差し色であったり、ワンポイントアクセントに飾る手作り蝶ネクタイと金属チェーンのコラボペンダント作り【1006】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ハンドメイドバッグをこれまで作ってきました。

この<はぎれ>カテゴリーでは、そのバッグ作りに余った生地を活かす製作をご紹介しています。

よくポーチのような「入れ物」をご紹介しているのですが、今回は少し違ったアイテムになります。

それは、ペンダントトップ。

蝶ネクタイをお気軽に身に着けることができるために、あえて、大ぶりではありますが、チェーンとの組み合わせでペンダントトップを作ります。

フォーマル色の強いイメージの蝶ネクタイをもっと身近にお使いいただけることになるかもしれません(^-^)。

両サイドが尖ったポインテッドタイプの蝶ネクタイを本来のサイズ感そのままで作ってみる

本体:縦7.5cmx横17.5cmで、ポインテッド(pointed)タイプデザインでいきます。尖り部分の両サイドは、高さ2.5cmの二等辺三角形というものです。 
ノット:6.5cm四方の型紙が綺麗に本体が通るみたい(5cm四方ではきつかったです)。
接着芯はフルに貼ってありますが。更にソフト厚芯を邪魔にならないような控えた面積にカットしてボンドで貼ります。
そして、中表で返し口を省いて縫い代1cmを縫います。
ひっくり返して、返し口は手まつり(はしごまつり)。とんがりを目打ちで綺麗に出してアイロンです。
こうして本体は完成。次は、ノットパーツです↓。
画像がぼやけたものしか抽出できずに、すみません<m(__)m>。6.5cm四方のノットパーツを縦に半分に折って、両サイドから真ん中へ向かって三つ折り。そして、短い辺の両サイドを二度縫い。真ん中の空いた部分ははしごまつりで縫い閉じます。そして、中表で輪にして、端の方3mm程度を二重縫い。
そうしますと、表面には何も縫い目が出なくて自然なラインであり、上品です。
輪をひっくり返して、ノットへ本体を通します。これは裏側ですが、ノットが動かぬように裏面で手縫いで3重くらい本体にも貫通して留めます。表にはノットで隠れて糸目が見えないです。
完成です。ノットと本体のバランスが良いです。ノットがきつすぎると本体がくしゃくしゃして綺麗ではないです。

金属チェーンとのコラボ

完成した蝶ネクタイトップにステンレスチェーンを通し、ペンダントにしていくわけですが、今回は、当てるだけにしますね。

商業利用は、チェーンが製品であることで、商標権の問題に引っ掛かりがあり、グレーゾーンです。

よって、ごめんなさいね、実際に通した撮影はYOUTUBEが商業利用にあたるので(広告収入がある為)、ひかえさせていただきました。

イメージはこんな風です。とても素敵ですね。元の蝶ネクタイのフォーマルなイメージから、ボトムにブルージーンズを持ってきても良いのでは。。。と思うほどのイメージが広がる見込みがあります。
チェーンの長さはお好みで。私もこの位置に来ると良いと思っているので、チェーンは70cm程あり、少し長すぎます。60cm強くらいがちょうど良いのかな。また。チョーカーみたいに首に沿うような着け方をしたい場合には、チェーンは40cm以下の短いタイプががかっこいいですね。

あとがき

もしも蝶ネクタイさながらではなくて、もっとアクセサリーっぽくということであれば、型紙を小さくして、全体を小さくするとペンダントトップらしくなるかと思います。

このアイデアというのは、ジュエリー好きな私が、とても困った時にどうしようもなくて、今回とは逆に、チェーンが見つからなかった時に、布で作るということをしたことがある過去からのヒントです。

その時は、チョーカーのような透かしのネックレスが見つからず、透かしのレースのテープを使って、ペンダントトップを金属で着けたところが今回とは反対です。

こうして、布+金属というコンビも、特に高級感を重視した宝石なるものではないにしても、かっこよく見えるお洒落なコーデの1つとしては、とても気楽にご利用いただけるアイデアだと思います(^-^)。

レンタルジュエリーは、当HP内で受け付け/ご利用可能です。

ハンドメイドバッグは、creemaで販売中です。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

creemaこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください