服の数の多さは必要なし、柄や色に特化した統一感あるシャツ3着のラインナップのみで最大9通りの装いが作れる【396】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

時々ネットでクローゼットがご紹介されているのを拝見します。

お洋服がクローゼットにたくさんあり、専用の靴棚をオーダーメイドし、100足相当もの靴やバッグがディスプレイのように並べてあります。

これらは、セレブ様のワードローブによく見る風景です。

「見せる」という意味では効果のある風景なのですが、時々疑問もあります。

「その隣同士の靴、どこに違いがあるの?」など。

果たしてそこには無駄はないのであろうか。。

見る人は違いに気づくのであろうかと。

今回は、もっと現実的にそれぞれのファッションアイテムがコスパ良く着用でき、それでいて豊富なワードローブのようなリッチさが感じられるお洋服の集め方をたった3着のみのシャツを例に図解説させていただきたいと思います。

現実的なシーンでは、3着を順番に着ていくのですが、一見少なそうな3着のみでも決して「乏しい雰囲気」にはならない秘訣があります。

是非ご一読どうぞ(^-^)。

豊富な組み合わせの実現は、てんでバラバラなテイストを避け、好みのテイストを据え置き、その中での3種の展開をしていくのが良い

では、シャツを例にミニマムなたった3着をどんな色でどんな柄なのかというポイントを交えながらお話してまいります。

クセのない定番デザインをまずは選択。このような「シャツ」アイテムを3点展開していきます。

まずは、柄の統一というコンセプトで集めてみます。

キーワードは「チェック」です。

チェックといっても、ギンガムチェック、タータンチェック、グレンチェックと種類が分かれますので、この3つをそれぞれポイントにして色はどんな色でも自由に選びます。

インディゴブルーのギンガムチェック、トリコロールカラー系のタータンチェック、グレンチェックです。
どれもそれぞれ同じチェックの仲間なのに、違いが感じられる選択です。

色はてんでバラバラでも、ベースに「チェック」が据え置かれていますので、チェックにこだわったラインナップなのです。

チェックだらけで同じように見えてしまうことを、そのチェックの種類の違いで解消しているのです。

「チェック柄」をベースにした拘りの3点。チェックの種類は発揮と違いの分かる3点がお勧め。

このようにして、もう1つ違うラインナップを考えてみます。

今度は、先ほどこだわったチェックの柄というポイントを外し、「モノトーン」を基盤に据え置くことにします。

そうすると、こだわりのある無彩色コーデになります。

それでも柄がそれぞれ全く違うので、たった3点でも面白く新鮮にラインナップが展開されるのです。

「モノトーン」をべースにした拘りの3点。今度は色を統一しているので、柄はてんでばらばら。
1つ基準が設定してあるのでこれで良いのです。

前者と後者では随分展開の仕方が違います。ここにラインナップすることの面白さが生まれています。

この他のベースは、「素材」もよろしいかと。

例えば、デニムばかりを違うトーンの色で展開したりなど。。

また、色を3点共黒にして、シャツそのもののデザインに変化を付け、それぞれが違うシャツであることで、全く色が同じということがかえって攻めた集め方になっていきます。

とにかく、ご自身の好みに応じて「色・柄・素材」を統一したシャツに決めるとその後のボトム選びがしやすくなることに気づきます。

ボトム選び:シャツのラインナップを見ながらなので決めやすくなります。
一度に3点集める場合でなくても、途中の差し替えの集め方でも有効だと思います。

あとがき

お洋服もたくさん持つという「量」ではない、素敵な装いになるところがゴールだと思うのです。

あえてミニマムな3点でこのたびご紹介しましたが、3点でも十分に現実的だと思います。

ここへボトムを配置すれば、幾通りかの装いの種類になり、それぞれが統一感ありながらこだわりもある豊富な装いが完成するのです。

トップスx3着とボトムx3着で、最大9通りのコーデが出来上がるのですから、3着というのはミニマムに見えても非常にポテンシャルを秘めた数字なのです。

統一感あることをポイントに置くことで、それぞれの組み合わせの優劣が少なくなり、どれもおしゃれだと見る人を魅了する可能性があります。

かえって難しめなのが、3点に「ベースの統一感なるもの」を作らないという集め方。

コーデは基本自由なので、これも無いわけではないですが、完成する組み合わせはそれほど豊富にははならないでしょう。

まずは、この度ご紹介の「柄・色・素材」を意識するところから中身のリッチなワードローブをご検討してみて下さいませ(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください