バッグの隠しポケットの裏側の構造【68】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、ただ今続行中であります、同素材5型製作シリーズの、3点目、巾着型です。どうぞ、ご覧くださいませ。

大きな改良点が2点あります

2点大きな仕様変更があります。それは、1つは、巾着型には、今までショルダーを縫い付けてきましたが、取り外しにしました。

このことで、前に作りましたアルマ型とバニティ型もショルダーを取り外しに変えます。

そして、もう1点の仕様変更は、変更というより、追加になるのですが、巾着型に取っ手をシングルで取り付けることをします。

やはり、すべての5型に取っ手がそれぞれ付いて、ショルダーも取り外しできてという統一の設定にした方が良いと思いました(^-^)。

取っ手を作る場面は、後編のポイント場面にしようかと思います。

前編の中のポイント場面

ところで、前編の中の製作過程のポイント場面なのですが、出来上がりで表側からは決して見ることのない隠しポケットの裏側の作りです。

やや地味なな場所ではありますが、ここも私ならではの工夫があります。

ということで、隠しポケットの中でも、ファスナーを取り付けた後の場面になります。スタートは、ここから。

このように隠しポケットのファスナーを取り付けました。まだこの時点で裏側をとじていない状態です。その裏側がどうなっているのか、それが次です。
裏側は何も縫っていなくてピロピロです。縦に長いポケットの袋と袋の延長布の端を合わせて縫い代1.5cmに印を付けて、待ち針でこれぐらい細かく留めます。
そして、2度縫いで往復して、ミシンで縫います。
アイロンで縫い代を割ります。
今は、ポケットの袋が上下の向きでいうと上側に付きだしています。ポケットの袋の輪の上面のみを持ち上げて、するりと下へ移動します。
移動するとポケットの袋の位置が本来の定位置におさまるように配置されます。あとは、両サイドを縫えば、完全にポケットの袋がとじられます。
そして、右のサイドから順番に縫うのが良いと思いますが、縫い代2.5cmを縫います。もともと隠しポケットのボックスを作図するときに、ポケットの縫い代を含めた横幅から両サイド2cmずつの縫い代分合計4cmを差し引いて作図したのですが、実際、左側にはファスナーのスタート地点の留め具があり、それを表に見せたいので、ファスナーの構造上、縫い代が2cm以下に限定されてしまいます。よって、おおよそ、左側は縫い代が1.5cmほどしか取れないということに実際はなるのです。そうすると、計算からは、右側のこの部分は縫い代は左側より1cm多く2.5cmで合計4cm分縫い代をとって、最初の計算に合わせる理論です。両サイドの縫い代が左右で違ってもポケットの容量は同じです。縫い方は、返し縫いを繰り返しながら1度で縫っていきます。
左側は綺麗に縫い易い向きがポケットの袋の底の部分からのスタートの位置となります。そうすると、ファスナー部分が最後にあたりますから、ストンと前述のように輪を下に落とした端っこを把握しやすいのは、ファスナーがスタート地点にある右側なので、下から縫い始める左側は順番が後の方が正確に縫えると考えます。縫い代は前述のように1.5cmほどです。右側よりは狭いですが、縫い代としては、1.5cmは十分です。こちらも返し縫いをしながら一度縫いです。

あとがき

今回は、スポット場面がやや地味な、隠れた部分でした。出来上がりの表からは、見ることのない場面。この時でないとその機会はありません。

ということで、ある意味貴重な場面だと言えるかもしれません。

では、YOUTUBE動画を貼ります。

ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグ一覧もどうぞ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください