オーダーメイドを受けて知る、バッグに求める機能の人それぞれの個性【3】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回の記事も、実際に製作したオーダーメイドバッグは、2018年10月のことでしたが、その時にブログ記事にしていなかったので、現在2020.07.07で、YOUTUBE動画を振り返りながら記事を書いた次第です。

このオーダーメイドは、間違いなく、その後の機能を意識した製作に影響を与えたことだったと思います。

オーダーメイド依頼者様はどんな人なのか

この時のオーダーメイド内容は、ショルダーにもなる、リュックにもなる、そして、ドラムのスティック入れも設置されている。。。などいくつかの機能が明確でした。指示書も書いていただき、この方の頭の中が理解しやすいものでした。

友人が習う、ドラムの先生で学生の方(男性)です。

年齢が20歳前後でお若い。

そうなんだけど、学生さんらしい緻密な指示書が大変希望が伝わりやすく良くできたものでした。

では、指示書をいただいてから出来上がるまでの特に機能の部分にスポットを当てたショットでどうぞ。

支持書は1枚。写真に納まりきらなかったので、2枚で上下になっていますが、A4程度の用紙にびっしりといろんな指示書が書かれていました。
このような指示書から読む以来者様の嗜好が分かるようです。何か入れるものを常に入れ物におさめたい人です。例えば私だと、かなりおおざっぱな1部屋タイプのバッグでも十分なのですけれど、小部屋をいくつか設ける設計のバッグになる予感です。
先程の支持書の一番下あたりが実際この作りとなりました。ペンと書いてありましたね。そして、ケーブルとかモニターとかタバコ、ライターもそれぞれのお部屋へ入れたいのです。ちなみに生地は、ダイヤの折柄が入った、黒無地。綿/100%、日本製です。
2WAYでリュックとショルダーに使いたいとのこと、有難いのは、よくわからない部分をおまかせにしてくれるところ、そんなところも何か理解があると感じました。こちらは、リュックのショルダーを取り付けてある背面。リュックが中心で、たまにショルダー使いとのことなので、取り外し可能なリュックにしてあります。
ペットボトル入れも欲しいということで、さてはてどこに付けたものかと思うのですが、指示書にリュックにしたときの向きがメインなので、その向きのサイドの下の方です。巾着型ですね。
デザイン的に赤の十字ラインを付けたいとのことで、赤いサテン生地でテープを作り、ミシンでたたきつけました。ちなみに。最後に撥水加工もしていまして、この水滴は撥水施工中です。
また、中側に何かメッシュのケースをポケットとして取り付けてほしいとのことで、大サービスの上下2点を違うタイプで。上はゴムの入り口のくしゅっとなった貼り付けケース。下は、縦長の貼り付けケース。見にくいかもしれませんが、右側は、ドラムスティックが6本入る縦長ポケットです。
バッグをショルダー使いにした時にあま蓋を開けたときのすぐ内側の様子。
ドラムスティックポケット周辺の様子、再び。底板も取り付けてあります。あまり大きすぎずということなんだけど、ドラムスティックの40cm相当が収まらねばなりませんので、その辺りが、ぎりぎりで作ることになり、大変難しかった点です。ドラムスティックの上部を共布ベルトが支えます。
撥水施工場面再びです。リュック仕様のてっぺんは、こうなっています。左側に見えているのは、ショルダー使いの時のショルダーベルトです。車のシートベルト材と同じ物を使用。上部です。

あとがき

ということで、このように作りました。完成したしっかりした写真が残っていなかったです、残念(+_+)。

十字架の赤いラインの表面をお見せしたかったです(^_^;)。

YOUTUBE動画を貼りますね。

かなりいろいろ勉強になったオーダーメイドバッグでした。

そのことに感謝したいですね。

その後、2年程経過した現在、もし、再びこれを作るとなると、かなり違った箇所がでてくるかもしれません。

これを作ったからこそ、今が違っているわけですね。

終わり。

私がお作りしておりますハンドメイドバッグ一覧をどうぞ。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください