邪気を広げぬようゴミ箱には蓋が必須、DIYで追加するインテリア映えの蓋作り【194】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

トイレではスリッパは着用した方がいい、寝るベッドの向きは壁に垂直がベスト、などあたり前に今まで行ってきた日常の事柄も、「風水」のネット情報を拝見させていただき、参考にさせていただいています。

そんな中で、最近知ったのが、ゴミ箱というものは不必要で捨てられたものの集まり。

「邪気」が集まっているから、邪気が蔓延しないよう蓋が必須であるらしいのです。

それを知り、早速ゴミ箱の蓋を探しました。

私は、パンダンという水草で編まれた、インドネシアなど東南アジアの産地品の、「パンダンボックス」と呼ばれる箱類が大好きで、ゴミ箱もパンダン製です。

ゴミ箱も立派なインテリア品ですからね。

左右とも、パンダンで編まれたダストボックス:ブラウンカラー・・・いずれも蓋が付いていません。

左側は、一応「蓋付き」などと謳ってありましたが、実際は開いていますね。

右側も、もともとは、トイレットペーパー入れとして売られていて、蓋があったものだったのですがトイレットペーパー入れとしては使用せずに蓋を処分してしまっていまして、細長い筒などを収納していたものです。

その後、模様替えによって、このボックスがゴミ箱へと変わりました。

今回は、この風水的には望ましくない状態の蓋無しゴミ箱に、蓋をDIYで製作していこうという試みです。

蓋に選んだ材料は、100均で誰もが入手可能なマット

できれば、同じパンダン素材で蓋だけ売ってないだろうかとくまなくネットを周遊しましたが、ゴミ箱本体とセットのものでも蓋付きは少なく、単独での蓋は皆無でした。

それならば、パンダンという同素材は諦めようということで、別素材での蓋を探しましたが、なかなか蓋だけというのは売ってないものですね。

ということで、木で作るか何かを考案しようとしていたところ、パンダンは軽いので、重さのバランスも考慮した結果、見つけたのがこれです↓。

ダイソー様で売っていた1マス分の絨毯みたいな吸着マット
・・・裏が少しねっとりした加工がしてありく貼り合わせやすいです。

ご覧になったことあるのではないでしょうか。

こちらの商品はセリア様やダイソー様のもの。

買ったのはかなり何年も前ですが、今でも引き続き売られているロングセラー商品であるようです。

いろいろ用途がありますし、日本製のお品である所が親しみ深いです♪。

絨毯が高額であれば、フローリングにこれをたくさん敷き詰めたって絨毯には金額は及びません。

ハサミでカットして自由なサイズにも変更できるし、なんてすごい融通の利く商品なんだろうと感動したものです。

私は、インテリアを茶色で統一しているので、この色もよく合うのがきっかけでした。

その他のいろいろな木製ボックスなどの中敷きに敷くことにも利用させていただいているマットです。

そして、傷つきにくいのを防止したりと活躍の場は広いお品かと思います。

これを今回2枚重ね合わせて頑丈にし、蓋を作っていこうということになりました。

ダイソー様のイ吸着マットを材料にした蓋の作り方手順

では、作り方を書いていきますね。

具体的には、動きのあるYOUTUBE動画も後程登場しますので、併せてご覧くださると嬉しいです。

①型取りをします。

①型取り:左-筒形の方は、ゴミ箱の入り口が狭い穴になっているので、縁と同じサイズで十分です。
右-こちらは、左と少し違う点にご注意。
こちらのゴミ箱は入り口がフルに開いている作りなので、
蓋はそれよりももっと2回りほど大きくなければ、穴の中に蓋が落ちてしまうハプニングが起こりがち。
なので、2cmほど外側を型取ります。

②カットします。

チャコで型取り線を描いたら、その線の上をハサミでカットします。

②カットします。そして、ゴミ箱に当ててサイズを一応確認するとよいですね。

③同じパーツをそれぞれもう1枚カット。

出来上がった片方のパーツを型紙代わりにして、もう1枚同じものを作ります。

③同じパーツをもう1枚ずつ作り、二重仕立てにしていきます。(2枚重なっています)

④取っ手部分をカット

④取っ手部分をカット:ストライプ状の柄を利用して一定の幅で2.5cm程度の幅の取っ手をカット。
当然こちらも、2枚仕立てにするので2枚ずつカットします。

⑤イメージを確かめる

⑤イメージを確かめる:こんな風に出来上がりのイメージをしてみます。

⑥縫う。

⑥縫う:まず、取っ手のみをぐるり1周端から2mm程度の位置にステッチをして、固定。
次に、裏にハード薄芯をすべりやすくするために敷いて、
取っ手を本体1枚分のみに、ボックス+クロスのステッチで縫い付けます。

この縫う時のポイントとして、まず、取っ手だけを先に縫って固定してから、本体に取り付けるという順番でいくということです。

もう1つポイントは、蓋に縫い付ける時に、2枚一緒に縫い付けず、1枚だけに縫い付けて、裏側の縫い跡を中に隠し込むということです。

これで、インテリア映えのすっきりしたお品ができるかどうかの分かれ道なので、DIYといってもここは徹底した方が見栄えが非常に違いますね。

そして、最後に取っ手の付いた本体を2枚重ねて、外側ぐるり1周を端から2mmでステッチで閉じるということをします。

最後にぐるり1周を端から2mmあたりをステッチかけて、終了となります。
完成です。取っ手がツンと立って、結構丈夫なものができましたよ。

いよいよ、実際にゴミ箱に蓋をしたいと思います。

変わった形の細長い方:左-蓋無し 右-蓋あり
入口穴の小さい太い方:左-蓋なし 右-蓋あり

以上で完成となります。

その他のゴミ箱の蓋のDIY例

当ブログ投稿もその後、手直しをしています。

更に、別の方法でのゴミ箱の蓋の案が数年後に出てきましたので、ここでご紹介したいと思います。

セリア様の厚手マット使用バージョンの蓋:こんなタイプの厚手のマットをカットするだけの制作。
ある意味上述の布製マットよりもミシンを使わない点が単純です。
真ん中にゼンマイやきりで穴を開けてストッパーの役割のループエンド、
つまみの江戸打ち紐を取り付けています。
裏面の様子:裏もインテリアですので、見栄えがすっきりした仕上がりにしたいものです。
こちらにもループエンドでストッパーの役割を。
木製鍋蓋の使用バージョン:これが一番何も作業がありません。
ひとまわり大きな鍋蓋の雰囲気の良いタイプをキッチンで使用。
キッチンなので鍋蓋と分かってもあまり滑稽ではありません。ただ蓋をのせただけです。

こうして考えていくといろいろアイデアが浮かびます。

新聞紙を蓋にするような方法もできるのかもしれません。とてもエコノミーですね。

あとがき

ところで、YOUTUBE動画の中でも申し上げているのですが、もっと完璧に仕上げたい場合は、重なり部分の白いラバーが見えてしまっている所に、茶色のマジックなんかを塗るとよいかと考えます。

そうすると、視覚的によりいっそう綺麗に映るかと思います。

心地良い「おうちライフ」をお送りくださればと思います(^o^)丿。

picturesque
picturesque

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください