毎日はくような日常の消耗品的シューズのスエードバージョンお手入れ方法ご紹介【675】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ジャージスタイルの時に、バレエシューズをコーデするのが私の定番スタイルとなっているみたい。

ジャージスタイルにスニーカーは、よほど遠方へ歩いたりなどの足を保護したい時で、自転車で駅まで。。など少しだけの外出時にはバレエシューズがさっと着脱できて、スムーズだと感じています。

おまけに、リボンがちょんと付いていてキュートです。

ジャージのざっくりさを何かバレエシューズが調和させてくれているかのようです。

ところで、今回、天気が変わる前の大雨の日々の泥の付いた雨の汚れをお手入れしておらず、お手入れしていく様子を私の例としてご紹介。

スエードの場合のお手入れ例

スエードは毛羽がポイントの素材なので、リキッドタイプは基本的に使わないことにしています。

スエード用のリキッドも出ているようですが何となく気が進みませんでして、スプレー式の補色をしています。

では、それも含めて、ご紹介です。

まず、やることは、汗をかいた裸足ではいた靴の中敷きをお湯でしぼったタオルハンカチで拭いて、垢などを除去することです。

床に新聞紙を2枚重ねして、更にフルに広げて横に2セット並べるようなスペースを一応とりました。靴は本スエードのバレエシューズ。手前の点々が特に汚れている雨の泥です。
まずは、中敷きをお湯でしぼったタオルハンカチでふくというもの。これを帰宅後すぐにまめにやっています。今回のリフォームに限らずおすすめしたいですね。常に気持ちが良いものです。
次に、馬毛の柔らかいブラシでとりあえず落とせる部分を易しく除去。
それでも落ちない部分が、上の写真の手前のような泥の部分です。もっと硬いブラシで、削ぎ取るように落とします。

スエードは何度もこするのが良くないとは思いますが、ここは普段使いのはきつぶしていくものということの割り切った気持ちから、結構思い切ってやっちゃいます。

それでも難しい場合は、お湯でしぼった先ほど中敷きをふいたようなタオルハンカチなどで拭きます。

スエードはけば立った素材なので、その点は肝に銘じて、やむを得ない場合のみ湯で拭いたりをしています。

次は仕上げの補色です。コロンブス社のスエード用補色スプレーです。
パワーが強いので、こうして、紙でおおって中敷きに補色剤が付いてしまうのをカバー。
そうして、このようにすっきりとお手入れ完了です。

ステップとしては、

①靴の中敷きをふく

②汚れを落とす

③補色スプレーを塗布

の3ステップです。

お手軽でとても効果のある身近なやり方です。

あとがき

結局は、何のためにお手入れをするのかというのも、長い目で見て持ちがよくて、コスパの良い商品であった結果にするためです。

製造業者も使い手も互いに喜べるかと思います。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください