<出会い>アミュレットのほんの小さなペンダントトップをどう活かすのか【522】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

アミュレットリングとか。アミュレットネックレスなどと呼ばれるものがあります。

このアミュレットの意味は、「厄除け」、「お守り」など。

マルチカラー配色の、縁起などの良いとされる天然石を集めて1つのアイテムに入れ込んであるところに価値があるようです。

ただ、その選択された天然石があまりに多種多様。

全体では、カラフルな感じでポップなイメージに映ります。

マルチカラーもカラフルすぎるとカジュアルな印象になる

K18WG台のアミュレットペンダントトップ:直径8-9mmくらいの小粒です。一番上から時計回りに、ペリドット、シトリン、ガーネット、ピンクトルマリン、アメジスト、ブルートパーズが配置。真ん中は、アクアマリン。

アミュレットに使われる石の数は、7色であることが多いですが、7という厳密な決まりはないようです。

そして、その中に使われる石の種類も特に決まりはないようですが、カラーの感じの違う石を持ってくるので、こういったカラフルなポップな感じに仕上がることがほとんどのようですね。

どの色が主役などというのが無い分、結構難しいと考えます。

アミュレットアイテムを活かす1つの案

では、こういうカラフルな感じをどう活かそうかということです。

1つじんわりと思い浮かんできているイメージは、ペンダントトップではなくて、ブレスレットのチャームの1つにしてみてはどうかというもの。

ブレスに他にもいろんなチャームを取り付けて、その中のカラフルパーツとして活躍してもらおうというもの。

にぎやかで明るいお品になるとよいです。

あとがき

マルチカラー楽しいですね。

〇〇系のマルチカラーと少し色が偏った綺麗さもありますが、今回のアミュレットのようなカラフルでにぎやかな感じも活動的な印象です。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください