デニムxネオンカラーのコンビ生地で作る、結ぶタイプのお弁当袋【174】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

夏という季節になんだかネオンカラーが合うと思ってしまうのはなぜなんでしょう。

あの明るい色目が、明るい太陽のもとで元気に躍動するみたいな。。

このたびは、そのネオンカラー的な色を集めたはぎれが余っていましたので、デニム素材とのコンビでネオンカラーでお花のアップリケをした、お弁当袋を作ってみました。

ネオンカラーはそれとは対照的な濃くて強い色に映える

今回のデニムはネオンカラーの組み合わせのコンビの相手としては申し分ないでしょう。

ネオンカラーはバックが強くて、暗めの色に映えることでその良さが出ると思います。

そうすると黒はやはり一番最強でしょう。

しかし、今回ははぎれ。強い色味で余り布としてあったものが、インディゴデニムであったということです。

<表地>インディゴデニム(だいたい10オンス程度かと思われます)、綿/100%、日本製。・・・濃いめの紺色なのでわりと強めな色目です。この写真だとかなり光が当たって明るく映っていますが、次の写真で結構ダークな紺色だと分かります。
<アップリケ生地4種>イエロー、オレンジ、ピンク、青の4カラーでお花の花びらをアップリケしていきたいと思います。これらは、ブロードとかローンです。裏地が付かないので縁の始末に関しては一重仕立ての場合悩みます。今回は、この中のイエローカラーのブロード生地が多めに余っていることから、入り口の縫い代始末、底の縫い代始末を共にこの生地でラッピングしました。サイド部分は、三つ折りをしてステッチをかけましたので縫い代始末が表地そのもので可能でした。

ラッピングの方法

まず、巾5cmの長いテープを裁断。長めに裁っておいて最後に余分をカットする方法。
まず、1.5cmの縫い代で本体と中表同士でステッチ。余談ですが、サイドの三つ折り始末が映っていました。サイドだけならこれが可能でしたが、上下は三つ折りで分厚い所をさらに三つ折りして無理が生じるので、ラッピングの方法が厚くなりすぎずつにさっぱりと仕上がります。
そして、くるみ込んで縫い閉めます。

アップリケのお花の形

8角形の花びらパーツを表面と後ろ面用に2枚ずつ用意、5cm四方の正方形パーツはデニム生地の裏面を使い、花の中心部分を作ります。
縫い代1cm程を折り込み、ゲジゲジをすべて隠します。
実際にミシンで糸の色を生地に合わせてたたきます。幾何的なお花ですね。

リボンが取っ手代わりになるお弁当袋の完成

あえてもう1点特徴を上げれば、今回のお弁当袋のタイプがリボンタイプであることです。

蝶々結びをしてそのまま取っ手のように持ち上がります。

結構大き目で、サイズは、縦17cmx横23cmxマチ10cmです。
容量は、850mlの容器が2段重ねでらくらく入るほどありました。
このようにしっかりと入り口も閉まります。入口タブの役割も結構なものです。

マチに関しては、入れるお弁当箱の幅とぴったり一致しなくとも、10cm程度で十分だと思いました。

最初15cm程でやってみましたが、15cmともなると縦が短くなってしまい、生地が余分に必要。

どのみち、マチは、本体部分との境界線があいまいなので、10cmにしておけばあとは入れる時に対応してくれます。

15cmというのはマチを見込みすぎだと思いました。

それでも、結果的にちょっと失敗だった点は、お花がそもそも大きすぎたこと。

お花の一部が、底部分へ行ってしまったのです。

お花がそもそも大きすぎてマチに突入してしまったのが残念な失敗点。
底から見るとよく分かりますね。

あとがき

ネオンカラーはなんとなく元気になれそうな明るい色です。

お弁当袋には気分を良くしてくれる向いたカラーだと思いました。

もともと巾なり10cm程度の長さのみの、少しのパーツに利用しただけのネオンカラーだったのですが、それでも余っていたところ今回使い切りが出来ました。

すべて日本製の生地です。

今回YOUTUBE動画ございます。よろしければ、どうぞご視聴くださいね。

ありがとうございました。

私がお作りしております、ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで出品させていただいております。

また、ヤフオクには、レンタルジュエリーという本物志向のアクセサリーをセットでレンタルできる事業もございまして、合わせてご覧くだされば幸いです。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください