プレートの組み合わせで作るハンドメイドバッグの表に見える糸目がそろわない課題と解決方法【77】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、同素材5型シリーズの最後の型、ミニリュックの後編です。

同素材シリーズもいよいよ最終となりました。

スタートして3週間ほどかと思いますが、私自身いろいろ学びました。

何か、このようにブログとかYOUTUBEなどで伝えることをすると、自分自身にもたたきこまれますね。

アウトプットのメリットというものですね。

では、今回は、ミニリュックが出来上がっていきますので、どうぞお楽しみに。

我流で始めたプレートの組み立て方式のバッグ作りの大きな課題

今回に限らず、私がほとんどのバッグに取り入れている製作方法の組み立て式ですが、これに1点大きな課題があるんです。

縫い目のことです。縫い目は板状のプレートパーツにするときに、周りに端から3mmのステッチをたたきますので、まず、そこで線が出ます。

そして、通常、バッグは表面と後ろ面があるので、表と後ろそれぞれでその縫い目が作成。

その後、いよいよ組み立てをして縫う時に、当然ながら縫い線が出ます。しかも2度縫いするので、2本です。

この2度縫いに関しては、同じ方向から縫うので、1度目をたどれば正確にその上に重なることができます。

ところが、あらかじめ、プレート状にしたときの3mm地点のステッチとは合わないことがあります。

物理的に困難だったりすると、どうしても幅が3mmちょうどにはいかず、大きくなることがあるんです。

その結果、表から出来上がりを見たときに、このような線が複数に映ることが起きてしまいます。

このように縫い線が複数に現れて綺麗でないです。隠しポケットを上の方に取り付けすぎてそのでこぼこで縫い目がずれた原因もありますが、そもそも複数の縫い線を作ってしまう製作方法に課題があるかと考えます。外側の線がプレート状のパーツに仕上げたときに端から3mmのステッチ。組み立ての時のステッチは、端から4-5mmに入り込んでしまっています。なので、一見、内側にずれて縫ってしまったということも言えますが、根本的には最初のプレートを作る時のステッチが余分であるとも考えられます。

線が複数にならずびしっと決まる解決策とは?

ということで1つ考えてみたのが、プレート状のパーツにするときの端からのステッチを無しにして、空き口はボンドのみにしてみるという方法です。

そうすれば、余計なステッチが出ませんので、線としては綺麗に出る可能性があります。

ただ、その一方、しっかりとプレートを作らないままの組み立てとなりますので、しわが寄ったりしないだろうかなど別の課題が出そうな気もします。

とにかくやってみなければ何とも言えないので、後日その方法をした結果をまた、ブログとYOUTUBEでアップしていきたいと思います。

プレート状のパーツ本体(左)と口布(右):縁にステッチをかけて固定していますが、このステッチをやめてみるとどうなるか、うまく綺麗に縫い線が出て、しかも綺麗に縫い付けられるのかというのが今後の試みになってきます。左の本体のパーツの空き口は底の部分でこの写真には写っていないですが、縫う代わりにボンドになります。そして、周りのカーブのあたりは何も縫わないので少々不安定な状態で組み立てをせねばならなくなります。右側の口布は、周りはすべてボンドになります。ここまでたくさんボンドを使うことが果たして大丈夫なのかということもありますので、とにかく、近々実験して検証が必要だと思っています。

完成レビュー

今回は大きな課題が残る中での完成でした。

ミニリュック完成:縦23cmx横22cmxマチ7cm

今回で、5型すべてが作り終わりました。

以前の巾着型は失敗してしまいましたが、形としては出来上がらせましたので、後日また記事で同素材シリーズのレビューと、ネーミングをしたいと思います。

1点1点デザインに名前を付けることをするというものです。①などは、アルマ型と呼んできましたが、もともとアルマという呼び名は、フランスの橋からの由来のヴィトンならではの呼び名のように思われて仕方ありません。

もっと私ならではの、そして、外国に販売していくということにあたって、日本らしい名前を付けたいと思います。そのあたりもお楽しみにどうぞ。

あとがき

今回、150cm幅x1.5mの長さの生地を5型作った時点で余った生地は、こんな感じです。

余った生地:縦が20cmほど、横が40cmほど。

もう1度、失敗した巾着を作りたかったですが、表面のパーツは取れても、裏面が無理でした。足りないんです。

ということで、アルマ型を丈を短くして底部分を改良したいということもあったので、丈を2.5cm削ったアルマ型で、足りないショルダーなどは巾着型の失敗作を外して使ったりして何とか作ってみようかと思います。

それができると生地をほぼすべて1.5m分使い切ったことになります。

この余った部分を除外しても生地1.5m分で5型作れたということは、単純に平均1.5÷5=0.3mずつですんだということです。普段1点物のして調達する生地は最低でも0.35mで調達しますので、だいぶうまくパーツがとれたことになります。

やはり、同じ生地でたくさん作ることにはこうしたメリットがあるようです。

大量生産の概念ですね。

今回は企画であったので、同じ素材ばかりを使ってきましたが、普段はなかなかそんなことはないです。

よってレア企画です。やはり私のような小さなお店は1点物志向が良いかと思っています。

今回の企画は、半1点物といった感じですね。

では、YOUTUBE動画を貼りますね。

ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグ一覧をどうぞ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください