スマホ、通帳、眼鏡、マスク、ティッシュ等、バッグに入れる小物がとことん収納可能な超絶シンプルポーチ【642】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

少し大き目のもったいないなあと思うような余り生地があった際には是非こんなポーチをご検討を。

ミシンができる人は、とてもスムーズに簡単製作可能、ミシンを全くしない方は、私とかミシンができる人から「もらう」という方法でたくさん行き渡ったら良いなあと思うような感じの良いポーチが出来上がりました。

製作手順を大雑把にご紹介

型紙はこれ1枚のみ。特徴は入り口フラップの逆台形のデザイン。一流ブランドのケリーバッグなどの形からデザインを引用。
この斜めの分量は、大きすぎるとよくないです。だいたい1cm強くらいの幅の範囲の斜線です。
生地はフリース。日本製の良いものです。グレー色がフリースらしくて渋いです。接着芯(ニット芯)が貼ってあります。
開閉は、マジックテープを同色グレーにて。二度縫いで丈夫に縫い付けます。
裏には、ハード薄芯で当て芯をします。開閉時にかかる圧力に生地が丈夫に耐え得るためというのが目的です。マジックテープはこの縫い合わせ前の段階でオスもスも縫い付けておくのが余計な縫い目が隠れてすっきり仕上がります。
1cm内側に2枚を折り曲げて、縁2mm程を1周ステッチで固定。
三つ折りして、袋部分の両サイドを二重ステッチ。そして完成です。

完成レビュー

完成です。縦11cmx横18cmxマチ無しです。
すっきりとしたデザインです。わずかな逆台形のフラップの効果はやはり大きいです。ストレートデザインよりもかっこよさがアップしますね。

このサイズ、スマホ、通帳、ティッシュ、マスク、その他の小物と結構いろんなアイテムに対応するものです。

ポーチってどうしても化粧ポーチが女性向けに作られたものが多くて、多いわりには、ほとんどが縦の長さが大きすぎます。

こうした縦をスリムにしぼったサイズはコンパクトで使いやすいです。

硬いものではなく、ふんわりしたものなので、余計なサイズは必要ない最低限なシンプルポーチです(^-^)。

あとがき

よく、エコバッグをガソリンスタンドでもらったなど、日常的に使うものほど無料のものをお使いになっている人は多いと思います。

今回のようなポーチもハンドメイドバッグを製造する側の私から見て、値段が付けられません。

おそらく、こういったものをわざわざ購入しないのが現実のようなんです。

そうすると、作ることが可能な人が「あげる」ということで人に行き渡っていくのが良さそう。

今回の作り方も、この1つ前の記事のメモホルダーと同様、ひっくり返しをしていない作り方です。

縫い代を1cmで2枚を重ねて縁をミシンで縫うというもので、きちんと合わせるとか、型紙に忠実に裁断するというポイントさえ実行したら綺麗に出来上がっていきます。

単純な作りでシンプルでも、使い勝手の良さとかお気に入りのサイズ感などと大きく価値が出る部分があればとても素晴らしいと思います。

そんなことのヒントになればと思いました(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください