いつもの「関連付き」ではないジュエリー同士の組み合わせ方-雰囲気で決める【1078】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

当、「本物志向のレンタルジュエリー」のお品の中から、1セット他のセットとは違う寄せ集め方をした組み合わせをご紹介したいと思います。

なんと、雰囲気で決めたというものです。

けれど、本当に雰囲気だけで合うと思ったのだろうか。。。

そんなところを一緒にご共有いただけると嬉しい内容です(^-^)。

いつもは、形、色、素材で関連付けてきたけれど。。。

レンタルジュエリーの内容が、ネックレス+ブレス+リングという3アイテムを1セットにした商品になって並んでいます。

この組み合わせは私が一番力を入れている点です。

この組み合わせをする際には、やはりそれで1セットですので、なぜその組み合わせとなったのか伝わるような分かりやすいそろえ方をしています。

・デザイン:モチーフの形などが同じで関連付いたアイテム同士。

・色:使われているストーンの種類が同じ。

・素材:地金が同じK18YGで統一したり、時には、地金ミックスの1つのモチーフになっている3つを寄せ集める。

こんな感じで何かしらの関連付きで集まった意味あるセットということになっています。

今回ご紹介のセットは、その3つの関連の中では、とりあえず素材が同じであることは関連していますが。。。

左上が全体の写真。

いつもだと、K18YGの素材の統一にもう1つモチーフの形が同じなどを関連付けます。

最初、同じ透かしということに注目して、リングを透かしにしていました。

ところが何かひっかかって直したいと思い、この薔薇に至りました。

どうもパンチがなかったのです。

そこで、地金だけにカラーストーンで色を加えていきました。

が、しかし、薔薇モチーフはネックレスやブレスと同じ形かというと全くそうではないです。

しいて言えば、ネックレスやブレスの4つのラウンド部分の集まりがお花を連想させ、その言葉の「お花」というもやっとした観念がこのフラワーリングを選ばせたといった感じがします。

フローラルな雰囲気のセットといったところでしょうかね。

このリングがここに配置できるのも、ネックレスとブレスが関連付いていることが一目でわかるからというもの。

この薔薇も他には行き場が見つからなかった。

この透かしの2アイテムも、ここへ持ってくるリングが他に見つからなかった。

ここへ、薔薇のリングがやって来たことで、何かホッとしました。

相手探しが困難なアイテム同士がくっつきました。

あとがき

今回のように、関連付きが、3つともではなくて、2つだけだったところへ異質の3つ目をリングで投入という組み合わせ方もあったようですね。

新しい学びでした(^_^;)。

当レンタルジュエリーでは、組み合わせがすでにされていますので、レンタルをご検討いただく時には3アイテム同時ということになるため、納得してもらわねばなりません。

バラバラを好きなように組み合わせるのが良いのか、すでに組み合わされているのが楽でよいのか。。。

この辺りを考えた時に、結局、私のお仕事の一番の力の入れどころの部分に組み合わせの部分をしていこう、このコーデの部分をお手伝いして付加価値に入れていこうと決めたのです。

1つ1つが個性的な物の場合個別アイテムのレンタルで1つお借りいただくと、残りのアイテムが合わせる相手というのが残りの中だけになってしまうことを考えた時に、セットにすることの意味は大きいと思ったのです。

1つだけの美しさよりも、寄せ集まった時の小宇宙が感じられる面白さがあるのです。

そういうコレクション的な部分を大切にしているレンタルジュエリーになります。

どうぞ、「本物志向のレンタルジュエリー」ご愛好いただけると嬉しいです<m(__)m>。

一度、そんな感じで、既存のセット組の内容をご覧になってみて下さいね(^-^)。

ネックラインを素敵に飾る豪華プラチナネックレス3種-Y字・切子・パイプ【1077】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、「本物志向のレンタルジュエリー」という当HP内のメニューの中から、プラチナネックレスを3選ご紹介したいと思います。

レンタルジュエリーの場合、1セットがネックレス+ブレス+リングという風に1アイテムずつが入りそれぞれの番号が採番してあります。

それぞれが別のセットなので、同じアイテムであるネックレス同士の分類とかつながりはこうして記事などでご紹介するのが良いと思いました。

1セットコーデはされているのだけれど、セット同士も同じ分野で関連付いていたり、コレクションみたいに集まるととても楽しめることがあります。

今回は、そうして、3セットの内から、ネックレスだけを1点ずつ抜き出して並べてみてプラチナネックレスの素敵さをご紹介したいと思います。

どれも3つの特徴が入るプラチナネックレスx3選

上から反時計回りに、Y字、パイプ、切子のデザインです。どれも違った雰囲気で、3つが集まることが素敵なコレクションです。
Y字:PT850製。適度なボリューム感のあるチェーンをデザインしてY字に作られた個性あるネックレス。カッコイイ雰囲気ですね。
パイプ:PT850製。ボールチェーンを編み込み、パイプ状になっています。このパイプの空間を形よくキープするためにステーション配置で内側にフープパーツが入れてある作り。

ボールチェーンは、遠目で見るときらめいて、とてもエレガントです。

作り自体は勇ましいような構造ですが、出来上がったらエレガントになっているなんて、とてもギャップがありい面白い♪。

切子:PT850製。切子パーツだけの場合はもっとシンプルですが、見た感じのエキゾチックさの効果は、まさに透かしパーツだと思います。こ段差2連。

切子は結構ずっしりと重みがあります。

その理由は切子内部も地金で埋まっていて、もとは1つの直方体というか内部が空洞ではないからです。

多くのネックレスパーツの内部はコストダウンや重さの解消のために彫られたり、空洞になっていることも多いですが、地金たっぷり使用に寄った切子。

しかし、全体では、透かしパーツや切子の彫りによって、重すぎることも解消されたりデザイン性もアップされてよくきらめき、素敵な物になっています。

切子の彫りは輝きの効果があると思います。

3点がそろったところで、どんな価値が詰まっているか考える

3拍子そろった3選の3つの価値を考えてみました。

1)プラチナ製である

2)ボリュームがある

3)デザイン性に優れている

潔くこれらの価値を誇ることのできる3アイテムなのです。

あとがき

プラチナって本当に素敵ですね。

良いレベルの地金のK18WGと比べると結構色味が違うのです。

より白っぽいのがプラチナです。

この白っぽい輝きに魅了されてプラチナのファンである方は多いかと思います。

私は、かつては、K18YG(イエローゴールド)の方が注目していたのですが、銀色のあっさりした感じがお洋服とのコーデにはさりげなくて素敵であるという良さに傾向していきました。

今までレンタルジュエリーにも多くは無かったプラチナもこうして徐々に集まってきています。

もし同じプラチナ素材で集める場合には、それぞれの持ち味がそのアイテムにしかないものを集めると良いです。1つ1つのすばらしさ、全部を一緒に同時に眺めた時の世界観などを味わえます(^-^)。

頻繁に使用したい指輪の地金台PT900よりK18WGをお勧めな理由【1046】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

現在「本物志向のレンタルジュエリー」というレンタルジュエリー事業をさせていただいております。

別のページでいろんな宝石たちがコーデされて掲載されていますので、お立ち寄りどうぞ↓(^-^)。

商品一覧

今回は、レンタルジュエリー事業者である私が、とことんジュエリー知識の習得を勉強させていただく中で学んだことを実際の選択の時に活かすお手伝いとしての記事になります。

特にレンタルでなくても、ご自身の指輪のご購入の際にお役立ていただければと思います。

リングの台の地金選びの時のポイント

実はリングというアイテムは、ジュエリーに一番圧力がかかりやすいのかもしれません。

指先というのは動きが活発でリングをはめながら物を持つこともしばしば。

そんな中で求められることが地金の強度です。

本物と呼ばれる貴金属の18金やプラチナというのは地金自体が硬度が低く柔らかい素材であることがまずあります。

それを強固にしていこうと、割金なるものが考え出され、K24である純金やPT1000である純粋なプラチナではジュエリーとしては弱々しいものになるということで、通常、K18YG、K18WG、PT900、PT850がアイテムの刻印に頻繁に見られるものになります。

刻印でK24やPT1000のものは、本来指輪には望ましくないかと私は思います。

けれども、その良さもあり、まずはジュエリー使いとしてはレアであるということと、イエローゴールドのK24は色がとても黄色みが強く、そういった色を求める場合にはとてもお洒落分野としては向いていますね。

なので、どうしても純金や純プラチナをご利用いただきたい場合には、リングではなくて、ペンダントトップなどのそれほど激しい変形にさらされるリスクのないアイテムにはまだよいかと思います。

ペンダントトップはまだよいですが、チェーンとなると、これはやはり引っ張ったり動きはそこそこありますので、割金入りが長持ちだと思います。切れやすいのでリスクが大きいかもしれません。

今回は、リングの場合を考えてみましたのでリングの場合のお話になります。

上の図のように、もともと柔らかい素材であることをある程度強度を高めた割金入りのK18YGとPT900で比較する場合は、これも差がありまして、K18YGの方が硬度が高いです。

プラチナ自体は18金より柔らかいと今後知識に入れておかれると良いかと思います。

ただ、どうしてもシルバーカラーの地金にしたいのだという場合、プラチナをあきらめて、K18WGを選ぶと、ここにはプラチナは当然入っていないので、K18YGと同様に考えられます。

同じシルバーカラーの台ならば、K18WGを選ばれたら良いと思います。

こちらの方が、変形しにくく、キズも付きにくいと言えます。

ただ、こういったこともデータからのもので、地金は全体的には柔らかいものであるということも思っておかれた方が良いです。

扱いはくれぐれも慎重に。。。ということですね。

もう1つお伝えしたいのが、じゃあシルバーカラーならいつもK18WGにしようと決意されるかもしれませんが、プラチナにはホワイトゴールドにはない白っぽい良さ、魅力があるのです。

2つの地金の違いで並べてみると、この図では同じ色にしてしまっていますが、実際は随分違うものです。

このことを知っている人は、プラチナ好きであることも多いかもしれません。

プラチナならではの魅力というのもちゃんとあるわけで、到底18金が叶わない部分です。

あとがき

シルバー色の台は、あっさりとしていて素敵です。

ゴールドのゴージャス感がない分控え目で気軽に、自然に装飾できる点が素晴らしいですね。

K18WGというのは、実は、後発的な地金なんです。

昔はK18YGがほとんどだったところへ、ロジウム、パラジウム当の銀色の素材が加えられて、ああいった銀色の様相を作ります。

ただ最後のロジウム仕上げというのは、塗ったに過ぎない部分もあり、正体は黄色いイエローゴールドであるということです。

あまりに経年だったり、リフォーム時などに火によって元のイエローが見えてくることを実際に目にした経験があります。

よって、純粋にどこまでも銀色を貫けるのは実はプラチナだということです。

ただ、K18WGにほどこされるロジウムメッキも相当なものなので、簡単にはイエローが見えてくることはないです。

だからこそ、丁寧に慎重にお取り扱いをすることが望ましいということにつながるわけですね(^-^)。

今後レンタルジュエリーに採用の実現を夢見るジュエリーx3選【1045】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

1つ前の記事【1044】では、当レンタルジュエリーの「本物志向のレンタルジュエリー」には採用をためらうジュエリーがあり、その理由と共にお伝えしました。

今回の場合は、その逆でございまして、今後是非取り入れたいと思っているジュエリーを3つご紹介したいと思います。

ピンク石の隠れた名品、モルガナイト、クンツァイト、そして、星モチーフへの注目

女性はピンク色とか赤色、紫色のような赤みの色を特にお好みのようです。

その中で私が注目していますのは、ピンク色のストーン。このピンクと一口に言っても、いろんな種類のピンクがあることが分かります。

今後レンタルジュエリーに登場してもらいたいなあと思っているアイテムのまず1つ目は、「モルガナイト」です。

ピンクの色を表現すると、ややオレンジ味が少し入っているところが優し気です。

サーモンピンクというところまでいかない中間的なピンク色が素敵なのです。

モルガナイトは、すでに、お花の連結でレンタルジュエリーに採用はあるのですが、1粒物とか1種だけでの採用を今後に考えています。

このたびの、全国宝石卸商協同組合様による60年ぶり程の誕生石の改訂がありました。

その中の4月にモルガナイトが加わりました。今までこのストーンを知らなかった人も多く知ることになるかと思います。

私ももちろん、知ったのはここ最近のこと。10年くらい前から持っていたビンテージの連のネックレスがモルガナイトであると気づくまでにかれこれ10年を費やします。

パワーストーンショップの店員さんにも当初は聞いたりして自分なりに調査しましたが、ローズクォーツではないようだけど。。。というようになかなかクリアになりませんでした。

そして、ニッチな石なのではないかと思いながら、ある時、ネットの写真で発見。

モルガナイトというのは、掘り出される時は、「ベリル」という鉱物名です。

あの有名なエメラルドやアクアマリンと同じなんです。とても意外ですよね。

モルガナイトだけでで連になっていることは結構珍しく、なかなかのお品なのではないかと思ったのです。

ただ、その連のものは、パワーストーンの領域の鉱物のままの物で、宝石の領域には達していないと、現在はレンタルジュエリーからは廃止しました。

今後取り入れたいのは、研磨された宝石質の透明感あるモルガナイトになります。

そして、2つ目は、「クンツァイト」です。

こちらもピンク色ですが、やや紫寄りのピンクである所がモルガナイトとの見分けの1つになります。

同じピンクなのだけれど、暖色系とのコーデであるモルガナイトの一方、寒色系とのコーデがイメージできるクンツァイトは両方注目するに値する宝石だと考えています。

色の違いはいろんなストーンの説明でもよくお話に出てくるのですが、後から加わる成分の違いとなります。

マンガンという原子記号25番の元素がこのピンク色を主に出していくそう。

クンツァイトは、リチア輝石(きせき)という鉱物名。

リチウムやアルミニウムが主成分とのことです。何やら分かりにくいですが、私もググらせていただいたにすぎません。

アメジストよりも淡いし、ピンクとパープルの間のような中間色なので違いは目で見て分かるものだと思います。

3つ目は、星のモチーフです。

星のモチーフは地金をイメージしています。

くり抜かれて透かしになった星も素敵ですし、塊になった星でもどちらも注目しています。

星はどちらかというと一クセあるモチーフではあるのですが、他のクセのあるモチーフよりもジュエリー同士の組み合わせはしやすいと私は考えます。

星は遊び心あるカジュアルなモチーフだと思いますので、現在エレガント中心であるコレクションがひと通り落ち着くと、こんな方向へ行ってみたいものの1つになります。

あとがき

レンタルジュエリーも1つとして同じものがないように同じアメジストのペンダントトップがかぶれば、大きく形が違うものにしてみたり、とにかく1点物の方向を貫いています。

もともと宝石は、実は同じようでも、細部は全く同じではないそれぞれ顔が違うものということが素敵です。

けれども、それは専門家様でないとなかなか違いの部分は分かりにくいので、私としては、単純にぱっと見の違いで分かりやすく並べます。

レンタルジュエリーの写真もぱっと見の所見でお決めいただくということになりますので、大きくその違いが様相に表れているアイテムを決めていくことになります。

パッと見たときに「キュン」とくるものというのを常に意識しています。

聞いたことがない天然石でも、それはそれでレア。

ある程度硬度もあるものであれば、ニッチなストーンも見ていきたいと思います(^-^)。

レンタルジュエリーに採用をためらうジュエリーがある、その理由とは。。。【1044】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

本来、宝石と呼ばれるお品というのは、長く持ち続け、その状態が永久的であるところに魅力があり、価値があると言われています。

よって、「コスパ」を考えた時に、大切に扱うということが価値の持続につながるということになります。

そういったことも考えると、やはりモース硬度の値が小さかったりするものは、持続的でない可能性がある1つのデメリットになるかもしれません。

それでも、その美しさゆえに、少し取り入れることもあったりして、逆にそれが現在の価値であったりもするかもしれませんね。

ん-、難しいところです。

今回は、今まで一度も当レンタルジュエリーの「本物志向のレンタルジュエリー」に取り入れたことがない採用にためらうジュエリーをご紹介したいと思います。

ためらうにはやはり理由があり、そのひっかかりから避けていますが、もしかして、まだ知らない良さもあるのかもしれません。

とりあえず、3つをご紹介したいと思います。

その理由の点にもしも共感いただけたなら、是非ジュエリー選びにお役立て下さいませ(^-^)。

繊細過ぎるエメラルド、クセの強い蝶のモチーフ、透明では通用しなかったブラックダイヤモンドは現在お取り扱いがございません

上のイラストはあくまでイメージです。

まずは、エメラルド。

古くから愛でられてきた美しい石なんだと思います。

手を加えずに良い状態で発掘されることがなかなか難しく、それはこのエメラルドの元の性質にあるようです。

割れやすく、内部にヒビやインクルージョンが入ることがほとんどのようで、お店に並ぶ美しいすっきりとした状態になるまではあれこれ処理なるものがなされるのが基本のようです。

その処理の効果は、永久ではないのがとてもがっかりです。せっかく高額なジュエリーを入手しても本来の宝石の良さである「一生物」が実現できない場合があるということになります。

そうすると長い目で見た価値は薄く、いずれある時期には手放すことになりかねません。

次に、バタフライモチーフ。

蝶の触覚まで再現されたものも多いですが、宝石からやや離れる感じが私はしていまして、どうも洋服に装うことに違和感を感じています。

蝶なら、同じヒラヒラのリボンがクラシックでフォーマルで腑に落ちますので、リボンモチーフなら結構な数取り入れています。

私としては蝶はトンボとかカタツムリのモチーフと同じような仲間に思えて、身に着けて歩くものだと考えると、ミスマッチを感じてしまい、なかなか取り入れることができていません。

最後は、ブラックダイヤモンド。

透明で披露することのできない事情を踏まえたような黒い色付けのダイヤモンド。

やはり透明にはかないません。透明はとても純粋にその姿を見せてくれています。

ただ、そうと分かってはいても、よほどデザインが素敵なブラックダイヤモンドは1つは採用してみようかとも考えていますので、全く否定的でもありません。

同じ黒の他のストーンよりも輝く黒色ということで際立った美しさはあるかと思います。

あとがき

今回は、採用していないジュエリーのご紹介でしたが、逆もありまして、今後採用していきたいと思っているジュエリーというものです。

これも後のブログ記事で取り上げていきたいと思います。

後者の方が内容としては前向きですね。

しかし、今回の私が採用していないアイテムも、好きな人はいらっしゃるかと思いますので、あくまで、私ならではの判断になります。

結局は腑に落ちたお品であることが一番良いわけで、入手したことが良かったなあと思う気持ちが持続するものが正解だったということになります(^-^)。

ジュエリーの装いに個性をどうやって出しているのかのご紹介です【1043】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、なかなか表現がしにくいですが、頑張ってお伝えしていきます。

ジュエリーの装いの中でどうやって個性を出していくかです。

個性的と言うと何か誤解もあるようで、美術品の理解が難しい絵だったり、創作物だったりを思い浮かべてしまいますが、そこは誤解です。

実に普遍的なモチーフのものを多く取り入れながら個性を出していきたいのです。

そんな個性の部分が何なのかというお話になります。

当たり前な普遍的なデザインや形の美しさを活かす

南洋真珠のジュエリー同士のコーデ

南洋真珠も人気の真珠ジュエリーの1つですね。

よく見るのがこのマルチカラーのネックレス。

この写真で10-15mmの大粒でボリュームあるネックレスになっているお品になります。

10mm程度の均一のお品よりはダイナミックで個性が少しあります。

しかし、それよりも、これに合わせたブレスやリングをご用意したセットであることが個性的と思っていただきたいわけです。

普遍的なアイテムをコーデによって個性的にするのが私の組み合わせをする役割とお仕事になります。

ブレスはトーンの薄いグレーのブレス。リングは、白蝶黒蝶の大粒のダブルリング。台はプラチナです。

南洋真珠もそれ1つのアイテムでは美しいですが、装いの際にはブレスもリングも必要です。

真珠が合うようなイメージまではぼんやり思い浮かべますが、更にその先を実現したのがこのレンタルジュエリーの良い所かもしれません。

あとがき

コーデは無限かもしれません。

その広々とした自由な部分が魚座の私にとっては、お魚のように自由に泳ぎ回れる喜びです(^-^)。

レンタルジュエリーにおいて、有難い自由をしっかりと活かしていきたいと思っています。

レンタルジュエリー是非ご利用下さいませ(^-^)。

商品一覧

私が好きなペンダントチェーン18金3種ご紹介【1042】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、実際にレンタルジュエリーにも取り入れていますチェーンの中で、特に良いなあと思うデザインを3種ご紹介しますね。

3種共に共通するのが、「華やか」である点にある

まずは、これ。

ペーパークリップ:ビッグあずきと私は勝手に呼んでいましたが、ここ最近このクリップの呼び名を知りました。
名前不明:呼び名が分かりませんが、あずきチェーンのようなベネチアンチェーンのような感じ。よくきらめくのは水平でなく、バイヤスにねじりながらつなげられ、パーツの1枚板も彫ったようなへこみがある感じです。とても良くきらめきます。
名前不明:K18YGとK18WGのコンビ。パズルみたいに合体したパーツのチェーンでやや幅広です。やや柔軟性が無い面もありますが、何より素敵です。金銀ツートンコンビのチェーンはこれをきっかけに目を向けるようになりました。

これら3種のチェーンが演じる役割

今回の3種というのは、どれも華やかで存在感があります。

出番としては、トップがシンプルな点をチェーンで華やかさを加えるといった目的に使っています。

どれも柄みたいですので、つるりとしたトップに対してはこの柄のようなチェーンが相性が上手くいくと思います。

気を付けたいのは、トップが十分華やかなのに、このようなチェーンを合わせたことで、混沌としてしまい、本来のそれぞれのトップやチェーンの良さが分かりにくくなることは残念です。

よって、バランスを考えた使い方となると、今回のようなチェーンは華やかさを加えたい時の目的で持ってくることをお勧めとしたいと思います。

ただチェーンだけのネックレス使いであると、単独では平凡になると思ってそういった使い方はしない方向です。

やはりそこも、トップあってのチェーンという関係だと思います。

その他、パイプロープチェーンは、その存在感から複数レンタルジュエリーに取り入れていますが、重複しないように長さをどれも変えています。

60cm、70cm、80cmまでに及ぶ複数の展開でそれぞれペンダントトップとのバランスで合わせています。

今回ご紹介の3つは 結構レアなチェーンでしたね。

珍しいからこそのお気に入りなのかもしれません。

あとがき

チェーンは、ペンダントというアイテムの半分を占めていると思っています。

バランスの良くないペンダントを見ることがよくありますが、チェーンが取って付けたように華奢です。

チェーンは、トップを支える重要な役割であり、メインではないにしろやはり目立つものです。

しっかりとした良いものを選んでいます。

悪い宝石を安く買っても意味がない、相応しい価格の良質なジュエリーを見つけるために。。。【1041】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

