ベネチアングラスのペンダントは何テイストでつけるとかっこいいのか、カジュアルorエレガント?【188】

まえがき

ベネチアングラス。

イタリア生まれの伝統工芸のガラス細工のこと。

日本でいう、トンボ玉とか、びいどろとかそんなあたりにその様相を同じくする美しいガラスです。

今では技術を要するこの製作の人手がないとのことで、希少なお品になるかもしれません。

今回、私は中古品をメルカリで購入させていただきました。

とてもお洒落で美しいです。

かっこいいペンダントにするにあたり、チェーンを工夫する

ベネチアングラスのペンダント:縦5cmx横3cmのビッグなスクエアモチーフ。こういった大ぶりなトップはごつくなりがち。できるだけライトなイメージにするためにチェーンを金属(ステンレスのゴールド)にしてロングペンダントにしてみました。

よくありがちなのは、ベネチアングラスをドーンと引き立てるためもあるのか、丸紐なんかを時には束ねていくつかの層にしてセッティングしてあるものを見かけます。

が、しかしそれがごつくなる原因になるなのではないかと懸念。

ここは、ペンダントトップに色がよくなじみ、その色の延長上にあるようなゴールドのチェーンがいいと私は考えました。

もちろんもともと穴だけあいたペンダントトップしかなかったので、そこへ、カスタムが入ります。

今回もうすでにカスタムしてしまった状態にあるので、カスタムしていく過程を映していないのが申し訳ないです<m(__)m>。

簡単にまとめると、まず、チェーンを材料として用意し、ニッパーでバチカン用にカット。

そして、チェーンの穴同士を丸カンで留めます。

1個だけだと不安なので2個使いで。

そして、さらに向きのこともあり、さらなる2セットの丸カンをつなげ、そこへチェーンを通すという作り。

ポイントは、バチカン用のチェーンの穴が大き目で丸カンが通るものでなければならないということ。

そこそこ線径の太いものがよいということも安心ですね。

ペンダントのチェーンがステンレスなのだから、部品となるバチカン部分のチェーンも丸カンももちろん同じステンレス製です。

ここはそこそこ良いレベルのコスチュームジュエリーを作るためにこだわりたいところです。

その他のジュエリーアイテムとのコーデ

さて、ペンダントが完成すると、ジュエリー同士で組み合わせを考えます。

ジュエリー、コーデ両方好きな私は、この時がとてもウキウキします。

そして、合わせた組み合わせがこちら。

ブレスは、チェーンなどと同じステンレス製のボックスチェーン。遠目で見るとボックスチェーンのスクエアがペンダントトップの形のスクエアとリンク。そして、リングは、エンポリオアルマーニのコスチュームリング。金の土台にマーブルの柄の樹脂。ペンダントの柄と何となく合います。遠目で見るとこの何となくが、より一層、合っているように映るだろうという、ある意味挑戦の組み合わせです。

リングもスクエアな形をしているので、こちらもトップやブレスの形とマッチ。

こんな感じでスクエアモチーフを基本にした色はゴールド中心のジュエリーセット組みが完成しました。

洋服とのコーデ

そうすると最後は、洋服とのコーデとなります。

順番が、ジュエリーからスタートのコーデとなりますが、こんな順番も合っていいのかと思います。

今回の主役はベネチアングラスのペンダントですからね(^-^)。

さて、まずは、色を考えます。

そして、洋服の素材を考えます。

そうして、私としては2点の色のワンピースにたどり着きました。

薄オレンジのワンピース:この色は、ペンダントトップの中の1色の色に同じです。こうして、色を新たに加えるのではなく、今まで登場してきた色の中だけで解決していくというのは、スッキリとかっこよくまとめる秘訣とも言えます。
黒のワンピース:黒のワンピースは注意点があります。喪服寄りにならないよう、気を付けるというもの。あまりにきちんとした雰囲気の物は喪服を連想してしまうので注意です。

では、この黒で懸念の喪服寄りになってしまうのを気を付けなければならいという点で、どうしたら喪服みたいにならないのか。

これを考えます。

それは、まず、素材。喪服はてろんとした高級感ある素材ですので、その逆の、綿や麻などのがさっとしたカジュアル感ある生地が良いと考えます。

絶対ポリエステルがだめということではないですけれど、確実に喪服から離れるには。。という対策としては良い方向に行けます。

洋服のデザインは、フリルがごちゃごちゃ入るよりも、シンプルなすっきりとしたラインが、結果ベネチアングラスが引き立つかと考えます。

けれど、喪服寄りから遠ざけるには、そこそこデザイン性があっても良いでしょうね。

では、洋服とジュエリーを並べてイメージを膨らませてみました。

薄オレンジ色のワンピースとペンダントトップの下の方に少し入っている同じ色、リングのもやもやの中のオレンジ部分の色がリンクして楽しいです。
黒はペンダントトップにもリングにも入り込んでいる色ですので、うまくなじみます。けれどもゴールドの部分も多いジュエリーなので映えるということにもなりそう。

ベネチアングラスは結局何テイストで付けるとかっこいいのか?

さて、記事のメインタイトルに迫ります。上の洋服コーデは、洋服自体のテイストにはあまり迫っていませんでした。

私の結論としましては、カジュアル寄りの民族テイスト(ネイティブテイスト)が良いかと思います。

黒の喪服に寄りすぎないという部分の意識ももちろんありますし、黒の洋服でいくと決めた場合に特にこのテイストが効果が出そうです。

ベネチアングラスそのものが生まれた背景がその地方特有の民芸品なので、そこをコーデの雰囲気に込めていくのが素敵なのかなあと思います。

そうすると、何かラテンな雰囲気の民族衣装のような雰囲気のワンピース、洋服が一番浮かびます。

あとがき

以上、コーデをジュエリー同士、洋服とのコーデという2段階にわたって行ってみました。

私はいつもこのようにアクセサリーだけでコーデして、洋服と合わせていきます。

たくさんアクセサリーを持っている場合こういった方法もあるということです。

最後に悩むということが少ないかもしれないので、ぱぱっと準備が進んでいくかと思うんです。

今回もYOUTUBE動画ございます。

よろしければご視聴どうぞ(^-^)。

ありがとうございました。

まだまだジュエリーコーデに関してはいろいろやっていきたいです。

この、「ごつくなりがちなシリーズ」は、結構ありがちな場面なので他のベネチアングラス以外のアイテムでもやってみたいですね。

例えば、木彫りのペンダントとか、七宝焼きとか。。。

終わり。

私が現在行っているレンタルジュエリーというレンタルがあります。

セットで2週間借りていただけます。

ヤフオクでの出品の形、当ホームページのフォーム入力での形いずれもOK。

そして、ハンドメイドドバッグもヤフオク、creemaで販売中。

どうぞ一度お立ち寄りくださいませ。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください