売上仕訳の2タイプ:既製品販売の事業タイプと、オーダーメイドやレンタルの予約販売の事業の違い【612】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

余計な在庫を持たないという目的で行われる、「予約販売」。

しかし、それが本当に余計な在庫を持たないのかというと、厳密には、どこかの事業者さんかが材料の在庫を持つ係にはなるのです。

よって、それも完全な無在庫という効果が出る販売形態であるかというと、私が思うには半分程度の効果なのかなと思いますね。

予約販売には、有名なものでオーダーメイドがありますが、一から作るという点で製造からお手元までに届く時間がかかってしまいますので、その点はデメリットです。

ということで、今回は、経理部門の仕訳が、販売形態によって違うという2種の違いをご紹介したいと思います。

私の事業の2種がちょうどそんな違う種類の販売の仕方なので、その例として、今回「売上」という仕訳にスポットを当てて、この売上計上をするタイミングの違いが、2種である点などを見ていただきたいと思います。

ハンドメイドバッグは既製品で、レンタルジュエリーは予約販売という形態の場合

私の場合、ハンドメイドバッグは既製品です。

オーダーメイドを行っておりませんので、その設定です。

そして、レンタルジュエリーは、先に料金をいただいてからレンタル品を発送する順番でスタートしますので、予約販売の部類に属しています。

上と下とで販売の仕方が少し違うので、仕訳が異なります。ベタなのが、上です。既製品をそのまま販売というもの。基本的な、「売掛金-売上」という仕訳を使います。下は、予約的な要素があり、予約販売に属します。上と下との大きな違いは「売上」科目が入金前なのか後なのかという点です。

YOUTUBE動画内で結構詳しくお話させていただいておりますので、動画を貼りますので、その後、動画の補足的な部分を記事に書きたいと思います。

ハンドメイドバッグでもオーダーメイドだけで行っている事業の場合は、私の例でいうレンタルジュエリーと同じ仕訳になるので、事業の分野だけでどちらなのかということではないです。

ハンドメイドバッグだから上側ということではないです。

くれぐれも、「売上」という科目を使って計上できるのは、「税法」などの税務署さんからの決まりとして、「発送」という行動が伴います。

入金していただいただけでは、発送がまだであれば、売上は立ててはいけないのですね。

ここはとても重要な点です。

発送が起点になっていれば、発送後の到着確認後を売上とするなどいろいろあるのですが、一番早いのが、発送した当日というもの。

私はこれが一番スピーディーに計上できるので、これにしていますし、このタイミングしている会社が多いかと思います。

結局一番わかりやすいですし、大きい会社だと、リアルタイムに売上データが出ますものね。

あとがき

動画内でお話させていた中で、「仮受金」や「売掛金」はいずれ取消が行われる末路である仕訳であり、決算時には極力、ミニマムにする作業をするものです。

その他、「〇〇金」と呼ばれるもの、「仮払金」、「未払金」、「買掛金」という風に末尾に金が付くものというのは、ちょっと言い方が変ですが、今だけの仮の状態的な要素があり、最終目的は、取消して抹消されることが望ましいのです。

ということで、1つの取引が終了した時というのは、「〇〇金」が取り消される仕訳が必ず入ってくるといったものです。

そう考えると少し理解しやすくなるのかなと思いました(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

待ち期間が長い受注生産品の購入体験から考えたショッピングにかける時間の長さについて【273】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

人それぞれ買い物をするスピードって違うようですね。

短い時間で即決していく人、じっくりと時間をかけて選びたい人。

今回の記事では、買い物=ショッピングに費やす時間に焦点を当ててみたいと思います。

そこにはスピードと心の関係があるような気がします。

私が買い物に費やす時間の長さ

私は、食料品意外の、日用品や、雑貨類、洋服類は店舗ではなく、ほとんどインターネットのサイトのお店での購入です。

ここ近年、このことが徹底してきました。

どちらかと言えば私は、買い物をスピーディーにしたいという考え方です。

基本的には、スピーディーがモットーではありますが、物によっては、時間をかける物もあるんです。

では、あるまとまった品目別に買い物にかける私の時間の違いをお伝えしてみますね。

日用品

まず、日用品。

これは、トイレットペーパー、シャンプー、歯ブラシ、掃除用品などですが、もう、今は、上記の商品は、ピンポイントでこれだなどと決まっているので、リピートして、いつも同じお店で全く同じ商品を買います。

それが、とてもスピーディーで楽なんです。

物があふれているネットではありますが、自分なりに、価格と品物の良さで、今やお気に入りが決まっているのが日用品だと思います。

かたや、品物が決まっているので、お店が違ってもいいものですが、いつもの流れがあるんです。

宅配業者がいつもと同じような時間に、同じように配達してくれる安心感もあって、とても安定した買い物ができているので、1つのお店に決めてしまって、他を見ていないです。

これって、完全に決めたお店を信頼しているということですね。

洋服

次は、洋服類です。

これには、靴や、バッグやアクセサリーも含めて考えたいと思います。

洋服の分野は、私が得意な分野なので、ある程度見分けたりして選ぶ時間は必要としますが、それでも、短い時間で決まる傾向です。

自分が好きな物がはっきりしているというか、とても、テイストが偏っているので、あれこれ迷うことは少なく、これだ、ってピンと来たものを買うのみです。

洋服が決まれば、靴屋バッグもおのずと連動して決まりますので、全体としてはかける時間が短めだと思っています。

それほど高価なものを買っていないとうことも時間が短くて済む理由にあろうかと思います。

高価だと、より、付加価値などをじっくり検討したくなってしまい、ついつい、慎重になりがちですからね。

食料品

次は、食料品です。

私は、これに一番時間をかけるのかもしれないです。

理由は、無添加へのこだわりがあります。

同じ商品でも少し高くても、完全無添加の商品を選びます。

無添加を謳っていない商品は、裏側の原材料の表示をじっくり見て、判断しています。

1点1点の買う食料品に対して必ず裏側の表示をチェックしますので、それは結構な時間が経過します。

すべてが無添加の商品を扱っているスーパーというのは、私が知るところでは、存在していないと思っています。

それぐらい、食品というのは、添加物が付帯していて当たり前の世の中なんですね。

そうしないと、食料品の日持ちが非常に悪くなるので仕方ない部分もあるのですが、体には毒です。

以前の記事でも書いていますが、原因不明の出来物(粉瘤:ふんりゅう)が脇周辺や、腰周辺に2年連続してできたことがあり、両方とも切除の手術をしたことがあります。

原因不明なので何ともいえませんが、それ以来、私は、なぜか添加物のことが気になっています。

その粉瘤も余計なもの、添加物が原因であったとは断定できませんし、お医者さんも原因は分からないとのことでした。

しかし、それを機会に、ファストフードと添加物の見直しを自ら徹底しましたので、それ以来、スーパーでもかなり慎重になっています。

ですから、まとめますと、私が一番買い物に時間をかけるのが、実店舗で手にしながらの購入の食料品であるということになります。

受注生産商品の待ち時間について

あなたは、受注生産品の購入ってされますか。

そして、それは、どんな商品でしょう?

私は、受注生産の購入の経験というのは、かなり少ない方です。

しかし、少ないながらも、記憶にはあります。めったにないので逆に覚えているもので。

数回の経験ではありますので、数少ない例ですがすべて、リング(指輪でした。

リングはサイズ展開があり、売る側としては在庫を多くかかえてしまうことになるので、最初から作ってしまわずに、購入の意思決定後に作業するというわけです。

ですから、自分の意思でオーダーメイドしたことはなく、やむなく、お店側のシステムに乗る形で、数週間待つわけです。

こんな数回ではありますが、受注製作品を体験した結果私が思ったこと、それは、時間がかかりすぎるということです。

時間がかかって出来上がった商品があまりその期間に見合うものではないとも思いました。

ここからが、私が、重要であるポイントとしてお伝えしたいのですが、特に、こういうファッション類の品物の買い物っていうのは、とても気持ちと密接な関係があります。

結果として、商品が届いたころには、購入時のホットな気持ちがかなり冷めています。

やはり、1-2日で届けてもらえることがホットな気持ちのキープの限界だと私は感じました。

ですから、私の場合は、待つ時間の多い買い物というのは向いていないようです。

即決して、すぐに手にして、すぐに使っていくことこそが、心が満たされるようです。

あとがき

ということで、買い物にかける時間が短く即決するタイプの私のような人は、待ち時間が長すぎると心に変化ができてしまい、気持ちが変わってしまう可能性さえあるということです。

この体験は、後に私が、商品を発送する側になる時に、良い教訓となりました。

お客様が、早くほしいのだという言葉をたとえ言われていないにしても、スピーディーに届けることって、その迅速さに感動して気持ちが良いのです。

では、これで終わります。ありがとうございました。

私自身がお作りしておりますバッグがございます。よろしければどうぞご覧ください。

こちら

picturesque
picturesque