方を平行に1cmずつ削ってカットして細みにする作図方法です。細みにした理由は、花びらが6枚ほど配置できるようなゆとりが必要だからですね。(縦6.5cm)

この細みに突然作図しようとするとやや困難ですので、最初は方眼で簡単にできる台形を描いて、1cm削るのを簡単にできるものさしで行いました。

こんな風に斜めの線を1cm削る時に使えます。平行線が引きやすい定規なので、簡単に修正が可能です。

そして、次にこの型紙でカットした、裏に薄

芯を貼ったパーツを6枚内側に1cmずつ折り

込んで花びらの形にします。

お花アップリケを折る手順

折る順序がが4段階あります。まるっきり私独自のやり方ではありますが、縦ラインから折っていくのが綺麗に仕上がるコツかと考えます。

まず、裏側に縫い代1cmの印を付けます。
1 :まず、サイドの斜めのハの字を折ります。
2:次に短い方の横の線を折ります。
3:ハの字の開いた部分のサイドを折ったときに横線が上の横線と平行になる位置で折ります。ここは、特に印がないので目安が、平行になる位置としか表せないのです(^_^;)。
4:長い方の横線を折ります(これで出来上がりです)。
まだ並べているだけですが、このようなイメージです。はなびららしくなりましたかね(^-^)。

花びらの中心パーツの型紙と折り方

ところで、花びらの中心のスクエアのパーツもありますよね。

これも型紙があるんです。

5cm四方の縦横を1cmずつ先程の定規を使って簡単に削り、4cm四方の正方形にします。これが、花びらの中心の部分のパーツの型紙となります。
1cmの縫い代で四方に印を付けます。
縫い代通りに四方を折ります(これで花びらの中心パーツ完成です)。

ミシンでお花アップリケをバッグの表地に縫い付けます

今回はお花を2個左右に並べますので、花びら12枚と中心パーツ2枚です。

まずは、左側中心パーツからミシンをかけていきます。

スクエアをまっすぐの向きに置いて、返し縫いをせずに1周端っこの2mmあたりの位置をたたきます。ミシンの幅は、3mm。角の直前で3mmでは大きすぎる場合は、最後の1目だけサイズを調整して2mm、1.5mmなどに変更して一気に1周します。途中、中の縫い代がはみ出しそうになるのを目打ちで中側に押し込んで隠すように意識します。重要なポイントなのですが、最後は、1目余分にはみ出します。そうすると、1目前にほどけて終了するというミシンの性質があるので、その本当の最終地点で糸を裏側へ針に通して送り、裏側で結び玉止めします。
こんな感じで、中心パーツの辺を目安として利用して、上下はまっすぐ平行にたたきつけます。中心パーツとの間は1cm空けました。
上下以外の左右2枚ずつの花びらは、中心パーツのスクエアの角を目安にして、花びら同士だいたい均等な間隔を空けて、たたきつけます。

完成レビュー

この記事では、詳しく記載致しませんでしたが、2つのお花は結果的に同じようなサイズになってしまいました。

本当は大小にしたかったのです。小の方は、型紙を小用に作らずに、大の型紙を1cmでなく1.5cm折ることで変化を付けようとしたのがその原因です。

今後は、小の型紙を作るか、あまり小さいと綺麗にできないので、大を重ねるような形に変えるなどの改善を使用と思います。

今回は、これで、同サイズ程度のお花が並んでいるという出来上がりでよろしいかと思います。

お花アップリケの完成:右の少しだけ小さいお花をもっと極端に小さくするか、同じサイズで左のお花に重なった感じにするかの改善の余地があります。

では、YOUTUBE動画も是非どうぞ。

あとがき

今回は、ミニ巾着ショルダーバッグという形をあずき色の幾何柄のフロッキープリントで作るにあたって、1つの変化を付ける策としてアップリケを施したしたわけです。

お花を幾何柄的なデザインにすることで、まずは、直線ばかりなので縫いやすく綺麗にできるということ。

そして、その幾何学的なお花の形が、幾何柄のフロッキープリントとの形とうまくマッチして良い相性となるという予想をしました。

更には、幾何柄のフロッキープリントだけの物足りなさに華やかさを加えていくというような試みでした。ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグを一覧でどうぞご覧くださいませ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください