セキュリティー性のあるバッグのポケットの究極な位置を考えてみた【385】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ハンドメイドバッグを作る時に、セキュリティー性を意識しています。

その1つとして、ポケットが密閉したお部屋としてその役割を果たしてくれることが多いです。

今回は、1つポケットを取り付ける究極な位置についてアイデアがふと浮かびましたので発信しようと思いました。

ポケットを底に取り付けるアイデア

こんな図を書いてみました。

底面が独立したタイプのバッグにより向いているかとは思いますが、ハギになっているようなトートバッグも隠しポケットなら不可能ではないと思っています。

こんな風にマチの幅が18cmほどはないと深いポケットにならないのでマチが大きいパーツというところは一番のポイントだと思います。

そこへポケットを縫い付けます。

思うに、ファスナー付きの隠しポケットが一番いろんなタイプの底の状況に取り付けやすそうです。

この効果は、底部分に大切な物を入れて、手を中に入れたときにすぐに物が奪いにくい状況を作ります。

そして、入っている場所が自分で正確に把握できることもメリットで、見なくても、ピンポイントに手触りで中に大切な物が入っていることを自分で確認します。

再度とか前後の側面だと2種ずつあるので、手探りではどちらかの2択で外れることがあるのがストレス。

しかし底というのは、1つしか存在しないのです。

ストレスのないご使用が実現するのかなあと思っています。

あとがき

ポケットも多すぎるのもかえって混乱の素です。

けれど、このように分かりやすい場所でありながら入り口から遠い場所という究極な箇所への設置、どんなものでしょうか。

まだ、私は作っていませんが、先にアイデアとしてお伝えしました。

よろしければ、作ってみてください。

実際に使う場面での効果というフィードバックが得られるとよいですね(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください