やや複雑なランダムボーダー柄の柄合わせをした高級なA4横サブバッグ【56】

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、サブバッグをお作りしました。

A4横型のとっても当たり前のサブバッグです。

ただ、この当たり前のそこらじゅうで容易に見かけるようなシンプルな作りが、個性的な素材のチョイスと、ボーダーの柄合わせで劇的に素敵になるということを試みてみました。

まずは、製作過程の前半の記事になりますが、柄合わせ場面にポイントを当てていますのでどうぞ。

今回使用の生地

表地が、ランダムな細ボーダーで、グリーンとゴールドのコンビが非常に美しくクールな生地です。

一方裏地は、驚きのゴールドラメ。

ゴールドの生地って存在するのです。衣装用の生地です。

左:表地-シルク混マルチボーダーという名前の生地。日本製。綿/46%、ポリエステル/24%、絹/20%、麻/10%。グリーンxゴールド。
右:裏地-クリスティーヌという名前の生地。日本製。ポリエステル/60%、メタル/40%。ゴールド。

表地の先染めマルチボーダーは、グリーンとゴールドのコントラストがクールで美しいです。

一方、裏地のクリスティーヌは、衣装用の生地らしく、ゴージャスです。メタルという糸の素材が個性的でバッグに使用する意外性といったころが面白味があるかもしれません。

ランダム細ボーダーの柄合わせの仕方

では、今回のポイント部分です。

まず、何よりも、裁断を正確に行うということが大切です。

A4横サブバッグの本体のパーツ2枚:1枚に4-5ピッチ分の柄のまとまりが入っています。同じ位置に同じ柄が来るように2枚を真隣りの位置に裁断するのがよいです。そうすると右の写真のように同じ高さで並べた時に柄がそろいます。
本体だけではなく、取っ手も柄が同じ位置になるように裁断して、後程この効果をレビューしたいと思います。(取っ手パーツ:縫い代を含んで、幅5cmx長さ40cm)

そして、脇を縫う場面の待ち針で留める時が大切です。何も考えずに柄を意識せずに待ち針をきちんと留めて普段の通りに縫うと残念なことに柄がずれます((+_+))。

この場合は少し+@な作業をします。

バッグ本体の脇の部分をこのように見ます。そして、柄の一番目立つグリーンの濃い、太い部分からぴったりに柄を合わせて待ち針していきます。
できるだけ、細かく待ち針を打つのが望ましいです。これによってわずかに縫い代が上下にずれても、柄を優先するということです。

そして、両脇をミシンで縫ってきました。

うーーん、1mm程度ではありますが、わずかにずれていますね。おしいです。100点ではないですが、これで一応良しとしました。
はい、こちらのサイドは100点だと思います。これぐらいのぴったり感で柄がそろうのが理想です。ぴったり感が眺めていて気持ちがいいです。

ランダムボーダーだから難しいのかと思われるかもしれませんが、どんなボーダーだってぴったりにそろえば100点、ずれてしまえば、残念な見栄えになるので、すべて結果です。

柄のピッチや大きさはそれほど関係ないのではないでしょうか。

あとがき

今回は、A4横サブバッグのランダムボーダー柄の柄合わせのコツをお伝えしました。

次の記事では、後半で完成まで行きます。

では、今回のYOUTUBE動画もどうぞご視聴くださいませ。

ありがとうございました。

私がお作りしていますバッグの一覧もどうぞ。

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください