18金の割金に銀や銅が使われるもっともな理由があるんです【582】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

このたび、いったん、鉱物の本、「鉱物の博物学:松原聰/宮脇律郎/門馬綱一 著」を読み終わりました。

図鑑のようになっていて写真が大変豊富なイメージのしやすい本。

こちらからの学びとして金が自然の中から見つかって宝石の地金として作られていくにあったて、そのまさに発見の時の場面などにスポットを当てたいと思います。

24金単独だけで存在しているのではない現実

炭鉱のゴールドラッシュの時代のイメージとして、キラキラ光る金を山で掘り当てるイメージってありますね。

実際の話というのはかなり現実的なもののようで、24金がギラギラと存在しているのではないようなんです。

だいたいが、コンビとして、銀とかどうなどと混ざり合って合金の状態で発見されるというのです。

最終的に、アクセサリーに合金として18金が出来上がっていくのですから、この発見される状態の合金というのが割金に銅や銀が使われるヒントというか、まさに答えとなります。

つまり、一緒に存在しているということが、縁があるのです。

具体的に、その縁というのが、金とか銀は、もともと元素から成り立つ元素鉱物という種類のものなんです。その原子配列というのは、銀、銅と同じであるので、それらと合金を作りやすいとのこと。

よってもともと近い仲間のような素材同士だったということです。

発見される状態というのが、1つの状態だけではないようで、粒状、樹枝状、苔状など様々あるようです。

とてもバラエティーに富んでいるみたい。

あとがき

YOUTUBE動画内では、もう1つダイヤモンドが元々どこにあるものなのかというお話もさせていただいた2部構成です。

こちらもとてもロマンを感じていただけるかも。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

スクエアの形に徹底的にこだわった18金ジュエリーマルチカラー【438】

〇ネっクレス:K18YG台のビッグクォーツ。インクルージョン入りの天然の証が見られ、色は黄緑。縦20mmx横18mmの大粒。チェーンは、K18YGのずっしりと重みのある線径の厚い粗喜平50cm。
〇ブレスレット:K18YG製の喜平2連。
〇リング:左は、K18YG台のマルチカラーのスクエアのハーフエタニティリング。サイズは14号。右から、ブルートパーズ、ペリドット、ルビー、シトリン、アメジスト。間にダイヤモンドがストライプ状に設置。右は、K18YG台の1色使いのスクエアのハーフエタニティリング。サイズは13号。グリーン色のトルマリン1色使い。左のマルチカラーの方と同じ作りで、間にダイヤモンド。

【おすすめコーデ】

 バッグの形、ベルトのバックル、パンプスのバックルなど、視線の行く部分がスクエアな形のものとの相性が〇。

スクエアアメジストと、七宝焼きのストライプを組み合わせたジュエリーコーデ【397】

〇ネックレス:地金K18YGたっぷりのスクエアあずきのショートネックレス。長さは、K18YGの留め具含む40cm。
〇ブレスレット:エルメスのバングル。ゴールドベースに、エンジ、カーキグリーン、ブルーなど暗めの色のマルチカラーがストライプに描かれた柄。内周は18cm。 
〇リング:K18YG台に迫力の縦25mmx横15mmのスクエアビッグアメジスト。カラットは20カラット台。もサイズは18号程度。 

ご注文フォームこちら。

地金とのステーション配置でフォーマル過ぎないネックレスを利用した日常お洒落着用のパールコーデ【421】

〇ネックレス:K18YG製のボリュームあるラウンドチェーンに7mm程度のあこや真珠がステーション状に9粒設置。長さは58cm。
〇ブレスレット:ネックレスとお揃いのステーション仕立て。K18YGのあずきチェーンに8粒の7mm程のあこや真珠が設置。ピンクがかった部分が多い珠。 
〇リング:全2点。左は、K18YG台のマヴェパールと呼ばれる大粒珠。サイズは13号程度。 右はピンキーリングのようなK18YG台のピンキーリングっぽいデザイン。サイズは14号程度。

【おすすめコーデ】
やわらかなUの字を描くステーションネックレスは、ラウンドネックのラインの洋服にふんわいりとなじみそう。 丸いイメージは、水玉の柄などにもぴたりとマッチ。

本真珠素材への徹底的なこだわりで、たくさんの着け回しができる豪華セット【423】

で。

〇ネックレス:2点。長い方は、台がK18YGの5mm程度の7粒の淡水真珠の小花トップ。K18YG製のラウンドチェン。長さ60cm。短い方は、K18YG台のあこや真珠4mmほどの6粒の小花トップ。K18YG製のあずきチェーン。長さ50cm。
〇ネックレス:K18YG製のボリュームあるラウンドチェーンに7mm程度のあこや真珠がステーション状に9粒設置。長さは58cm。
〇ブレスレット:あこや真珠の3mm程のベビーパール一連。色味がピンクがかったお品。
〇ブレスレット:ネックレスとお揃いのステーション仕立て。K18YGのあずきチェーンに8粒の7mm程のあこや真珠が設置。ピンクがかった部分が多い珠。 
〇リング: 3点。すべて、K18YG台であこや真珠。サイズは、左からブーケ14号、5つ花13号、6つ花15号。
〇リング:全2点。左は、K18YG台のマヴェパールと呼ばれる大粒珠。サイズは13号程度。 右はピンキーリングのようなK18YG台のピンキーリングっぽいデザイン。サイズは14号程度。

【おすすめコーデ】
 かわいらしい雰囲気を活かし、フリルの入った洋服などにもマッチ。 ペンダントの2連がVの字になるので、、同じVの字空きの襟元にもすっきりと合いそう。

翡翠と言えばこのタイプが思い浮かぶようなクラシックな翡翠ネックレス【432】

〇ネックレス:天然翡翠。典型的な翡翠のイメージそのままのグリーン色。粒は7mm程度。長さは、K18YG製の留め具含む45cm。 
〇ブレスレット:古いものだと翡翠のグリーンが濃くなるのだとか。こちらは、よりダークな色のグリーン。粒のサイズは7mm程度。長さはK18YG製の留め具含む21cm。 
〇リング:同じ翡翠のパープルがミックスされた美しいくり抜きリング。幅13mm程。ボリューム感あり。サイズは15号程度。 

ブラウンダイヤにこんな天然石を合わせてみた!【440】

〇ネックレス:根元から3連でできている個性あるねじりネックレス。ずっしりした重み。長さは45cm。
〇ブレスレット:シャンパンクォーツという名前の天然石の楕円7mm程度のサイズで多面カット。留め具はK18YG製。留め具含め長さ20cm。


〇リング: 台がK18YGのブラウンダイヤとホワイトダイヤの交互の変形ストライプデザイン。リングの幅は、一番太い所で10mmと幅広。

アメジストはK18YG、K18WGどちらと相性が良いのかの私見【442】

〇ネックレス:2点。下から順に、長い方はK18YG台にやや大粒アメジストのスクエア15mmx10mmのトップ。18YG製の58cmのチェーン(チェーンの名前不明)。短い方は、K18YG台にやや小粒アメジストのスクエア10mmx8mm。K18YG製の48cmのパイプロープチェーン。
〇ブレスレット:3点。いずれもK18YG製。内側から、ベネチアンチェーン、喜平チェーン、フィガロチェーン。
〇リング:K18YG台の、アメジストのスクエア調デザイン。サイズは13号

【おすすめコーデ】

 パープル系の柄物になじむように、もしくは、グレーなど暗めの色や寒色系に合わせるのが〇。

丸い、パステルカラーの2つをキーワードに組み合わせたモルガナイトと翡翠のネックレスセット【436】

〇ネックレス:1本ずつの2連使い。2本とも天然石の名前が不明<m(__)m>。グリーンの方は、「ニュージェイド」という石に似ています。ピンク色は、「モルガナイト」あたりの予想。いずれも染めをしていない天然の色。共に留め具K18YG含む45cm。
〇ブレスレット:翡翠のくり抜きバングル。クリーミーなメロン色。内周は18cm。
〇リング:和田玉(ホータンギョク)という翡翠の仲間の天然石。くり抜き型でボリューム大。およそ17号。ネックレスやバングルのクリーミーさとリンク。