天然石の美しさがぐっとくる、厳しい合格ラインに乗った連の天然石のネックレスとブレス【585】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

【575】の記事でレンタルジュエリーの商品にはならなかった天然石をご紹介しました。

今回は、その続編のようなものです。

その後、その中でも、選ばれた天然石の方にスポットを当てます。

今後レンタルジュエリーの商品になっていくものです。

どこが決め手なのか

今回は、こういった感じのオーバルカットで統一の透明感ある淡い数種類の天然石。

左上から半時計回りに、カイヤナイト、アメジスト、アメジスト、シトリンです。

宝石らしい透明感ある粒になります。ひらぺったいオーバル型をしています。

これらの宝石はなかなか高価なものです。

そして、つなげて、連にしました。留め具はK18WGの、引き輪、ダルマ板、つぶし玉x2個です。

ネックレスの方が色が豊富にミックスされています。ブレスはそれよりは色が青味に偏ります。

これなら、18金やプラチナの地金と良い勝負ができそうな宝石らしいマルチカラー天然石の連になったと思います。

色は淡いですが、マルチカラーなので、お洋服にも合わせやすいものになったことが、以前の1色だけ、もしくはバイカラーの連からの発展です。

あとがき

こうして見てみると、透明感ある今回のような天然石の連はなかなか見つかりません。

濁ったなら濁ったなりの良さもあるのですが、その辺りが、実際は商品であるということの厳しさです。

カジュアルではないお出かけの上品な高級感あるお品になるには、これくらいのレベルを考えます。

よって、それほど簡単には連のジュエリーもアップはできないですが、アップするとなるとこれくらいのあっと驚く美しさがあるものになりますね。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

■<48>本物志向のレンタルジュエリー♪■セット価格:2週間¥5,500(送料無料)■K18YG、天然石■グリーンアメジスト、レモンクォーツ、アメジスト、フローライト、シトリン、カナリートルマリン■12号、13号■【587】・・・現在レンタル中

ご注文フォームこちら。

お立ち寄りどうもありがとうございます。

picturesque(ピクチャレスク)と申します。 

ちょっとお出かけ用にもご利用できるお気軽なレンタルジュエリーをご提案(^-^)。

お好きなセットを見つけられたら、どうぞお気兼ねなくご落札いただいて2週間¥5,500のレンタルをお楽しみくださいませ(^-^)。

【ルール】
①当方で決めたセット組み限定。

②リングのサイズ(すべて12号以上)、ブレスの長さ(すべて18cm以上)などのお直し不可。

③発送日の翌々日からのカウントで14日間(2週間)、返却日発送日は、最終日が期限。

④送料は無料。ヤマトさん。返却の際には同封の着払い伝票(記入済)をご利用。

⑤必須事項:お取引の一番最初に免許証の写真の添付メールをご提示。

⑥ご入金確認後の発送(ご入金が確認できるまではいかなる理由でも発送不可)。

⑦料金:14日間(2週間)で1セット=¥5,500(送料無料)。3セットごとに▲¥1,500お値引き(例・・・3セットの場合:▲¥1,500、5セットの場合:▲¥1,500のまま、6セットの場合:▲¥3,000)。ポイントは記録しますので、その場で3セットに満たない場合も、次回の1セットで実行させていただきます。

⑧延長:延長依頼は、③に沿って、最終ご返却日までにメールなどでご依頼。延長料金は、1週間ごと。1週間延長で¥1,100/w。新規の時点では、MAX1か月レンタル可能ですが、延長でもう1か月、最大2か月最大ご利用いただけます。延長料金のお振込みの遅延などは、直ちに商品をご返却いただくことになりますので、延長料金のお支払いは延長スタート日の前日までに速やかに支払いをお願いします。

※【最初のレンタルスタート時からMAX2か月を決めておられる場合につきまして】

この場合も、1か月を新規、次の1か月を延長といたしまして、計算致します。延長のお支払いのタイミングは上述と同じです。

【もっと長期間レンタルされたい場合につきまして】

最大2か月後、いったんご返却後、日にちをそれほど空けずに再び新規レンタルとしてご契約いただけます。事前にご予約お願いします。

⑨早期返却:新規レンタル期間の1週間の内に、お品物が思ったものと全く違ったなどは、クーリングオフ制度の事もある程度考慮させていただき、お早めにご相談くださいませ。その他、延長期間の最後の方で、最終日ちょうどにはご返却がご都合上難しい場合に、数日前倒しでご返却いただく場合、その後の日程調整に合うレンタル日のご利用がされたい場合が出てきた時は、その日数をカウント、延長料金の¥1,100÷7d=¥150/dを計算して、次回のレンタルジュエリーの新規ご利用時のお値引きに加味させていただきますので、正味のご利用日数に見合ったご料金に調整ということをさせていただきます。

⑩返却期限を過ぎてもご連絡がつかなくなる、商品未返却などは、1発レッドカードでしかるべき措置。(内容証明送付/裁判所:賠償金/警察:窃盗・詐欺・差し押さえ) 

レンタル内容:¥5,500/2週間(税込・送料無料・・・セット組によって数の違いがあります。写真のアイテム数。】
〇ネックレス:K18YG留め具に天然石の32面、64面カット(8mm、10mm珠)の一連。黄色はレモンクォーツ。パープルは濃淡ありフローライトの中に混じるアメジスト、グリーンフローライト、グリーンアメジスト、メロン色のプレナイト。長さは95cmのロング丈。
〇ブレスレット:K18YG留め具の64面、64面カットの天然石の一連、レモンクォーツ、グリーンアメジスト、フローライトの3種。
〇リング:K18YG台に縦17mm程のやや大粒シトリン。写真にはオレンジがかって映りましたが、もっと実際は黄色寄り(オレンジといったシトリンもあるものの、こちらは黄色のシトリン)。多面カットの楕円が美しい様相。サイズは12号。
〇リング:K18YG台のカナリートルマリン。蛍光色寄りなライム色の黄色がエキゾチック。お花モチーフ3連デザイン。サイズは、13号(実際のはめ心地14号に近い)。

【おすすめコーデ】 
オレンジグリーン系のお洋服にどちらかというと相性が良さそう。意外と薄いグレーなどのワンピースをロングのネックレス達が面積広く、華やかに盛り立ててくれそう。

ご注文フォームこちら。

マルチカラーの天然石のロングネックレスを仕立ててみました【530】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、久しぶりに自分のみで作業するリフォームです。

マルチカラーのロングネックレスを作ってみました。

5種程の天然石から作るグリーンxイエロー系のマルチカラーネックレス95cm

当然綺麗なうっとりするようなものを目指します。

左上から、レモンクォーツ、グリーンアメジスト、プレナイト、フローライト、マスカットジェイド。最後のマスカットジェイドは不採用。何か形が多面カットでなくて、雰囲気が違って仲間外れ。これはこれで、同じようなクリーミーなものとの組み合わせが良いのかも。今回は、除外しました。
こちらのモスコバイトも不採用。赤みのある色はどうも汚かったのが通してみて分かりました。

そして、追加投入の中に思わぬ良きスパイスが。。

写真の右下にひっそりと映る、フローライトに混じるアメジスト。これは採用です。思わぬ良きスパイスとなりました。この少しだけという量がポイントだったかと後で思いました。
そして、95cmのロングネックレスに完成。特に凝ったこともしておらず、決まった並べ方を繰り返しました。レモンクォーツは存在感があって数もあったので、2個連続で入れ込みました。
95cmともなると撮影がなかなか難しいもの。どうしてもショート丈のように一部を映すしかしょうがないです。出来上がりは、グリーンxイエロー系のマルチカラーのネックレスになりました。留め具は、K18YGの大きいものを使いました。結構な重さもあり、バランス的には、留め具は大きめのサイズがにふさわしいです。

あとがき

今回使った釣り糸は、4番という結構太めのもの。

天然石の穴が結構大きめだったので行けました。

今までは、個別にショート丈のもっと色が偏ったもの数点からのリフォームでした。

マルチカラーになったことで、お洋服に合わせやすくなったかと思います。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

■<72>本物志向のレンタルジュエリー♪■セット価格:2週間¥5,500(送料無料)■K18WG、天然石■ダイヤモンド、ペリドット、サファイア、アメジスト■14号■【593】・・・現在レンタル中

ご注文フォームこちら。

お立ち寄りどうもありがとうございます。

picturesque(ピクチャレスク)と申します。 

ちょっとお出かけ用にもご利用できるお気軽なレンタルジュエリーをご提案(^-^)。

お好きなセットを見つけられたら、どうぞお気兼ねなくご落札いただいて2週間¥5,500のレンタルをお楽しみくださいませ(^-^)。

【ルール】
①当方で決めたセット組み限定。

②リングのサイズ(すべて12号以上)、ブレスの長さ(すべて18cm以上)などのお直し不可。

③発送日の翌々日からのカウントで14日間(2週間)、返却日発送日は、最終日が期限。

④送料は無料。ヤマトさん。返却の際には同封の着払い伝票(記入済)をご利用。

⑤必須事項:お取引の一番最初に免許証の写真の添付メールをご提示。

⑥ご入金確認後の発送(ご入金が確認できるまではいかなる理由でも発送不可)。

⑦料金:14日間(2週間)で1セット=¥5,500(送料無料)。3セットごとに▲¥1,500お値引き(例・・・3セットの場合:▲¥1,500、5セットの場合:▲¥1,500のまま、6セットの場合:▲¥3,000)。ポイントは記録しますので、その場で3セットに満たない場合も、次回の1セットで実行させていただきます。

⑧延長:延長依頼は、③に沿って、最終ご返却日までにメールなどでご依頼。延長料金は、1週間ごと。1週間延長で¥1,100/w。新規の時点では、MAX1か月レンタル可能ですが、延長でもう1か月、最大2か月最大ご利用いただけます。延長料金のお振込みの遅延などは、直ちに商品をご返却いただくことになりますので、延長料金のお支払いは延長スタート日の前日までに速やかに支払いをお願いします。

※【最初のレンタルスタート時からMAX2か月を決めておられる場合につきまして】

この場合も、1か月を新規、次の1か月を延長といたしまして、計算致します。延長のお支払いのタイミングは上述と同じです。

【もっと長期間レンタルされたい場合につきまして】

最大2か月後、いったんご返却後、日にちをそれほど空けずに再び新規レンタルとしてご契約いただけます。事前にご予約お願いします。

⑨早期返却:新規レンタル期間の1週間の内に、お品物が思ったものと全く違ったなどは、クーリングオフ制度の事もある程度考慮させていただき、お早めにご相談くださいませ。その他、延長期間の最後の方で、最終日ちょうどにはご返却がご都合上難しい場合に、数日前倒しでご返却いただく場合、その後の日程調整に合うレンタル日のご利用がされたい場合が出てきた時は、その日数をカウント、延長料金の¥1,100÷7d=¥150/dを計算して、次回のレンタルジュエリーの新規ご利用時のお値引きに加味させていただきますので、正味のご利用日数に見合ったご料金に調整ということをさせていただきます。

⑩返却期限を過ぎてもご連絡がつかなくなる、商品未返却などは、1発レッドカードでしかるべき措置。(内容証明送付/裁判所:賠償金/警察:窃盗・詐欺・差し押さえ) 

レンタル内容:¥5,500/2週間(税込・送料無料・・・セット組によって数の違いがあります。写真のアイテム数。】
〇ネックレス : ダイヤモンド0.5ctとK18WGのフワフワラインがエレガントなカーブパーツのステーションネックレス。長さは39cm。。
〇ブレスレット: K18WG台のダイヤモンドステーションブレス。四つ花、スクエアカットのダイヤが交互に配置。地金がなかなかの厚み。留め具がこのタイプでは珍しい、引き輪とダルマ板。
〇リング:K18WG台のマルチカラーのボタニカル花が大変美しいリング。マルチカラーの中身は、ペリドット、アメジスト、サファイア。幅12mm程。 サイズは14号。

【おすすめコーデ】

このマルチカラーのお花リングの中の色に合った無地とか柄の色のアイテムがすっきりとかっこよくきまりそう。パープル、ピンクなどのワンピースなどには非常にエレガントに。

ご注文フォームこちら。

<出会い>ほぼ完ぺきな素敵さのマルチカラーのボタニカルフラワーリング【482】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

オーダーメイドで自分の思う通りにというわけではない限り、もう少しここがなあ。。。

などと何に対しても思うことがあるものです。

今回ご紹介のマルチカラーのフラワーリングは、私が思うにですが、ほぼ100点満点を付けたいほどのお品です。

配色が抜群のボタニカルフラワーリング

K18WG台のお花リング。葉っぱも入っていることが余計に素敵でボタニカルな雰囲気です。

まず、地金のK18WGの銀色との相性が爽やかでグッド。

リングの縦の幅も15mmほどあってお花の数も多く豪華です。

葉っぱもペリドットで間に設置されていて配色のバランスがとても良いです。

紫はアメジスト。

ピンクが石の情報が無いのですが、ピンクサファイア辺りかと思います。中間色的なもやっとしたトーンのピンクです。

これが一番効果を発揮している色かなと(^.^)。

あとがき

完璧なまでの素敵さだと感じた今回のリング。

せっかくのこの素敵さを際立たせて、他のペンダントやリングにあまり色を入れないのが良さそう、そんな風に思いました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

レンタルジュエリーこちら。

<出会い>ダイヤモンドがお花の花びらになっているブーケリング【477】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回、少し個性的なブーケリングに出会いましたので、ご紹介させていただきます。

一瞬あれっ?て思ったお花に使用される石の配置

これまでお花モチーフのリングをいろいろ見て楽しんできました。

小花モチーフのデザインというのは、花びらの数などの違いはあれど、それぞれに流行なんてものがなくて、昔からずっと変わらない形のままなことが多く、トラッドです。

見ているだけで、かわいくてキュンとなります(^.^)。

多いのが、花びらはカラーの石で、真ん中がダイヤモンドという作り。

今回出会ったのは、その反転みたいな、花びらがダイヤモンドで透明で、真ん中にちょんとカラフルなサファイアが色とりどりなブーケリングです。

K18YG台の小花ブーケリング。花びらが透明なダイヤモンドで、真ん中がサファイアのカラーの石という配置が個性的。
透かしみたいに隙間のあるデザインというのも面白いです。にぎやかなブーケのデザインではあるけれど、
色味はあっさりとしたもので、その辺りのバランスが考えられているのかな。

縦の幅が、2cmほどあります。

あとがき

こんなブーケリングもあってもよいですね。

ダイヤモンドが一番石の中で多く使われているバージョンでした。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

レンタルジュエリーこちら。

サファイアがカラフルなこととダイヤモンドがカラフルなことの価値の違い【461】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在レンタルジュエリーという事業をさせていただいております。

最初は、長い年月をかけてコレクションしてきたジュエリーをそのままのセット組でレンタルするというところからのスタートです。

自分のために集めてきたものをそのままお客様向けにレンタルするということがとても速い1歩を踏み出せることができたのですが、この、お客様向けということが、自分自身にとって今までにない発見を得ることができるみたいです。

集めていた時代は、とにかくカラーのある宝石が好みで、どちらかというとダイヤモンドには目を向けていませんでした。

もともとあまりダイヤモンドに興味が無かったのです。

カラーの石との組み合わせで縁を取り囲むようなパヴェダイヤだったり、お花の中心に1粒入っていたりなど、どちらかというと附属的な感じに思っていました。

ダイヤモンドが入ると色が濃厚ではなく薄まる感じに柔らかく映り、良いものだなあなどと、まるで薔薇を取り囲むカスミソウのように。

ダイヤモンド好きの方に怒られそうですね(^_^;)。

それほど、あの透明な石に対してあまり目を向けていなかったということです。

けれども、ダイヤモンドの人気というのが想像を絶するものであったということです。

今になって、やっと、ダイヤモンドの良さを知ったり、目を向け始めたところです。

レンタルジュエリーにも今後積極的に取り入れていきたいと思っている天然石の1つになりました。

ということで、遅ればせながら、ここ最近になって知ることがあったダイヤモンドに関する新しい発見や学びなどの1つを今回の記事でお伝えしたいと思います。

ダイヤモンドに色が付き過ぎていることの注意

ダイヤモンドというのは、透明であって色が無いということこそが価値であると言ってもよいと思います。

先日あったあるエピソードです。

宝石のデザインに、このようなお花モチーフを多くみかけます。

よく宝石で見ることのある、こういったお花を形づくったデザイン。すごく素敵ですよね。

あえて、こちらから狙って探していくほどの可愛さ、フラワーモチーフです。

更にマルチカラーになっていたりすると、とてもうっとりとするほどの魅力があります。

そんな中、このような色味のマルチカラーに出会います。

真ん中がダイヤモンドで無色透明。周りをパステルカラー系のこんな感じの色が取り囲んでいました。

ネットの写真だけ見て、しっかり説明を読んでいませんでしたので、しばらく気づきませんでしたが、見た感じ、周りを取り囲む天然石は、サファイア辺りと、グリーンがガーネットかトルマリン辺り、もしくは、少し珍しくグリーンサファイアかななんて思っていました。

ところが、ある時、しっかり説明を読んだ時に、はっとしました。

カラーのダイヤモンドとのことなのです。

ダイヤモンドにこのようなカラフルな色が付いている。。。聞いたことないなぁ。

詳しくなかった私は、ネットでいろいろ調べてみました。

いろいろブログに書いてくださっている宝石商の方、どうもありがとうございます<m(__)m>。

そして、分かりました。

ダイヤモンドの質が悪い場合に、透明では美しくないから、なかなか受け入れられないからと、専門の手法で、処理的な染色をほどこすことがあるようです。

そうすると、グリーンダイヤモンド、ブルーダイヤモンドなどと呼んで、カラフルなダイヤモンドに仕上がるみたい。

ブルーダイヤモンドという希少価値の非常に高い本物も確かにあるのですが、そんな印象とは裏腹に結構多数の粒ぞろいな点も、おや?という点でした。

元の素材は、天然のダイヤモンドなので、偽物とはまた違うお品です。

そして、お値段も結構な金額になっているわけです。

このことは、裏を返せば、色を付けねばならなかった理由がダイヤモンドの質の悪さ。

色が付いているという事実のみから、質の悪いダイヤモンドであることが、ほぼ確定できるということなのです。

天然の無色透明の状態の価値があるのにわざわざ色を付けて、その美しさを損ねることはしません。

色を付けなければいけなかった理由があるわけです。

よって、良いお品は、必ず無色透明であるということが成り立ちます。

私もよく知っていたわけではなかったけど、パッと見たときに、周りを取り囲んだカラフルなマルチカラーがサファイアなどだろうなと思っていたけれど、説明にダイヤモンドと書いてあったことで、疑いました。

危ない所でまずまずのおや?という判断ができました。

でも、かなり調べて確信したので、まだまだです(^_^;)。

ということで、このような作りのお花のモチーフであれば、カラフルな石がサファイアのマルチカラーとか、他の色のついた天然石の組み合わせでできていないとおかしいのです。

確かにブルーダイヤと呼ばれる希少な価値のダイヤモンドもありますが、希少なので、使われている部分が多かったりすると疑問を持ってみる方がよさそうです。グリーンは論外。

ブラウンダイヤとかブラックダイアに関してはどうなのか

そうしますと、ダイヤモンドでも色が少し付いているものがあります。

ブラウンダイヤとかブラックダイヤ。

これらもとても多くのお品を見かけますので、色付きのダイヤモンドも人気があるようです。

今回は、グリーンなどが入っていたので、おや?と思えましたが、もし、ブラウンダイヤとかブラックダイヤにそのような色付けを施してあると、なかなか気づくことが難しいかもしれません。

普段からブラウンダイヤとかブラックダイヤの色の具合をよく知ることが大切かもしれませんね。

やけにはっきりとし過ぎている色味の茶色だったりすると。。。と思いますが、あの茶色も染色的な作業であのようなブラウンダイヤにそっくりな色になるのかどうかは詳しくは分かりません。

お値段が異常に安すぎたり、そんなところからの判断も入れていく必要がありそうです。

あとがき

ダイヤモンドは、よくキュービックジルコニアとか、ガラスとの見分けについて語られることが多いですが、今回のような私が遭遇したマルチカラーになった状態でお値段も結構な金額だから一瞬惑わされた件も貴重かもしれません。

今後も、いろいろな宝石と出会っていく中で何か発見や学びが合った時には、またこんな感じで記事にアップしてみたいと思います。

ハンドメイドバッグの中綿裏地キルトを5cmから7cmに変更したことで良くなった点【460】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在、ヘルメットバッグを3点連続製作しておりまして、2点目に入りました。

少しずつ違う部分があって、同じデザインなんだけど「似ているようで非なるもの」になるようにお作りしていっています。

今回は2点目なので、1点目の時の教訓を活かして、改善した点、そして、1点目と違う部分はどこなのか、そんなところが見どころです。

1点目で課題だった点とその改良の対策

1点目の時に、主に2つのことが今後の課題となっていました。

1つは、底部分で支柱が上手く重ならなかった点。

1点目の課題点:なかなかこの部分を実際に見ることはありませんが、それでもここは、きちんと支柱同士が同じ位置に重なるように作りたいところです。位置は意識していましたが、徹底の点で甘くて、ずれてしまったと思われます。

もう1つは、キルトのダイヤ型の1マスがやや細かすぎて、時間がかかりすぎてしまうと同時に、真ん中あたりで、しわが寄りそうになって危うかったことがあった点。

1点目の時のキルトは、5cmの正方形をダイヤ向きにしたもの。細かいのは確かに綺麗ですが、細かすぎると皺(しわ)の原因になります。適度な間隔が望ましいです。

このことから、支柱をぴったり底の部分でくっつける対策と、キルトのサイズを5cm→7cmへ大きくするという変更をしました。

改善のために行った2つのこと

では、まず、支柱の件ですが、今回は、まだ、完全に結果が見られません。

やはり最後にマチが出来て、完成の時に底を見た時がその時ですので、そうなるような事前対策の段階が今回に当たります。

このように、底同士をぴったりくっつけた時に支柱が1本の延長で続きになるよう、正確な同じ位置である、再度から10cmということを徹底。そして、縫い付ける時も、印の直線をど真ん中に、ミリ単位で正確に縫い付けます。

そうすると、このように、この時点で、ほぼ完成の見通しが立ちました。

おそらくこのままいけばぴったり重なって出来上がるだろうという予想ができます。

今回は、ここまで。最後の完成の時に確認してチェックすることになります。

もう1つのキルトのサイズの方に移ります。

5cm→7cmの変更で、同時に、真ん中に待ち針を打っていなかった前回とは違い、今回は、しわの寄りがちな真ん中にも待ち針を打ちました。

こんな感じでランダムですが、全体に出来るだけ均一な見栄えで、縁だけではなく、真ん中部分も待ち針を打ち固定しました。
7cmにサイズを大きくしたダイヤキルトを作図。角からのスタートで、7cmの二等辺三角形の底辺を最初として、そこから順に7cm巾で斜めに線を描いていきます。

今回の対策の効果と出来栄え

7cmキルトで出来上がった裏地中綿キルトパーツ。5cmの時よりも粗くはなったものの、これでも緻密なキルトの部類で十分だと考えます。真ん中にも待ち針を打ったこと、細かすぎないキルトのサイズにしたことで、上手くいきました。
とても美しい7cmキルトができました。タックはどこにも寄らずセーフ。

YOUTUBE動画もお作りしましたので、貼りますね↓。どうぞ(^-^)。

あとがき

よかったです。上手く完成しました。5cmの時は、ピンタックが寄りそうまでいった箇所2か所くらいを少し縫い直ししましたが、今回はそのようなことが起こらず1発OK。

しわがはるかに軽減されました。

とはいっても、待ち針が縁だけの場合、懸念はあるので、今回の待ち針を真ん中にも打った効果というのもかなりのものだと思いました。

そうして、この後、入り口開閉タブを作り、本体と裏地を縫い付けて完成の予定です。

次回の完成の記事お楽しみにどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。

とりあえず基本として持っておくと使いやすいジュエリー3選【453】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

レンタルジュエリーという事業をさせていただいております。

ジュエリー好きともなれば、いろんな分野のモチーフなどにもご興味をお持ちかと思うのですが、今回は、最も基本的な内容になります。

とりあえず、ベースとして、3種違う感じのジュエリーを持つとしたら。。。という3という数字。

最低限なんだけどうまく使っていけるような効果が出そうな数をよくお洋服でも3と設定することが多い私です。

では、どんな3選なのか、今回の記事でご紹介しますね。

1)地金だけでできているジュエリー

K18YGのチェーンネックレスを3連ブレスレットとして使用する例

地金だけでできていると、ある意味プレーンというか無彩色的な感じです。

K18YGなのか、K18WGなのかでも少し違いはあるかと思いますが、今回はK18YGの写真を載せてみました。

地金が変わってもこの考え方は同じ。シルバー925の地金でも同じです。

結局、石などが付いていない地金だけだと、他のジュエリーとの組み合わせにも、このアイテム側が合わせていくということができます。

2)ダイヤモンドのみのアイテム

ダイヤモンドのネックレス

地金がWG、PT、YG関係なしに、ダイヤモンドのみが集まったアイテムは、透明なので、色が付いていない分、いろんな色のお洋服に合わせやすいです。

ここにダイヤモンドとカラーの石の組み合わせのないものをあえて選ぶことが最終的な洋服コーデの時に苦労しないといった結果になります。

3)マルチカラーのアイテム

K18YGにマルチカラーのサファイアが集まったリング。サファイアはカラーの展開が多く、マルチカラーになっているものも結構あります。

2)と反対のことのようですが、いろんな色が散り散りに入っていることが逆に合わせやすいという考え方です。

もし、このサファイアの集まりが、青1色のサファイアだったら。。。

と考えると現実的にお洋服に合わせにくいんです。

無理矢理合わせて、リングが浮きすぎることも。。。

ということで、もちろん青いサファイア1色も美しいのですが、今回の基本というところからは、それ以上にもっと増やしたい場合などという時かなと思います。

お洋服が必ず色が決まっている人は大丈夫な場合もありますが、それでも、すべてのお好みの色をカバーできるのは、マルチカラーの力。

このマルチカラーの中に入っている色、それと類似の色、そうでない、黒やグレー、パープルなどにも合いそうです。

そこが使用範囲の大きさです。

あとがき

今回もYOUTUBE動画ございます。

あくまで、私の考え方の発信ではありますが、私も自分のジュエリー着用の経験から思うことでありまして、そんな考え方が何かヒントや共感、刺激になればと思います。

レンタルジュエリーは、当HPでお申し込みを受け付けております。

レンタル中の物かそうでないかは、タイトルの横にレンタル中とあるものが、レンタル中です。写真付きの一番奥に開けた時のタイトルの横をご覧くださいませ。

目次だけでは表示がされていませんので、写真付きのお部屋までクリックしていただくと分かります。

どうぞよろしくお願いします。

レンタルジュエリー:商品一覧

なかなかの難所、バニティバッグのネックの枠ステッチの綺麗な出し方の研究【412】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

バニティバッグの首みたいな背の部分、あのパーツの名前ってなんて呼ぶのでしょうね。

私は、名前を付けることが好きなので、呼び名を持ちたがる傾向にありまして、この部分も当然名付けています(^_^;)。

「ネック」と呼んでいます。首根っこみたいで分かりやすいかと。

もしかして、正式にもそう呼んだりするのかな。少し調べただけでは分かりませんでした。

とにかくどの箇所かが分かりやすければ、どんな呼び名でもよいですけれどね。

ところで、このネックパーツについて、私の現在の作り方の中では、難所と呼ばれる部分があるのです。

そもそも難所となるような作りにするからであって、難所を作らないようにしたらとも思っています。

が、しかし現状現在のやり方しか思い浮かんでおらず、ひたすらそれを綺麗にやることに努力中です。

あえて裏地パーツと表地パーツのサイズを変えている理由

なぜ難所となるかの理由には、根本的に、裏地と表地が分かりにくい所で重なり合う場面だからです。当然のことではありますが、ファスナーと口布が視界をはばむのです。

ほとんど向こう側が見えない状態での縫い付けがまず1つ難所となっている理由にあります。
まずは、ひとまわり狭い面積の裏地側から縫い付けます。
そうすると、このように表側にボックス型のステッチが出ます。ここを覆い隠すようにこの後、ひと回り大きな表地のネックパーツを縫い付けます。
今回の目標は真ん中にボックスステッチが裏側に綺麗に出ることなのですが、この時、現在の表地パーツのサイズではそれが不可能だと分かります。上がオーバーして突き抜けてしまうのです。
ここまで覆いかぶさると綺麗には縫えません。上の分厚い所と被ってしまうので、ある程度の限界の位置があるようです。

ということで、型紙変更です。縦の長さを1.5cmカットしました。

向きを横向きにしてしまっていますが、実際、縦は左右の方向になります。上部を1.5cmカットの様子です。
そして、折ったり、測ったりで中心を把握しながら待ち針して縫い付けました。さて、肝心の内側の様子は。。。次へ。
ん-、前よりましだけど。。。ずれていますね。これだけ注意して行ってもずれています。ど真ん中なかなかピッタリに合わせることが難しいようです。

スクエアという発想以外を考えてみた

スクエアだからずれが目立つのかという発想から、楕円型なども想像だけしてみましたが、ただでさえ縫いにくい箇所をカーブを取り入れるなどは余計に難所となるかと思い却下。

ネックパーツは、やはり首の役割。幅が広すぎるのもファスナーがもっと手前でストップしてしまい、口がしっかり開かないような機能になりかねません。

そうするとスリムでありながら縦横は均等なサイズ感が良いと思います。

内側のみ手まつりをする方法

現在は、内側から先に縫い付けて外側を後にしていますが、逆に、外側パーツを小さい方のサイズにして、先に縫い付け内側に縫い線を出し、その後、その線を隠すように一回り大きなおパーツを手まつりで縫い付けるという方法。

これはおそらく綺麗にできるかと思います。

次回の「卵焼き」製作の時に、一度研究を兼ねてこの方法を試してみたいと思います。

手まつりは弱々しいイメージがありますが、最低限の箇所のみということでここだけ取り入れるのはいた仕方ないのかも。

あとがき

なかなかの難所です。ネックパーツ。このパーツはバニティ特有のパーツであるし、結構視線の行くところ。

やはり綺麗に仕上げるべき箇所です。

また、次回の素材での「卵焼き」の製作過程、アップしてまいりますね。

お楽しみにどうぞ(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

ヤフオクこちら。

creemaこちら。