この記事は、以前にご紹介の同じ著者様の本、「宝石3-ジュエリーその品質と価値の見方-:諏訪恭一 著」」を読ませていただいたところです。

以前の記事では、宝石2の方を読んだ感想でしたが、同時に借りていた(図書館)3も読み終えました。

もう、この本を読ませていただき、この本のファンになるほどです。

1もいずれ読みますし、この宝石シリーズはすべて読んでいきたいと思うまでになりました。

ジュエリーの良し悪しはぱっと見に表れる

本の中では、美しく宝石が輝く工夫などもご紹介されていまして、光とのかかわりもジュエリーは大いにあるかと思います。

地金の台の部分もそういった点ではジュエリーの大切な一部分であるということですね。

宝石のルース自体をジュエリーとした完成品によってより一層輝くものにしてくれるのは18金やプラチナの台のおかげなのです。

いろいろ有りがたき学びがありましたが、ジュエリーを選ぶ時に結局はその素敵さはぱっと見の一目に表れてくるということです。

「わーっ♪」というようなすごさが感じられる第一印象のジュエリーは、ただただ一部分を強調したものでは決してなくて、いろんな細部の美しさが集まったものだということになろうかと思います。

商業用というのは、マスに広く行き渡るようなお品で、低価格。

パッと一目見たときに、石や地金の幅などは華奢過ぎるものは低価格に計算された安物になることが多いかと思います。

大変厳しい見方になりますが、小粒は飽きてしまうんです。

じゃあ大きければ良いかというと、それはそれで、ストーンの内部が目立つわけですが、まずは大ぶりというのは最初に目を付ける点としては良いと思っています。

なので、ぱっと見で「小さいなあ」と何か心にひっかかりがあったものが最終的に高額なジュエリーとして購入する時には気になったままであることが実際に私も多いです。

やはり、心が躍るような、「とてもダイナミックだなあ」とか「迫力があるなあ」と初見で感じた宝石の方がすっきりと素直に納得できます。

ただ、小粒のものでも複数並んだ配置のものは、面積が上りがります。

そのカラットもアップしますし、宝石は並ぶことで輝きが増すということをこの本から学ばせていただいた点です。小粒1粒と多数という違いも大きいということです。

特に気を付けたいのが、1粒物ですね。

その1粒に良質さがかかっているので、それが一番難しそうです。

実際、私も1粒物はサファイヤやルビーなどはまだ採用が無いです。

いずれ良き出会いがあれば挑戦したいと思いますが、4大宝石の良い物を入手することは結構ハードルが高いと思われ、信頼のできる宝石屋さんが必要ですね。

あとがき

宝石というのは、長く持ち続けていくものです。

よって、購入の際には一大イベントに等しい力の入る行事になります。

私が自分なりに思うことは、変なしばりにとらわれない感覚がとても大切だということです。

特にレンタルをしている事業用であるので、余計なことを考えてしまうことがあります。

その余計な事というのが、過去にあった、「あれに形が合いそうだ」という例です。

結局無理矢理見つけた形を意識したジュエリーは後に手放しました。

微妙に違ったのを無理やりそこへ当てはめるように考えていたところにそもそも無理があったからです。

いつも何か引っかかりがあり、違うんじゃないかと気になっていて、手放してそれでよかったと思えました。

「少し違うな」という気持ちも宝石選びにはかなり大切なんだと思います。心持ちで選ぶ部分もあると思って良いかと思います。

本物の宝石VSプラスチックやメッキジュエリーの価値比べ【1037】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

今回は、ジュエリー好きの方には大変興味深いお話になるのかもしれません。

ジュエリーにおいて、「本物」ということのイメージが、ダイヤモンドなどの「宝石」に相応しいストーンときらめく台の18金やプラチナの貴金属をまずはイメージします。

しかし、名だたるハイブランド様の中には、メッキやプラスチックであっても価格が高価なお品が勢揃いしています。

今回は、「何を本物と呼ぶのか」という難しいテーマを私の自分のレンタルジュエリーの事業から今、この時点で行き着いた事実をお伝えして、この本物ということについて少し触れてみたいと思います。

レンタルジュエリー内へのコスチュームジュエリーの取り入れの変遷-picturesqueの「本物志向のレンタルジュエリー」の場合-

一番最初は、自分使い用に集めてきたジュエリーをドンッっとそのまま出品するところからスタートしました。

振り返ると、ジュエリーの域に達するよう、留め具の細かい引き輪やダルマ板、つぶし玉さえもK18YGやK18WGを取り付けることにこだわった自作品や、ハイブランドコスチュームジュエリーを色を合わせて盛り込んだりして魅力度を示していこうと工夫を入れていました。

ただ、自分使いの場合と、大きく違うのはお客様の趣味嗜好にも合うかどうかになります。

そうしたレンタル事業の実際の中で、腑に落ちない感がとても出てきました。

私の場合3アイテムのネックレス、ブレス、リングを1セットでコーデして1つのセットの商品としています。

その中に、貴金属や、プラスチックジュエリーが当初は混在していました。

これがどうしても事業を実際にしていく中で気になりだします。そして、別々にするという次の段階へ切り替わります。

次の段階というのは、すべて本物のセットとハイブランドのメッキジュエリーとを別のセットにきっぱり分けるというもの。

ハイブランドのジュエリーは複数の着せ替えが出来て、そのブランドによりこだわっているのでとても楽しく、コーデどころか、とことん集められたコレクションがすでにされている状態です。

1週間日替わりで余裕で組み合わせができる多数あるセットもご用意してやってきたのです。

しかし、それも、最終的にはすべて廃止。この2022年5月のことでした。

廃止したその後の感想として、「これで完全に本物になった」という気持ちが率直な気持でした。

ハイブランドのコスチュームジュエリー採用の時代もそれはそれで本物ではあったのですが、とことんそのブランドのアイテムを集めたセットでさえも、1つの宝石にかなわないと最終的に私が下した判断です。

とはいえ、プラスチックやメッキのハイブランドコスチュームジュエリーもかなりの価値であること

「同じ土俵」という言葉がありますが、ハイブランド様が高価なコスチュームジュエリーを生み出したことは、ブランド価値への挑戦だと思います。

貴金属や天然石と同じ土俵で勝負を挑んだものになります。そのキモがブランド力です。

過去に、かのシャネル様の創業者であるココ・シャネル様は常に本物と偽物の価値をかなり研究しておられたと聞きます。

いかにブランドの価値がすごいものかは、現在のメッキやプラスチックに高価な宝石級のお値段が効いているのもそこがスタート。

そんなストーリーも本を読んで感動しながら、実際にこの目で見比べた私が決めた判断は、やはり、コスチュームジュエリーは、消耗度の高い工業品に過ぎないというところ。

しかしながら、これも実際の私のお話ですが、メッキと分かっていながら、プラスチックと分かっていながらハイブランドコスチュームジュエリーは可愛くて、素敵なんです。

宝石、貴金属類にはない軽やかな楽しさ、洒落の効いた遊び心があることもとても実感しています。

ただ、このプラスチックやメッキがノーブランド物となると一気に話が変わります。いかにブランドの力だけでそこまでの価値を生み出しているかが分かる瞬間です。

私の自分のジュエリーボックスというのは、中身がほとんどメッキのハイブランドのモチーフを自分でアレンジしたものが多いです。

時々入る天然石や地金は、レンタルジュエリーでは通用しなかった細すぎるチェーンとか、もともと家族にもらったものであったりなど、自分で使うにはふさわしいものばかり。

良いお品を私が所有するということは、全く希望していません。

すべて良いお品というのはレンタルジュエリーへご提供済。

お客様へ良い物を一番にお届けしている証拠になります。

あとがき

ということで、今現在のここ最近リニューアル後の「本物志向のレンタルジュエリー」は、私の側からすれば、行き着いたお品が勢揃いしています。

実際に体験してみて行き着いた場所ですので、間違いがないと思っています。

ただ、まえがきでお話させていただいた、本物とは何かに触れてみるという言い方であったのは、さらに奥が深いからなのです。

本物の中でもランクがあり、粗悪なお品を見分けることは必要だということです。

商業用に大量生産された悪いお品もあるのです。

それでも、地金を使い、天然石を使った本物の部類には属しているわけでそこが奥が深い部分です。

なので、まずは触れてみた時点に過ぎません。

その奥の事は、やはり私も知識と良し悪しを見分ける力が必要だということですね。

地金が使われ、天然石が使われていれば価値あるジュエリーかというと、そこからはまだ奥があるということです。

K18YGの喜平チェーンの種類の違いのご紹介【1036】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

前回の【1035】では、読ませていただきました本、「宝石の裏側:内藤幹弘 著」の中のピックアップ事項で、喜平チェーンについて、なぜ今買取市場に多く出回っているのかをお話致しました。

それには、製造者の利益の追求として大量生産をしたという過去があったということが1つ今でも多く見られるということの答えであるというお話です。

私としてはなぜ喜平が一般的なイメージなのかが不思議であったので謎が解けたようで有難かったですし、喜平チェーンをフラットな気持ちで今後は見れるようになれそうです。

そこで、今回、実際に私も「本物志向のレンタルジュエリー」の中にも取り入れています喜平チェーンをご紹介したいと思います。

商品ですので、個人の持ち物とは違い、それぞれのペンダントトップにそれぞれチェーンを当てはめておりますので、チェーンの数も結構なものです。

その割には少しだけというのが、多く出回っていてレア感が感じられなかった何か偏った気持ちが今までありました。

けれど、喜平は本来美しいもので、喜平の中でもデザインの少しの違いで展開があるのも魅力なんです。

実はフィガロチェーンも喜平の仲間、喜平グループのチェーンのご紹介

喜平チェーンの種類:実際はもっとあるかと思いますが、持ち合わせとしては喜平はもともと少ないので、これだけ見つかりました。デザインとしては左2つはパーツの大きさが違うだけでだいたい同じです。一番右は「粗喜平:あらきへい」と呼ばれてデザインがぐっと変わるかのような印象です。

喜平にもカットの仕方でいろいろ表情が変わりますが、一番左と真ん中はデザインとしてはほぼ同じでパーツの大きさが違います。線形も違うと思います。一番左で1.5-1.8mmの間です。真ん中で2mmくらいに到達しているようです。

一番右は粗喜平:あらきへいと呼ばれ、隙間が多い形ですが、非常に美しく、角ばった感じがかっこいいです。

より違いが分かりやすくチェーンをたたんでみました。一番左も平凡ながら長さに特徴があり、80cm級です。真ん中は60cm、右は50cmとミドルレングスになります。
フィガロチェーン:よく見ると、喜平の2種を組み合わせてあり、リズムを刻むように、3つと1つを交互に配置。PT850製です。線形もボリュームがあり、メンズライクな太さがかっこいいです。このフィガロチェーンも喜平の仲間という見方もできます。

私ならではの喜平チェーンの取り入れ方

喜平は丈夫なイメージなのですが、私としてはチェーン単独では平凡に感じています。淡々としているというか特徴が少なく定番と言った感じです。

よって、これらのチェーンをそのままネックレスという使い方ではなく、必ず先にペンダントトップを付けてペンダントとしてレンタルジュエリーに取り入れます。

ある意味、チェーンって地金そのものだけなので地金価格高騰の今、大変高価なアイテムなんです(^_^;)。

で、一番左のような、いかにもプレーンな感じは、ペンダントトップは華やかな大ぶりなものをチョイス。

しかし、ずっしりともしていない軽めのペンダントトップで調整をはかりました。

真ん中と右は、実際にずっしりとした重さがある線径の太いものになっていますので、ペンダントトップも重さがあるものを持ってきても十分対応できます。

一番左の喜平チェーンを通したペンダント・・・トップが大きなサイズではあるものの透かしとなっていて割と軽めなのでこの太さの喜平チェーンを使用。しかし、長さがレアな80cm級ということで価値のバランスを考えたチョイスになります。
一番右のチェーンを使ったペンダント・・・ずっしりと重みのあるスウイングトップが付いたペンダントにはずっしりと重みのある粗喜平でバランスを整えます。全体に透かしが多く見られ、「垢抜け:あかぬけ」したしたペンダントになりました。

あとがき

私だとこういったわずかな数しか喜平は持っていないわけですが、もっと展開があり、2面、6面、8面などと複数の違いがあるみたいです。

今回の私の分け方としてはおおざっぱですが、私が多くを持ち合わせていないからです。

ここでは、主にK18YGをご紹介しましたが、K18WGやPT850の喜平も違った印象です。

シルバー色はあっさりとした印象でギラギラ感が抑えられるような雰囲気も感じます。

気を付けていただきたいのが、あまりにも細い巾しかないお品は確かに価格は安いですが、髪の毛に喜平チェーンは引っかかりがあります。

よって、1.5mm強より上の幅のものをお勧めします。

絡まりの件に関しても髪の毛の引っ掛かりと同様でやはり取り外した後や保管時などに絡まりやすいのが細口の喜平です。

その点は、使い心地が良い方が長い目でみてコスパは良いと言えますので、しっかりとしたチェーンが末永く使えそうですね。