布製ハンドメイドバッグに使う30番手のミシン糸の選び方及び使い方【32】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、糸のみにスポットを当ててみました。私が布製のバッグに使っている糸の30番手が合計50本ほどあります。

こちらをある程度色別に分けているので、その分け方はどんなものか、そして、一見した見かけからの合う糸のイメージが実際に縫っていみると合う糸が違ってくるようなことがあり、糸が縫うと合う色という視点から選んでいかねばならない点なども書きたいと思います。

糸の収納の仕方

収納は、パンダンの大きな箱に、4部屋の紙袋で仕切り、大きく、色別にしています。

大きなパンダンボックスに中に紙袋を切って、外側に一度折り曲げて丈夫くし、小部屋を作って収納しています。一番右の外に飛び出しているのは、入りきらなくて、上に置いています。結構現在被っている糸の色が
あるので、いずれ、1箱で十分になると思っています。

では、一番左の小部屋から順に見ていきます。

こちらには、ビビッドなはっきりした色を集めています。

それほど頻繁に出番はありませんが、必要な時に慌てないように一応持っているといった感じです。

そのわりにパープルが似たような色が多いですが、調達するときに、とても大まかにまとめて調達してきているものなので、その時に使わない色も混じってくるということの積み重ねでいつの間にかこの量です。

一番左の小部屋:この中で、たまに行うジーンズの裾直しは、カラシ色を使います。パープルも裏地にこの色があるので、いずれ出番はある予定です。

次は、左から2番目の小部屋です。

左から2番目の小部屋:主に黒と紺ですが、行き場のないブルーを紺からのつながりで2色入れています。

左側の袋入りとそのすぐ隣りの縦向きまでが黒です。そして紺が3本。

左側が頭の横向きのものは、黒に一見見えますが、濃紺です。

糸のホールに紺と記載があります。黒に限りなく近い濃紺なんですね。

一番右の方は、ブルーで、ブルーグレーとも違い、ビビッドな1つ目の量が増えすぎることもあり、そこへ入れるのは断念して、紺からのつながりでここへ入れています。

次は、3番目の部屋です。

3番目の小部屋:全体に茶系ですが、この中ではパープルみたいなベリー色が入っているし、グレーのような色も入っています。ところが、パープルの中では、浮くし、グレーの中では、茶色く見えるということで、ここにこのように集まりました。

茶色も最近はあまり出番はないですが、ファスナーの色が茶色の時に少し使います。

パープルの中だと浮いてしまう、真ん中周辺のベリー色とか、グレーの中では茶色く見えてしまう左右のサイドのあたりの色は結構出番があります。

あいまいなどっちつかずのような色というのは、かえって出番が多いのかもしれません。

そして、4番目のの小部屋です。

4番目の小部屋:全体として白っぽいという色の集まりでこうなっています。ブルー系は、ミシンで縫うと
この見かけよりももっと色が薄く、白っぽいので、オフ系という感じでここに入れています。  

ここは、ベージュが多いですが、白っぽい地のものが生地ではとても多いので、ここから選ぶことが多いです。
よって、ブルーのような色は紺のある2番目の部屋ではなく、こちらにあえて入れています。

では、最後に飛び出している小部屋です。

外に飛び出している小部屋:こちらはグレー系です。グレーはよく使います。あいまいな色なので、出番が多いのですね。

典型的なねずみ色のグレーもここで、チャコールグレーのような濃い目もここです。

本当に生地になじむ色が意外な色である場合があることの実験

ここで実験をしています。

なじむ糸の色を探す実験:こちらは淡いベージュ色のカーテン地の生地です。これに合う糸を探してみます

淡い色のベージュということで、小部屋の4の中から探すのがよいでしょう。

さて、この中では、どの色なんだろうという部分が少し奥深くなってきますね。

そこで、候補を2色ピックアップしました。

候補の2色:左側は、グレージュと呼ぶようなグレーがかったクールなベージュ、右側は、暖かみのあるウォームなベージュ

イメージとしては、右側のウォームなベージュが合うような気がしていましたが、左側も意外に合うのかななんて最初思っていたんです。

そしたら、どうでしょう。

上側が、前の写真でのクールカラーの方、下側が、前の写真でのウォームカラーの方です。なんとなく、下のウォームカラーが少し浮いていませんか。ここで私は、上のクールカラーがベストだと判断しました。

意外なことに、クールカラーがぴったりとなじんだようです。これは、見た目ではしっかりと分からなかったです。

ただ、ウォームカラーが全然的外れだとは思いません。もし、このクールカラーの糸がなかった場合は、迷わず、ウォームカラーを選択したと思うんです。

たまたま、いろいろなベージュの糸があったから、こうやって、選択し、最もなじむ色が得られたということです。

ミシンで縫って、生地の中に糸が埋まると、色の見え方が変わるのかもしれないですが、ただ言えることは、現実的なこととして、糸はバッグに作られた時、糸が埋まり、そのまま永遠です。

ということは、糸が埋まっているときの見え方が一番大切だということなのです。

なるほど、糸の色の選択の重要性をとても感じます。

では、ここで、昔、私が糸の色の選択が甘かった経験があったことを見ていただきます。

昔、あまり深く考えずに、紺系の柄だから紺色の糸で縫った自分使いのバッグがとても糸

の色が浮いているのを見て、糸の色の選択1つで随分出来栄えが変わるものだと思ったものです。

昔、私が自分使いで作ったポーチのステッチ:地が紺色なので、単純に紺色で縫いましたが、結果とても浮いていて、きちんと縫ったつもりでも汚く見えるのです。このことから、この生地に紺を選ぶべきではなかった、もっと薄い色を選ぶべきであったと今は思います。

あとがき

今回は、糸50本ほどの使い分けや収納をご覧いただきました。

YOUTUBE動画もございますので、よろしければご視聴どうぞ。

では、これで終わります。ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグをどうぞ、ご覧くださいませ。

¥9,900 ¥6,600 ¥3,300 という3つの価格帯でございます。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください