ハンドメイドバッグ製作、正しい綺麗なカーブラインのための接着芯貼りと裁断のタイミング【297】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

新規の生地でのハンドメイドバッグ製作に入りました。

早速ながら、前の時の課題の場面がありましたのでその課題解決も兼ねて今回の記事にしました。

ゆがみやすい生地などは、普通に何も考えずに裁断するとパーツが左右対称にならずに不格好に出来上がってしまうようです。

バッグは、左右対称というバランスってとても大切だと思います。

そこで、今回まず最初の裁断とか芯貼りの段階ですべてが決まるような重要な場面を見つけましたのでご紹介します。

カットしていない大きい面積の状態の生地に接着芯を貼ってみた

今まで、接着芯を貼るタイミングというのが、生地をそのまま型紙に当ててカットした後、芯地を単独で型通りにカットするか、芯地を粗裁ちして接着したあと周りの余分をカットして整えるかのやり方でした。

今回は、今更ながら初のやり方、一番最初の生地の状態で接着芯を全面に貼ってしまうやり方を表地に対してやってみました。

そうすると、その後、型紙に当てたカットしてから触ることがないので、結構緻密に裁断できるようだと判明。

もともと縦の長さが35cmしかない横長の生地の状態ですので、これぐらいだと今回の一気に接着芯を貼ってしまうやり方が可能です。この写真で、横向きに映る短いラインは生地でいう縦にあたります。
芯地をだいたいぴったりのサイズでカットして接着します。横などがはみ出しても、このやり方であれば気にしなくてよいことになります。この後、結局型紙に当てて裁断するから縁のはみ出した部分は結局余るからです。
こうして裁断したカーブのラインは非常に綺麗で、しかも真ん中で折ったときに綺麗に左右対称になるという地の目がしっかり整ったものになっています。

一方、裏地は、1mくらい縦があったため、面積が大きすぎて、小さくカットしながら、このやり方を取り入れました。

裏地は、細かに1パーツずつで、型通りに裁断せず、裏地自体を粗裁ちして、接着芯を貼ってから、裁断するということで、表地のやり方に似せました。
その結果、こんな感じでカーブラインも正確に裁断できました。裏地のみでの裁断はハサミがすべり、綺麗に正確にできないと改めて痛感。

今後の大きな変革になるような学びが今回ありました。

裏地も、できるだけ、表地と同じように最初の大きなパーツの時に一気に芯地を貼っておいて、その後裁断するやり方に今後変えていこうと思いました。

接着芯を貼ってからの裁断は、劇的に上手く行くと確信。

あとがき

今回のやり方は、扱いにくい、へなへなした生地があまりにも美しいからどうしても使いたい場合など、難しいと分かっていながら取り扱う場合にとても効果を発揮すると思いました。

ということで、まとめると、

1)アイロンで地の目を整える、2)接着芯を全体に貼る、3)パーツごとに裁断する

このやり方でそもそもの土台を左右対称なきちんとしたものにしてから縫っていくということを徹底したいと思います。

ラインは意外と出来上がりのぱっと見に影響するもの。

わあっ、綺麗!と思うようなものが出来上がる土台の場面が結局とても大事だと言えます。

では、今回はこれで。

ありがとうございました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください