1/10:材料

バッグが永久的に使えるために。。その時だけの融通を選んだ20cmファスナーの15年後の透明樹脂留め具の劣化と代替策【1338】

生機(きばた)は他国の可能性、「〇〇製」というヨーロッパの原産国自体がブランディングな「表示」に翻弄される生地の選び方への警笛【1333】

この思い届けたい!ハンドメイドバッグ製作用にもっと豊富なラインナップを希望する生地3種【1331】

<糸調子>意外と知られていなかったナイロン100%生地の糸調子の難しさ、弾力性があり緻密な織組織には、時にはデニム級の工夫が必要【1302】

片面が見栄えが良く、もう片面が見栄えが悪い場合の撥水加工生地の表と裏の判別の仕方【1257】

基本が「真っ白」というミシン糸の選び方の見直しへ、白ではない中間的なオフカラーが出来上がりの高級感へとつながる【1239】

材料が高級生地だからではない、その後の付加価値がそのハイレベルな生地に相応しいバッグへと押し上げるのである【1172】

あれほど不安定な生地が厚みのあるしっかりバッグになっていく風通ジャガードという生地の構造【1145】

ハンドメイドバッグに使う生地を多種経験してきたことから分る作業しやすい生地と作業しにくい生地【1110】

附属にも著作権が存在します!、販売用のハンドメイド材料選びはこのことを意識して!【1108】

生地屋様へお願いしたい、十分な生地情報をハンドメイド製作者である私達にいただけませんか【1096】

生地屋さんの店舗生地は、ネットでは掲載しきれないその他多くの生地の宝庫なのではないか【1089】

1つしかない貴重なお品を作るために。。。2度目以降の同じ生地のハンドメイドバッグ製作の工夫【1076】

糸の用尺を計算する時に忘れてはいけないロス部分-縫い始めと縫い終わりの部分の余り糸【1070】

比較して並べると歴然、デニム向きなスパン糸の30番と20番の違いが驚く程大きい事実【1068】

生地の長期保管に関する注意点と素材別のたたみジワの有無の件【1054】

スパン糸とテトロン糸を比べて決定的に違う互いの強味【1040】

工業用ミシン糸60番と30番の下糸の用尺の違い【1039】

毛並みのある生地を使用する時のバッグ作りの裁断時の注意点-並毛と逆毛のこと【1027】

新型アクセサリーのご提案♪、蝶ネクタイをペンダントトップに作るための蝶ネクタイ製作用型紙【1005】

型紙は命!、縫製工場でも行う裁断を正確にするための型紙にかけるアイロン【1004】

ハンドメイドバッグの材料と附属の現状況に応じた整理整頓【972】

おでかけバッグ用の生地から、インテリア小物用の生地へシフトチェンジした瞬間【954】

黒っぽい糸の魔力を知る!黒、濃紺、チャコールグレーのテトロン糸を並べて同時に見比べないと判別できない色味の違い【911】

表地にフクレジャガードの大花柄を持ってくる組み合わせの4種の生地【872】

カジュアル感のあるイメージのネイティブ柄をシックな裏地に使う例【865】

ハンドメイドバグに使用の金属パーツのレベル【808】

迷いますが。。。マルチカラーなどのカラフルな生地に使う縫い糸の色のチョイス例【778】

25オンスのヘビーなセルビッチデニムの製作からの学びと取り扱いの注意点【775】

この季節ならではのモフ素材でリュックを作る最初の生地選び3種【773】

生地の本来の耳の向きを無視したハンドメイドバッグの製作は、「あり」という考え方【768】

とっても身近なスニーカーの一部素材を全面に使ったハンドメイドリュックお作りしました♪【767】

ナイロン/100%、もしくは、ナイロン混の生地に貼る接着芯はニット芯がマストである【764】

人間が着用する目的の機能重視の素材をあえて、バッグ素材としてオシャレ使いしてみる【763】

ハンドメイドバッグ製作に4種の黒ベース生地を使い分ける例【756】

前回からのリズムに乗り、同素材でのメッシュ素材でハンドメイドリュックを作る序章【746】

同じ黒テイストの分野にも2つのテイストがさらにあるというテイストの絞り方-ハンドメイドバッグ製作編【720】

2000m巻のテトロン30番ミシン糸、その最後の瞬間【685】

使用目的が明らかに大容量で重くなるバッグに使う裏地の選定例【674】

生地に流行はあるのか、ここ数年浮上のモアレという生地について【666】

バーカウンターの椅子をひっくり返して使う個性的な反物入れに入る芯地や生地【659】

裏地も時には主役級の存在に、隠れた部分のその役割と機能について【657】

アパレル工場向け専用の型紙用紙を使ったハンドメイドバッグの製作のすすめ【634】

夏素材と呼ばれる生地のどういった構造が涼しい触感を作るのか【609】

デニム生地、何の情報もないままで12オンスと14オンスを見分けるコツ【603】

ハンドメイドバッグに取り付ける金具の危うさが気になって使用をやめる決意の意向【601】

一見そっくりな黒無地の撥水加工生地4種の違いは、織り目の種類のちがいである【354】

分かりやすくスムーズにパーツが把握できるハンドメイドバッグの型紙の整理整頓方法のご紹介【353】

ハンドメイドに使う、薄くて硬め、キラキラした生地は注意、跡が付きやすいのでたたむことを避けた方が良いすすめ【291】

ハンドメイドエコバッグ、カーテン地・インテリア地の幅広生地で作りたいその理由【218】

複雑に糸が織り込まれるからこそ美しい、マルチカラーのジャカードの品質表示のあいまいさ【197】

厚手のごわごわした生地は丈夫なイメージながら縫えないことも。。ミシンの限界を現実的に考えたゴブランと相性の良いデザインの考案【195】

ハイブランドバッグに使われているようなレベルの高い金属パーツを自社ホームページ内で販売のお店で見つけた記録【187】

雨対策ができる素材に関する疑問をクリアにしていきたい、①PVCとはどんな見た目か②合成皮革と人工皮革の違い③はっ水加工は劣化するのかの解明【179】

ブランドバッグの主な素材に①本革レザー②フェイクレザー③布がある、購入時にこそまだ起こってもいない遠い将来の状態を想定するべき理由【177】

ハンドメイド製作者が一度は考えること、ここまでの生地の拘りを経て完成したバッグは果たして「作品」なのか「商品」なのか【146】

これからも大切に使っていきたい、エレガントなツヤ感の貴重なテトロンミシン糸30番の崩れにくい収納の仕方【132】

見返す時に探しやすいハンドメイドバッグの型紙の収納の仕方【113】

この考え方は危険!、織物生地には織芯、ニット生地にはニット芯という使い分けが正しくない理由【111】

服地をバッグに利用することの無限の可能性【53】

ハンドメイドバッグの表地と裏地を洋服コーデのようにどちらも対等な価値で考える選択【49】

ハンドメイドバッグの附属品、無くてはならない存在のものだけを選択していく使い方【34】

ハンドメイドバッグ製作用に集めたゴブランやジャガードなど多数の生地コレクション【33】

1点物のハンドメイドバッグを作り続ける製作者の持ち合わせ糸の収納風景【32】

布製ハンドメイバッグ製作に合う芯地の定番チョイス3種【30】