インテリア的にも映える薔薇柄のミシンカバーを作ってみた記録【9】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

大好きなバラ柄

今まで、エコバッグとして作って持っていたものがありました。

インテリア的にも映える薔薇柄のミシンカバーを作ってみた記録
元の自作エコバッグ

こちらなんですが、なんでもない、ぺたんとしたエコバッグで、洋服のストックを入れたり、大量の買い物品を入れたりしてたまに使っていました。

しかしながら、最近それほど出番はなく、同じようなものを数点他にも持っているということもあり、こちらは、予備のような存在でしたので、今回のリメイクに選びました。

今回作ったのは、ミシンカバーです。

私のミシンは、JUKI社シュプールTL25という型番です。

同じ型番のミシンをもってみえる方、特にご注目くださいね。

おおまかな手順

ここで、おおまかな手順をお知らせしたいと思います。

①元のエコバッグ解体:縫い目をすべてほどきます。

②型紙作り:単純な3パーツのみです。

③裁断+芯貼り

④取っ手部分くりぬき作業

⑤組み立て作業

⑥表地と裏地の縫い合わせ

以上です。

この中での、一番のネックは、④の取っ手くり抜き作業の位置です。

ポイントとなる箇所

インテリア的にも映える薔薇柄のミシンカバーを作ってみた記録
ミシンの取っ手:カバーがついたまま持ち可

ミシンには、通常、持ち運び可能なように、取っ手が部品として付けてあり、もともとのビニールのカバーもこの取っ手の部分をくり抜いて作ってありました。

ビニールは、いずれ破れてしまい、永遠のものではなかったです。

そのきっかけで今回新しくミシンカバーを作ることになったわけでもあります。

この記事を書いている時点では、もうすべて終了しているので、取っ手のくりぬき口の正しい位置をどこにしたら一番使いやすいかなどは最終的には、分かりました。

しかし、途中の過程では、なにしろ、初めて作ったミシンカバーなので位置を失敗しましたよ( ;∀;)。

位置を失敗して2度ほどいてやり直しましたので、結構日数もかかっていますが、やはりどうしても、最初からはどの位置にしたらよいか、くり抜きのサイズなど、なかなかつかめなかったです。

製作過程

製作過程に関しましては、YOUTUBEに詰め込みましたので、ご覧くださいませ。

YOUTUBEの中で、お話はしていますが、ここで、しっかり記載したいとことがあります。

今回の私のミシンのシュプールTL25の場合ではありますが、くり抜きの位置は、ど真ん中であるハギの中心の縫い目の縦線から右に1cmの位置でありながら、ど真ん中より1cm下の位置に表から見たときにくり抜き穴が見える位置が一番ぴったりでした。

インテリア的にも映える薔薇柄のミシンカバーを作ってみた記録
くり抜き穴の位置

私も最終的に分かったことなので、この写真は、中心から3cmの位置になってしまっていて、しかも、ど真ん中の縦位置になってしまいましたが、もう生地が残っておらず、良しとしました。

ややこしいのが、表地はひっくり返す、裏地はひっくり返さない、ということです。

通常縫うときは、裏面からミシンをかけて、ひっくり返しますので、ど真ん中の場合だと前面と後面が対象のものなのであまり考える必要はないですが、真ん中より1cm下で出来上がるようにということは、裏から見ると真ん中より1cm上に下図を描かなければなりません。

このあたりが、間違いやすいというか、私も最初意識しておらず、失敗しました(^_^;)。

どうぞ、ご注意くださいね。

もう1点のレビューとしては、3cmx12cmで作ってしまいましたが、もっとずれた時の柔軟性を持たせ、4cmx15cmなどと、くり抜きの枠を広げておいた方が、後々使いやすいです。

どのみち、おおい布で口をふさぐような形に作りますから、穴が大きいからと言ってホコリの心配もないですしね。

その辺りも、次回作る時に活かしたいと思う部分でした。

では、YOUTUBE動画貼りますので、どうぞご覧くださいね。15分ほどあります。

あとがき

今回実は、一番時間がかかったのが、最初の解体と、間違えて2回ほどやり直してほどく作業だったということです。

作るという作業より、ほどくという作業の方が当然スピードが何分の1かになりますので、時間がかかります。

ミシンカバーも当初のものが破れたら、布で自分の好きな柄や色のものにするとより愛着がわきます。

ミシンは特に、どこかへしまい込んで視界から消え去るというケースよりは、重いものであるし、そのまま目に付くところに置いているのが常であることが多いでしょう。

そうすると、インテリア映えする柄とか、お気に入りの柄であると、見るたびに、気持ちがいいですよね^^。

では、これで終わります。

バッグをお作りしています。

よろしければご覧くださいね。

こちら

picturesque
picturesque

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください