ハンドメイドバッグで失敗したポケットが2個付いた裏地を着替え入れに再利用した記録【252】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

この1つ前の番号【250】の記事の続きのような内容です。

ミックスツイードのリュックを作ろうとして失敗したのですが、その時に、裏地をボツにしました。

しかし、片玉縁風のポケット、そして、フラップポケットととなかなか充実のポケットを持つ共布リボンひも付きのその裏地は、何か役に立ちそうに思えてきました。

ということで、今回、同じ裏地の生地がまだたくさん残っていたので、それを追加して、あるものをお作りしました。

今回の裏地の素材について

今回の裏地は、普段使う裏地とは違ったものだったのがそもそも【250】での失敗の原因の1つにもなっています。

あまりにも薄手なのです。

しかし、とてもツヤがあって美しい生地でもあります。

スクエアなジャカードがすごく粋で、カーキグレーというような中間色も素敵なんです。

ジャカードなので、表と裏が同じ柄の色違いのように濃淡でこれも今回のデザインとして利用しているしだいです。

生地名不明(スクエアドットジャカード)、ポリエステル/100%、日本製。・・・左の薄い色が失敗したハンドメイドバッグの裏地の再利用、右の濃い色が新たに追加した裏地。ジャカードはこのように同じ生地を両面使いできることがあるので、デザインの幅が広がって楽しいです。

表地の役割の方に追加した方の濃いカーキグレーを持ってきました。

裏地だけで作る着替え入れ

元々ある再利用の裏地と同じ型紙で新たに用意した濃い方のカーキグレーに、接着芯を貼り、トートバッグみたいに本体を地縫いします。
マチも同じサイズで作ります。
取っ手です。少し丈夫にする為にジグザグステッチを入れました。
裏地がもう出来上がっている状態なので、とても楽ちん。縫い合わせて、同時に取っ手も挟み込んで縫い付けて出来上がりです。ここに見えているポケットは、内側の片玉縁風のポケット。

完成レビュー

ふんわりな軽い袋みたいなバッグが完成。着替え入れ、温泉用、タオルストックなど、軽い衣類などを入れる入れ物として活躍してくれそうです。

後でよくよく見てみると、ポケットを外側に持ってきたい場合リバーシブル使いも可能です。

あとがき

失敗したけれど、ボツ裏地をこのように使えて良かったです。

極薄にも極薄の魅力があり、用途があるのかもしれません。

こちらもYOUTUBE動画がございます。どうぞご視聴くださいませ(^-^)。

ありがとうございました。

終わり。

picturesque(ピクチャレスク)

ハンドメイドバッグは、ヤフオク、creemaで販売中です。

どうぞお立ち寄りくださいませ。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください