ボタンがぽろぽろと外れてしまうニットのボタンホールを狭くするリフォーム【306】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

突然ながら、カーディガンはお好きでしょうか。

私はそれほど好んでは着ない方です。

なぜって、前開きの部分が何かスッキリしていない感じがして、きちんと前立てを締めて着たい方なので、プルオーバーやセーターのような前身が1枚はぎのものが好きです。

ところが、USEDの古着が好きな私ですので、それほどあれこれ選ぶというよりは、あるものの中から時には完璧ではなくても、現状を受け入れて買っていく感じの買い物スタイルです。

多少の趣味嗜好の違いは、ある程度受け入れ、その代わりに、好きなブランドを徹底的とも言っても過言ではないくらい追求しています。

エンポリオアルマーニのカットソーがカーディガンタイプだったこと

今回のお直し/リフォームのアイテムになるわけなのですが、最近秋冬用の仕事着として、収納にもかさばらず、お洒落で、そのまま外出もいとわないようなカットソーを探していました。

そんな中であったのが、エンポリオアルマーニの金茶色のVネックのカーディガンタイプです。

エンポリオアルマーニのカーディガン:色は金茶

基本的にルームウェアのように部屋の中での着用となるので、寒い冬であったとしても、厚手で、でぼこぼこしたものはやぼったく、こういう目の詰まっているぶ厚すぎないナイロン系のような素材がよいと探していたところです。

実際のこちらの素材は、トリアセテート/64%、ポリエステル/28%、ポリウレタン/8%です。(ナイロンは今回入っていなかったですね(^_^;))

思うに、トリアセテートって思ったより暖かいというかそこそこ保温性があるようです。

この混率からは、十分真冬も部屋着になるかと思います。

素材感の方は良かったのですが、デザインがちょっと気にかかっていました。

前開きであるということです。

でも仕方がない、基本古着は1点物である、よほどの量産品でなければ、全く同じものって簡単には見つけられないし、その上、今回のこのカットソーは、このブランドの古着をいろいろチェックしてきた中では、見たことがなかった商品でした。

全体からは、金茶の色もお洒落であるし、この編み目というか織り目というか、うねりのような高級感ある表面もかなり惹かれましたので、購入しました。

ところが、届いた矢先に、少し触っただけで、前ボタンが、ポロポロっと外れました。

ボタン自体はきちんと付けてありますが、ボタンホールから外れるという意味です。

ものすごく、ボタンホールが開いてしまい、ボタンがボタンの役割をもはや果たしていないのです。

ということがきっかけで、今回、考えた末、ボタンホールを小さく狭めることをリフォームとして行うことにしました。

そして、自分だけでなく、こんな地味な些細なプチリフォームだけれども、もしかして同じような状況の人がいるかもと思い、動画にアップして、このように記事にも書こうと思ったのです。

ボタンホールを狭める方法

古着購入時のボタンホールはとても緩いものでした。

上からも下からもボタンホールが緩く、軽く前立てを引っ張るだけでボタンが外れる様子

そこで、今回、原因のボタンホールを狭くすれば効果が出るのではないかと、思い切ったホールの両端の詰めをミシンで行いました。

ボタンホールの両端を数ミリずつミシン3mm巾で行ったり来たりの返し縫いをして、ボタンホールの幅を詰めます。
写真1枚ではイメージしにくいかと図を書きました。こんな風に縦に開いてしまったのはニットの伸びのせいなのでどうしようもないので、彩度の隙間を埋める形でミシンで縦に行ったり来たりしながら横にずれていく動きを擦るステッチを入れます。そうして、ホール全体の周囲を狭くしていきます。

結構思い切って幅を狭めても、このニットの伸びは相当なもので、それほど慎重でなくても思い切って詰めても、ボタンは余裕で閉められました。

むしろ、詰め足りないということがせっかくミシンをした意味がないくらい、当初の状態と変わらなかったので、全8か所の内、2か所ほど、もう1度やり直したほどです。

そして、ミシンをかけた後の糸始末は、きちんと結んで始末するのが良いかと思います。

左:穴が大き目の針に糸を2本まとめて通し、裏側へ針を通します。 
右:裏で、片手で2本ずつで糸を持ち、2回結びます。2回目は糸が切れない程度の力を込めてギュギュっと結び、ほつれてしまわぬようにしっかり固定します。

このような地味な作業を1つ1つのホールについて行い、すべて完了したら出来上がりです。

リフォーム完成:圧力がかかってもボタンが外れず、安心でストレス無しになりました(^-^)

あとがき

今回は、多少地味なリフォームでした。

リフォーム自体は、地味なものです。

しかし、明らかにリフォーム前と後ではこういった洋服にも価値がプラスされるかと思います。

機能などの面というのは、使っていく中でじわじわと良し悪しを感じるものです。

もし、このままリフォームしなければ、ボタンがすぐ外れてしまうというたった1つの原因でもはや着用しない価値のない洋服になっていたことでしょう。

その後、季節がめぐる頃、この金茶色のエンポリオアルマーニのカットソーと、ベロアのゴムパンツをはいて、せっせと仕事をするんだと思っております(^-^)。

では、今回もYOUTUBE動画がございますので、よろしければ、ご視聴どうぞ。

今回取り上げました金茶のアルマーニは動画の最後の方でご紹介しています。

ありがとうございました。

バッグをデザインし、製作して販売しております。こちらで商品がご覧になれます。

是非どうぞ→こちら

picturesque
picturesque

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください