きめ細やかな肌の源は、朝晩の泡立て洗顔の硬い泡にあり【189】

毎日、朝晩と2回もこもこ泡立て洗顔をしています。
米ぬかの固形石鹸です。
このように横向きにしても下に落ちない、硬くてきめの細かい泡を片手にこんもりとなるほど作ります。
そして、泡をつぶさないように顔にふんわり乗せて、洗面器に入ったぬるま湯でパシャパシャとこすらずに流します。
細かい場面なのですが、この泡とぬるまゆの間の空間がやさしいソフトな空間であることが大切。
お化粧の前のベーシックな肌作りといったところですね。
20代前半からずっと続けていることです。
また、石鹸のご紹介や、やり方などを紹介しますね(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください