劣化が必ず起こる人工・合皮・PVCなどのフェイクレザーにあるたった1つの最高の価値【177-4】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

バッグの素材は気になるポイントの1つではないでしょうか。

バッグの形さえカッコよければということは決してないでしょう。

素材は、風合いという表現で評価され、バッグ1点の雰囲気や一目見たときの印象にに大きく影響する大切な要素です。

バッグの素材を、メジャーな3種の素材で見てみます。本革レザー、フェイクレザー、布です。

この3種の中では私の場合、実は、フェイクレザーを持ち合わせておりません。

ずッと持ち続けられるというコスパをついつい考えますので、劣化する運命のフェイクレザーを避けてしまいがちなのです。

合皮・PVCなどのフェイクレザーがあまり好まれない理由

もしかして、フェイクレザーが大好きな方もいらっしゃるかもしれませんが、フェイクレザーはどちらかというと、本革レザーと対極にあるという考え方があります。

本革レザー愛好家にとってはあまり好ましくない素材であることも。

不思議なもので、もとは、フェイクレザーは本革レザー(天然皮革)の代替品とか類似品として考えられた素材であるにもかかわらず、全く違う素材であり、同等に隣に並べないというような存在である一面があります。

似てはいるものの、違うということをはっきりさせることで本革レザーの存在感を際立たせたい強い考え方がフェイクレザーを別物であるとはっきりと区別することになっているように思えます。

そのように本革レザーと線引きされるフェイクレザー(合成皮革、人工皮革、PVC)ですが、まずは大きなデメリットを持ち合わせているのです。

それは、劣化が必ず起こることが運命であるとあらかじめ分かっているということです。

本革は一生ものとも言われるほど、半永久的な素材だと言っても過言ではありません。

一方、空気に触れたその瞬間から劣化が始まるフェイクレザーのその寿命は短いです。

そして、3つ目の素材の布ですが、本革より弱く、すぐ破れたりほつれたりするイメージも強いです。

ただ、本革に比べると、永久的というようなものではないにしろ、頻繁に使わなければ、かなり長持ちです。

おそらくフェイクレザーよりも布の方が永続的だと考えます。

ポリエステルでも、ナイロンでもとにかく純粋な布は、劣化は決してしないのが特徴です(PVCなどが構造の一部に含まれる場合は除きます)。

その布に比べても、フェイクレザーは寿命が数年といったところで劣化が目立ってきます。

合皮:写真で見ると本革と似ていますが。。。

雨の日専用の素材としては抜群のフェイクレザー

結構多くの悪いイメージがあるフェイクレザーですが、1点だけダントツのメリットがあります。

それは、雨に強いということ。

撥水を上回る防水級の素材であるということです。

まず、撥水や防水についての言葉の引用ですが、よくネットでは謳い文句として防水という言葉もはっきりと使われているようですが、実際のところ、生地分野で完全防水は今のところ実現されていない状況かと思います。

なるべく、雨をはじき、限りなく防水に近づける努力をした加工はありますが、それも撥水(はっすい)の延長の「強めの撥水」という素材であるにすぎません。

防水と言い切る表現はある意味誇張です。

撥水は、摩擦によりその加工がはがれてきますので、永久の機能ではないので、いずれ効果が薄まります。

よって、私は「防水級」という表現をさせていただきました。

やはり強い雨の日は、どうしても心配事ができてしまいます。

まず1つは、本革や布は、雨にたくさん当たると、中に入れている紙類などの書類が濡れる心配ができます。

ビジネスシーンでは神経を使う状況です。

もう1つは、お気に入りのデザインの素敵なバッグの表面が雨が原因で傷むということです。

本革レザー(天然皮革は)、雨がしみこまないくらい分厚く頑丈なイメージもあるかと思うのですが、実際は水を通してしまう構造です。

布は更に本革レザーに比べてはるかにスカスカですので簡単にお水を通してしまいます。

ですから、雨の日というのはフェイクレザー製バッグが一人勝ちします。

この雨の日に強いということが、やはり最大のメリットです。

仕事では、特に雨はあなどれません。

ということで、雨の日にはダントツであるフェイクレザーですが、同時に心理的なメリットも並行して生まれます。

それは、「特に気を使わなくても良い」というストレスの軽減です。

本革レザーや布を雨の日に持ってしまう時の心理状況と比べればとても気楽です。

「雨でも大丈夫なのだ」という安心感で、繊細に気を使うようなストレスから解放されて1日を過ごせます。

そして、万が一フェイクレザーが傷ついたり破れてきたりしても本革レザーほどにがっかりすることは無いと思うのです。

なぜなら、元から永久的ではない素材である固定観念によって、「そういうものだ」という覚悟のような構えを持ちながらフェイクレザーバッグを所有するからです。

そして、素材をしっかり守らなければいけない呪縛から解き放たれるのです。

この心理状況は、フェイクレザーのバッグを持っていないと起こらないものなので、フェイクレザーならではの大きな価値であるとみなします。

ですから、フェイクレザーバッグを、雨の日専用に1つ持っておくという考え方はどうでしょう。

雨の日に使うためだけのバッグです。

あまり使わない場合でも必ず劣化していく運命だということを分かった上で、1つ持っておくのです。

ただ、毎日雨がるわけではありませんから、出番のない時も、心地よい気持ちで眺められるようなお洒落な合成皮革、人工皮革、PVC、ビニールコーティングであれば愛着がわき、かわいがることができるでしょう。

あとがき

冒頭で私自身がフェイクレザーバッグを持っていないお話をさせていただきましたが、ここまで記事を書いた今、雨の日用のフェイクレザーバッグが欲しくなってきました(^_^;)。

雨の日の悩みは可能な限り解消したいものです。

ただでさえ外出しにくいストレスがありますので、携えるバッグに関しては気にせず安心して持てるフェイクレザーの出番によって気持ちをできるだけ安定させたいものです。

つまり、フェイクレザーのたった1つの最高の価値というのは、フェイクレザーでなければならないシーンにストレスを軽減してくれる「ありがたさ」にあると、そういうことなのです。

バッグのシーンの使い分けのメリハリが結局、晴れた日に持つ本革レザーや布バッグを気持ちよく持てることにも影響するのではなかろうかと。。

そう考えると、フェイクレザーの役割は偉大です(^-^)。

picturesque

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください