プラチナのダルマ板には決まってPT850の刻印が多い理由【558】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近知った知識ではありますが、プラチナは宝飾品によく使われ出したのは金や銀よりも比較的後のようなんです。

その理由が、金や銀よりも融点というものが高く、溶けにくいので敬遠されていたというような一説を目にしました。

しかし、ダイヤモンドとの組み合わせに、とてもマッチした地金として選定され始めて、ダイヤモンドには決まってプラチナを組み合わせるというような地位を築いたようです。

ダイヤモンドの指輪、ペンダントなどの台には、確かにプラチナ台であることが多いと思いますので、そのようないきさつがあったのですね。

さて、今回は、そのプラチナと一口に言っても、使われているアイテムによって、PT900とPT850があるということのその違いの理由について考えたり調べたりしてみました。

特に、学ばせていただくことの多かった、本、「彫金-手づくりジュエリー-の技法と知識:秋山勝義・飯野一朗 著」は、ずばりその理由が書かれたもので、有難く知識をしっかりと受け、さらに、私からもアウトプットとしてお伝えしていきたいと思っています。

ダルマ板があるアイテムというのは、ペンダントチェーン、ネックレス、ブレスというのがヒント

ダルマ板に刻印のあるPT850のネックレス

まず、プラチナも金も銀も同様ですが、純である場合100%が1000という刻印表示になります。

このフルな生粋の材料でできたものがどのような状態かというと、柔らかすぎて、とても宝飾品として使うにはふさわしくないようです。

確かに、過去に、プラチナの指輪が変形しやすかったり、透かしの部分がすぐに折れたりしたのを見せてもらったりしたことがあり、もともとプラチナ、金、銀というのは、どれも柔らかい素材なのです(ハサミで簡単に切れたりします)。

だからこそ、綺麗な装飾を形作ったりなどの融通が利くとも言えますが、その反面は丈夫な物ではないわけです。

そんなことで、世の中で、だいたい、75%の純金を使って、残りの25%は、強度のある割金を加えた合金である18金(K18)とかシルバー925とか、PT900,PT850などというように、割金の力を借りて、全体を丈夫な硬いアイテムに作り上げるものだということです。

ただ、全く存在しないわけでもなく、たまに、PT1000などというお品もアクセサリーでレアものとして見かけることがありますが、マニアにとってはとても貴重なお品としてそれも希少価値がある存在にはなるようです。

ところで、PT900、PT850というこの差は、あまりイメージわきにくいかもしれませんが、結構な差のようです。

ということで、ますます、PT900、PT850の使い分けが気になっていたこの頃でした。

今回は、この使い分けの違いの理由を学びます。

PT850はPT900よりも当然硬いということになります。

純プラチナのPT1000とか、PT999などがとても柔らかいので、数字が低くなると硬くなっていきます。

PT850以下は、割金が入りすぎて、もはや天然の域を超えるということでしょうか、ここのラインがハイジュエリーの中では一般に一番下のラインのようです。

ダルマ板がありますが、あそこに刻印がPT850が打たれていることがほとんどです。

ダルマ板を使うアイテムというのが、チェーン類なんです。

ネックレス、ペンダントチェーン、ブレスです。

つまり、今回の、この本にもそのことが書かれていまして、チェーンというものは、引っ張ったりなどの圧力がとてもかかる場所であるので、柔らかいと破損に繋がるリスクが高く、硬さが求められるので、PT850がチェーンに選ばれるというものです。

なるほどですね。

実際にジュエリー類のアイテムを1つ1つ見たところ、ペンダントトップや、リングに関しては、PT900というのがほとんどでした。

チェーンがいかに圧力がかかるようなアイテムなのだということを物語ります。

あとがき

プラチナはホワイトゴールドと近づけて比べるととても白いことが分かります。

K18をイエローゴールドでなくてホワイトゴールドにもしていったわけというのもプラチナが少なくしか入手できない時代にその代用として作られたのがきっかけのようです。

ゴールド色だけでなくシルバー色も愛用したいニーズの高まりだったのでしょうか。

今では大変人気の地金がK18WGです。

しかし、厳密にはプラチナとはやはり違うんです。プラチナはとても白い。もっと暗いグレー色がK18WG。

その白さをより出していくためにK18WGには、決まってロジウムメッキという仕上げがされているものなのです。

ということで、この色の微妙な違いも、ペンダントとチェーンという近い位置にあるアイテム同士はせめて揃えたいなあと思い始めました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<出会い>アメジストのマーキスカットのダブルリング【554】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

少し個性的なリングに出会いました。

マーキスカットのダブルリングです。

見たことが無かったマーキスカットのダブルリング

K18YG台のアメジストのマーキスカットのダブルリング。なかなか個性的です。

ダブルリングは、真珠とかお花モチーフの丸いタイプでは今まで出会っていますが、マーキスカットデザインは初です。

とてもかっこいい感じになりそう。

あとがき

ダブルリング豪華ですね。とても楽しくなるアイテムです。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<出会い>小さくてきらりと光るダイヤモンドプチフラワーペンダント茎と葉付き【549】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ユニークなペンダントトップに出会いました。

とても小さいのですが、茎と葉がちゃんとあるお花ペンダントトップです。

K18WG台にダイヤモンドのフラワーと茎と葉です。なかなか技が細かいです。延長2cm程です。

プチサイズなわりに、バチカンがちゃんとしてはいるのですが、狭いのですねえ。

一度通るようなダルマ板の小さめの華奢なチェーンをとおしてみましたが、何か平凡でした。

よって、バチカンにK18WGの丸カンを追加するなどして、チェーンはそこそこボリュームあるものにしていきたいと思います。

あとがき

お花デザインは、一見同じような花びらをかたどったものが多いと思いがちでしたが、こんな感じの面白いデザインもあるみたいです。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<出会い>台のしっかりしたプチサイズのアクアマリンペンダントトップ【548】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

とっても小さなアクアマリンのプチペンダントトップをご紹介したいと思います。

小さいのに、台がしっかりしているところがとても良いです。

K18WG台が厚みあるスクエアプチアクアマリンペンダントトップ

スクエアであること、台が分厚いこと、バチカンも立派なアクアマリンのプチペンダントトップです。

縦は1cm未満のアクアマリンのプチペンダントトップ。小さいながらバチカンや台(K18WG)が立派です。

あとがき

プチペンダントなので、重ね付けなどが有効かもしれません。

一度3連の重ね付けを組んでみたいと思っています(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

天然石は成分で分類がされることについて学ぶ【547】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

天然石も、宝石のペンダント、ブレスレット、リングになってしまうと、もはやその後はファッションの世界。

けれども、その1つ1つのお品になる以前には、ある区別が成分によって大きくグループに分かれているようなんです。

今回は、そのグループに分類する成分中心の鉱物の分類という何やら難しそうなところがスポットです。

けれど、結果的に、ここ最近話題とさせていただいております、翡翠のジェダイトとネフライトの違いがなかなか難しい理由がここにもあるということになりまして、関連付けての内容です。

鉱物の成分表

まず、【543】の時にお作りしました表を見ます。

この表の中で、<成分>のところにご注目を。ジェダイトとネフライトは大きくは、同じケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)の一種ということでとても似ているのですね。その一種の細かい部分が少し違うようですが、到底私がわかるものではありませんでした(^_^;)。

今回、書籍、「鉱物の博物学-地球をつくる鉱物たち-:松原聰/宮脇律郎/門馬綱一 著」を読ませていただいております。

ここでありがたく学ばせていただきましたことになります。

天然石の源、鉱物の分類がありまして、主に成分の違いで分類されています。

ものすごく多い種類ではなく、10種ほどです。

天然石のどれが当たるかなど、ほとんど有名な物しか記載させていただいておりませんが、これだけの分類になるようです。化学の授業みたいです(^_^;)。

それで、下から2段目に、ジェダイト、ネフライトが共に属する成分の分類がありました。

それ以上の細かな分類がないので、やはりいずれも同じような成分であると言えます。

よって、それ以上の違いを成分で見分ける判別が難しそうです。

ちなみに、ダイヤモンドは、一番上。

ダイヤモンドの場合は、主成分が単一の元素である鉱物とのこと。

翡翠が属する、珪酸塩鉱物は、結晶構造の基本的要素として、ケイ素(Si)を中心とした正四面多体の各頂点に酸素(O)を配したSiO4四面体を持つことが特徴。

「鉱物の博物学-地球をつくる鉱物たち-:松原聰/宮脇律郎/門馬綱一 著」

と何やら難しそうですが、とにかく、ジェダイトもネフライトもこの特徴を持った珪酸塩鉱物だということです。

その他、コランダムという鉱物名である、ルビーやサファイアは、酸素と陽イオンが結合した鉱物。その他、スピネルもここに属するようです。

こんな話を聞いたことがあります。

ある国で、王冠の天然石がルビーと思っていたら、実はスピネルだったというお話です。

同じ鉱物の分類に属していることがまずは類似の原因ですね。

そう考えると、ジェダイトとネフライトも簡単に違いが分かるものではないようです(^_^;)。

あとがき

他の鉱物に関してはよく分かりませんが、とりあえず、こういった分類があり、翡翠の区別の難しさ、もしくは、天然石同士の区別の違いが分かりにくいという以前にベーシックな部分で、大まかな分け方という分類があったということです。

天然石のモース硬度について学ぶ【546】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

こちらは、【546】の記事ですが、少し前の【543】の記事で、翡翠(ジェイド)の硬玉(ジェダイト)と軟玉(ネフライト)の見分けが簡単ではないということを書きました。

そのことにも関連する今回の話題は、モース硬度。

このモース硬度の違いでジェダイト(硬玉翡翠:こうぎょくひすい)なのかネフライト(軟玉翡翠:なんぎょくひすい)なのかを見分ける判断材料とするようです。

今回のモース硬度を見てみると、その違いもそれほど大きなものではないことから、判別の難しさがあるのだと改めて感じることでしょう。

ではモース硬度というものをご紹介しますね。

モース硬度は10段階ある

この、2種のジェダイトとネフライトの違いの中で、下から2段目にモース硬度というのがあります。あえて数字は載せていないのですが、ジェダイトはネフライトよりやや値が大きいということなんです。(【543】の時の表です)

そして、今回の表は、こちらをご覧いただきます。

1-10までのモース硬度:ほとんど中間を省略させていただきました。キズの付き具合の事ばかりがずらりと並びます。

ジェダイトとネフライトは、モース硬度は、6-7の間です。その間のわずかな違いを見るということになりますので、非常にこの図からはいかに狭い範囲内で、その差を調べることになるかがうかがえますね。

ちなみに、モース硬度のダントツ1位は、ダイヤモンドですね。

あとがき

モース硬度は、あくまで硬さであって、いろんな衝撃に耐えうる強靭性とは別物です。

そのものの硬さということになります。

強靭性でいうと、翡翠が1位になるようで、強い石は?なんて聞かれると、翡翠が正解になるのかもしれません。

ダイヤモンドは硬さはあるけれど、ある割れやすい面に当たると、ある意味翡翠よりも簡単に砕かれるようですので、この硬度という言葉を正確に使わねばなりません。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

珊瑚のジュエリーを選ぶにあたって、まずは珊瑚とはなんぞやからスタートしてみます【545】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ近年珊瑚は希少だとのこと。

思うに、今後の新しいお品は、希少な中でのお品なので、色が天然なのかなどこだわるのであれば、ビンテージ物の方が良いと思っております。

今まで珊瑚にはあまり注目しておらず、ここ最近少し気になっている素材なので、ほとんど知識がないわけです。

そこで、珊瑚について、ほんの入り口に立ったところではありますが、どんな天然物なのかということを今回はご紹介したいと思います。

動物ということではあるが植物のような鉱物のような性質もある珊瑚

珊瑚は、刺胞動物(しほうどうぶつ)の一種となっていまして、クラゲ、イソギンチャクなどが同じ部類の仲間です。

突起状のパーツが特徴です。あの突起で、人間でいう目や耳や味などの感触を得る大事なパーツなのだと思います。

炭酸カルシウムを含む霰石(あられいし)というものでできた骨格を形成し、木の枝のようになって珊瑚になるようです。

この霰石(あられいし)というのは、アラゴナイトと呼ばれる炭酸塩鉱物というものの一種。

そうすると、珊瑚は鉱物のような性質も一部基盤に持っているということで、その上木の幹のように枝を広げた植物のようでもあるようなミックスされた生き物だと思えてしまいます。

天然石は、通常鉱物にイコールなのですが、珊瑚はその点特殊。

海の生物なので、鉱物とはもとは違う部類の物。

以前記事でご紹介したことがあったのですが、地球上には、3つの物があるということ。

1つは、動物、1つは植物、そして3つ目が鉱物ということで、鉱物の存在が結構なものであることをお伝えしました。

今回のこの珊瑚は、どれともとれるような、ミックスされたような感じがするものの、一応は、刺胞動物ということなので、動物に分類さるのですよね。

けれども、宝石になっていくということでは、もとは鉱物でないような、天然シェル(貝)とか、天然樹脂の琥珀や鼈甲などと同じように少し別格ですね。

宝石になっていく珊瑚というのは、海の中ではこちらもさらに別格のようで、貴重サンゴという呼ばれ方をしているようです。

深海に存在し、造形珊瑚呼ばれる白い珊瑚とも違う種類みたいです。

あとがき

今回は。ここまでですね。あまり身近で見るものではないのイメージ湧きにくいです。

とにかく、赤色もピンク色もどちらにしても希少価値はあるみたいです。

あまり宝石寄りなことは今回は足を踏み入れておりませんが、珊瑚の自然界の中での位置のようなものを把握するにとどまります。

また、新しい学びがあった時には、記事にてアップさせていただきたいと思います。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

翡翠のあの特徴あるグリーン色の正体【544】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、翡翠のイメージカラーのグリーン色についてです。

このグリーン色、正直、私葉っぱや茎の色が染み込んだと思っていたりしました(^_^;)。

それは間違いだったようです。今回は、その色の本当の正体をお伝えしたいと思います。

翡翠の色の展開は成分の違いにあり

結論を先にお伝えしますと、あのグリーン色は、「鉄」が正体です。

もともと、翡翠は、ヒスイ輝石(きせき)という鉱物で、無色透明なんです。

どのような天然石も生粋のオリジナルというのは無色透明であることが多いです。

そこへ、結晶化していく途中の段階で、鉄などが含まれることによるグリーン色だとのことです。

他の色であると、よくラベンダー翡翠と呼ばれるあの藤色は、チタンが入るようです。青色の翡翠もあります。

黒い翡翠は、石墨(せきぼく)という物質を多く含むため、褐色や赤は、酸化鉄がしみこむことで色が決まります。

あとがき

翡翠もグリーンのイメージがありますのも、鉄がしみこむ機会が多いということでしょうかね。

ラベンダー翡翠と呼ばれる藤色の翡翠も綺麗ですが、色が付けてあってより良い雰囲気の赤紫になっているお品があるみたいなので、よく注意せねばなりません。

自然の色では暗いから赤身の色に余分な追加を人工的に施していることも考えられますので。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

ジェダイトとネフライトの違いが単純ではない件【543】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

翡翠は英語でjade(ジェイド)。

この言葉だけでは実は曖昧なんです。翡翠には2種あり、ジェダイト(硬玉翡翠:こうぎょくひすい)とネフライト(軟玉翡翠:なんぎょくひすい)に分かれています。

今回は、この2種の違いについてのお話。

見分け方なんていうのは、かなり専門の世界で、それでも難しいようなので、なんとか分かりやすい違いの部分を私が学んだことからお伝えしようというものです。

成分の違いではなかなか理解が難しい

最初、私自身が目を付けたのは、成分が違うのかなあと思ったこと。

しかしながら、調べてみると、どうやら、もとは大きなくくりでは同じような成分なんですね。

ただ、掘り下げると、細かくは違いのある成分のようですが、大まかには似ているだけあって、同じと言っても過言ではないような。。

この表の中で、珪酸塩鉱物の一種というのが共通した成分です。

けれどもそこから更にどの一種なのかがどうも違うようですが、結局よく分かりませんでした。

よって、別の違いを見ていくのが良いかと違いをリストアップ致しました。

違うと言われている以上、鉱物名は違うものです。

これがいわゆる上の成分の細かな違いとやや連動していると思います。

そして、硬さの尺度であるモース硬度というもの。

これが、ジェダイトの方がやや値が大きいようです。

ただ、この2種を比べるとということで、その差はそんなに大きなものではないと見ました。

とても似ているのですね。

最後に、劈開面についてです。

劈開面というのは、本来割れ物のような石では必ず存在するもので、劈開面ができる理由としては、原子の結合部分の弱い部分が劈開面になるようです。

その角度が違うということみたいです。

到底、ぱっと見で分かるものではないということですね。

あとがき

結局、成分などで大きな違いが分かりにくいので、他の点の調べが重要になってくる見分けが難しい2種なのではないかと考えます。

その重要性は、希少性の違いがあり、ジェダイトが高級なので、大きなものになりますね。

けれどネフライトもある意味ジェダイトよりも高級なお品もあるとのことで、この違いも一般的な違いと言われているだけです。

例えば、ネフライトの中の和田玉(ほーたんぎょく)というものが希少だと言われています。

産地は、中国とロシアの間の地域の新疆ウィグルあたりとのこと。

とてもロマンある地域。昔の世界史で出てくる匈奴のあたりかな。。

そう考えると翡翠であるどちらも希少性はそれぞれにあり、優劣付けるものなのかと思ういずれも素敵な石だと思いますがね。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

お花のマルチカラーリングはお品によって少しずつ違う魅力【542】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

とっても可愛らしいお花のリングに出会いました。

ご紹介したいと思います。

お花リングはいろいろ違う顔があるようだ

K18YGの3つのお花リング(ポンテヴェキオ):メーカーさん特有のデザインのかわいらしさがあります。

お花は、カラーの色が花びらになることが多いですが、まずは、石のカットの仕方で随分と印象が変わります。

このお品の場合はまあるくほんわかした印象で、そのカットのラインが影響しているかと思います。

5枚花は特にお花モチーフの中でも可愛らしいです。

あとがき

ポンテヴェキオ製のイメージはパヴェの配置でしたが、お花も可愛いものですね。

お花は結構同じ物がないようで、楽しいです。

少し違うだけでも目を向けてしまいますね。

眺める間のホッコリ感が味わえます(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。