2022年のYOUTUBE動画のオープニングとエンディングのメロディー自作の元音源【858】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

2021年の12月頃から、2022年に向けて、いろんなリフレッシュを行いました。

2022年1月からだと他の忙しさにかまけてなかなかうまくできないので、よく、11-12月にそういったリニューアル的なことをやるタイプみたいです。

同じ時期に同じような考え方と思われる人がチェンジしていたりしたので、一定の数の方が次の年に入る少し前にリニューアル作業をすることがあるみたいですね。

私も、1つリニューアルをしていまして、YOUTUBEのオープニングとエンディングをここ数年毎年変えています。

音楽が好きなので、ただの拘りです。特にそのまま同じでずっと永続的でも、それはそれである意味ブランディングになるのかもしれません。

自分の気持ちの変化に従って、変えたいなと思うのがちょうどこの時期なわけですので、気持ちに従ったものとなります。

弾ける楽器というのがピアノが少しです。

過去は長いこと習ってはきたものの、クラッシックの粋を超えられず、ジャズにも入り込めず、ロックも好きでジャズも聴くのは好きという現在はその程度ですが、メロディーの美しいものに関しては音楽の分野を問わずとても注目しています。

音楽の分野を問わず、この分野の音楽のこの曲が好きとか、結構幅広くいろんな曲に目を向ける方です。

今回、抜粋して、元音源のあれこれメロディーを紡いで作曲した音の中から同じ曲の部分違いでオープニングとエンディングに当てはめました。

オープニングとエンディングを別の曲にすることも考えとしてはありますが、1曲で今回はやってみました。

特に曲名は付けなかったYOUTUBEのオープニングとエンディングの元音源の公開

では、何気ないミスタッチだらけの元音源ですが、いずれも、2ターンのそれぞれの末尾の部分をオープニングとエンディングに採用しています。

結局録音の時にそこそこうまくとれたからそこでやめたから末尾に来ているわけですね。

よろしければご視聴どうぞ↓(^-^)。

あとがき

実は、コードの技術持っておりません。

押さえた和音、音の重なりが超基本的なCDEFGAB以外はどんなコードに表されるのか全く分かりません。

けれども浮かんだメロディーや伴奏は何かのコードを自然に作っているのだと思います。

浮かんだメロディーをアウトプットするのって結構楽しいものみたいです。

何かハンドメイドバッグのデザインにすごく似ている。

アイデアをアウトプットして作ったバッグ=曲みたいな(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

本物志向のレンタルジュエリーこちら。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください