プラチナのダルマ板には決まってPT850の刻印が多い理由【558】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ最近知った知識ではありますが、プラチナは宝飾品によく使われ出したのは金や銀よりも比較的後のようなんです。

その理由が、金や銀よりも融点というものが高く、溶けにくいので敬遠されていたというような一説を目にしました。

しかし、ダイヤモンドとの組み合わせに、とてもマッチした地金として選定され始めて、ダイヤモンドには決まってプラチナを組み合わせるというような地位を築いたようです。

ダイヤモンドの指輪、ペンダントなどの台には、確かにプラチナ台であることが多いと思いますので、そのようないきさつがあったのですね。

さて、今回は、そのプラチナと一口に言っても、使われているアイテムによって、PT900とPT850があるということのその違いの理由について考えたり調べたりしてみました。

特に、学ばせていただくことの多かった、本、「彫金-手づくりジュエリー-の技法と知識:秋山勝義・飯野一朗 著」は、ずばりその理由が書かれたもので、有難く知識をしっかりと受け、さらに、私からもアウトプットとしてお伝えしていきたいと思っています。

ダルマ板があるアイテムというのは、ペンダントチェーン、ネックレス、ブレスというのがヒント

ダルマ板に刻印のあるPT850のネックレス

まず、プラチナも金も銀も同様ですが、純である場合100%が1000という刻印表示になります。

このフルな生粋の材料でできたものがどのような状態かというと、柔らかすぎて、とても宝飾品として使うにはふさわしくないようです。

確かに、過去に、プラチナの指輪が変形しやすかったり、透かしの部分がすぐに折れたりしたのを見せてもらったりしたことがあり、もともとプラチナ、金、銀というのは、どれも柔らかい素材なのです(ハサミで簡単に切れたりします)。

だからこそ、綺麗な装飾を形作ったりなどの融通が利くとも言えますが、その反面は丈夫な物ではないわけです。

そんなことで、世の中で、だいたい、75%の純金を使って、残りの25%は、強度のある割金を加えた合金である18金(K18)とかシルバー925とか、PT900,PT850などというように、割金の力を借りて、全体を丈夫な硬いアイテムに作り上げるものだということです。

ただ、全く存在しないわけでもなく、たまに、PT1000などというお品もアクセサリーでレアものとして見かけることがありますが、マニアにとってはとても貴重なお品としてそれも希少価値がある存在にはなるようです。

ところで、PT900、PT850というこの差は、あまりイメージわきにくいかもしれませんが、結構な差のようです。

ということで、ますます、PT900、PT850の使い分けが気になっていたこの頃でした。

今回は、この使い分けの違いの理由を学びます。

PT850はPT900よりも当然硬いということになります。

純プラチナのPT1000とか、PT999などがとても柔らかいので、数字が低くなると硬くなっていきます。

PT850以下は、割金が入りすぎて、もはや天然の域を超えるということでしょうか、ここのラインがハイジュエリーの中では一般に一番下のラインのようです。

ダルマ板がありますが、あそこに刻印がPT850が打たれていることがほとんどです。

ダルマ板を使うアイテムというのが、チェーン類なんです。

ネックレス、ペンダントチェーン、ブレスです。

つまり、今回の、この本にもそのことが書かれていまして、チェーンというものは、引っ張ったりなどの圧力がとてもかかる場所であるので、柔らかいと破損に繋がるリスクが高く、硬さが求められるので、PT850がチェーンに選ばれるというものです。

なるほどですね。

実際にジュエリー類のアイテムを1つ1つ見たところ、ペンダントトップや、リングに関しては、PT900というのがほとんどでした。

チェーンがいかに圧力がかかるようなアイテムなのだということを物語ります。

あとがき

プラチナはホワイトゴールドと近づけて比べるととても白いことが分かります。

K18をイエローゴールドでなくてホワイトゴールドにもしていったわけというのもプラチナが少なくしか入手できない時代にその代用として作られたのがきっかけのようです。

ゴールド色だけでなくシルバー色も愛用したいニーズの高まりだったのでしょうか。

今では大変人気の地金がK18WGです。

しかし、厳密にはプラチナとはやはり違うんです。プラチナはとても白い。もっと暗いグレー色がK18WG。

その白さをより出していくためにK18WGには、決まってロジウムメッキという仕上げがされているものなのです。

ということで、この色の微妙な違いも、ペンダントとチェーンという近い位置にあるアイテム同士はせめて揃えたいなあと思い始めました。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

■<48>本物志向のレンタルジュエリー♪■セット価格:2週間¥5,500(送料無料)■K18YG、天然石■グリーンアメジスト、レモンクォーツ、アメジスト、フローライト、シトリン、カナリートルマリン■12号、13号■・・・現在レンタル中

ご注文フォームこちら。

お立ち寄りどうもありがとうございます。

picturesque(ピクチャレスク)と申します。 

ちょっとお出かけ用にもご利用できるお気軽なレンタルジュエリーをご提案(^-^)。

お好きなセットを見つけられたら、どうぞお気兼ねなくご落札いただいて2週間¥5,500のレンタルをお楽しみくださいませ(^-^)。

【ルール】
①当方で決めたセット組み限定。

②リングのサイズ(すべて12号以上)、ブレスの長さ(すべて18cm以上)などのお直し不可。

③発送日の翌々日からのカウントで14日間(2週間)、返却日発送日は、最終日が期限。

④送料は無料。ヤマトさん。返却の際には同封の着払い伝票(記入済)をご利用。

⑤必須事項:お取引の一番最初に免許証の写真の添付メールをご提示。

⑥ご入金確認後の発送(ご入金が確認できるまではいかなる理由でも発送不可)。

⑦料金:14日間(2週間)で1セット=¥5,500(送料無料)。3セットごとに▲¥1,500お値引き(例・・・3セットの場合:▲¥1,500、5セットの場合:▲¥1,500のまま、6セットの場合:▲¥3,000)。ポイントは記録しますので、その場で3セットに満たない場合も、次回の1セットで実行させていただきます。

⑧延長:延長依頼は、③に沿って、最終ご返却日までにメールなどでご依頼。延長料金は、1週間ごと。1週間延長で¥1,100/w。新規の時点では、MAX1か月レンタル可能ですが、延長でもう1か月、最大2か月最大ご利用いただけます。延長料金のお振込みの遅延などは、直ちに商品をご返却いただくことになりますので、延長料金のお支払いは延長スタート日の前日までに速やかに支払いをお願いします。

※【最初のレンタルスタート時からMAX2か月を決めておられる場合につきまして】

この場合も、1か月を新規、次の1か月を延長といたしまして、計算致します。延長のお支払いのタイミングは上述と同じです。

【もっと長期間レンタルされたい場合につきまして】

最大2か月後、いったんご返却後、日にちをそれほど空けずに再び新規レンタルとしてご契約いただけます。事前にご予約お願いします。

⑨早期返却:新規レンタル期間の1週間の内に、お品物が思ったものと全く違ったなどは、クーリングオフ制度の事もある程度考慮させていただき、お早めにご相談くださいませ。その他、延長期間の最後の方で、最終日ちょうどにはご返却がご都合上難しい場合に、数日前倒しでご返却いただく場合、その後の日程調整に合うレンタル日のご利用がされたい場合が出てきた時は、その日数をカウント、延長料金の¥1,100÷7d=¥150/dを計算して、次回のレンタルジュエリーの新規ご利用時のお値引きに加味させていただきますので、正味のご利用日数に見合ったご料金に調整ということをさせていただきます。

⑩返却期限を過ぎてもご連絡がつかなくなる、商品未返却などは、1発レッドカードでしかるべき措置。(内容証明送付/裁判所:賠償金/警察:窃盗・詐欺・差し押さえ) 

レンタル内容:¥5,500/2週間(税込・送料無料・・・セット組によって数の違いがあります。写真のアイテム数。】
〇ネックレス:K18YG留め具に天然石の32面、64面カット(8mm、10mm珠)の一連。黄色はレモンクォーツ。パープルは濃淡ありフローライトの中に混じるアメジスト、グリーンフローライト、グリーンアメジスト、メロン色のプレナイト。長さは95cmのロング丈。
〇ブレスレット:K18YG留め具の64面、64面カットの天然石の一連、レモンクォーツ、グリーンアメジスト、フローライトの3種。
〇リング:K18YG台に縦17mm程のやや大粒シトリン。写真にはオレンジがかって映りましたが、もっと実際は黄色寄り(オレンジといったシトリンもあるものの、こちらは黄色のシトリン)。多面カットの楕円が美しい様相。サイズは12号。
〇リング:K18YG台のカナリートルマリン。蛍光色寄りなライム色の黄色がエキゾチック。お花モチーフ3連デザイン。サイズは、13号(実際のはめ心地14号に近い)。

【おすすめコーデ】 
オレンジグリーン系のお洋服にどちらかというと相性が良さそう。意外と薄いグレーなどのワンピースをロングのネックレス達が面積広く、華やかに盛り立ててくれそう。

ご注文フォームこちら。

<出会い>アメジストのマーキスカットのダブルリング【554】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

少し個性的なリングに出会いました。

マーキスカットのダブルリングです。

見たことが無かったマーキスカットのダブルリング

K18YG台のアメジストのマーキスカットのダブルリング。なかなか個性的です。

ダブルリングは、真珠とかお花モチーフの丸いタイプでは今まで出会っていますが、マーキスカットデザインは初です。

とてもかっこいい感じになりそう。

あとがき

ダブルリング豪華ですね。とても楽しくなるアイテムです。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

末永く着られる洋服にすることを目的にしたプチリフォーム例-流行を取り除くリフォーム-【552】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ファッションというものが長い間、流行が基盤になって成り立つものであり続けてきました。

すべてではないですが、多くがそうして余分な数の洋服を作り、多種小ロットになったとはいえ、それでも大きくは、大量生産であると言えました。

余分な数を作らねば成り立たない元々の事業モデルであるということなんです。

実際そのたくさんの生産が、たくさんの購買とうまくマッチしていた時代は良かったのですが、もうここにきて、激しくそのバランスが崩れてきたのだと思います。

たくさん作ってもたくさん購買してもらえなくなったということ。

たくさん生産する労働の裏の場面に過酷な状況下でリスクを背負う方達にスポットが当たり、サスティナビリティ(永久持続性)ということが重視され始め、そのようにしてできた商品が受け入れにくくなったなども。

そうして、近年、過剰在庫の洋服の対策に悩むようになり、今までのように過剰生産のままやってきた事業がいよいよ難しくなってきたわけです。

今後の新しい洋服は、本当の意味で、正当で、優しい商品が求められます。

昔の流行を取り除くプチリフォーム例

新しく作られた商品よりも、古い素敵な商品に目を向けてみます。

こちらは、古き良きビンテージのワンピース。

かつてのオートクチュールブランドらしい、きちんとしたお仕立てのハナエモリブランドのワンピースです。

BOUTIQIE HANAE MORIとネームに記載のあるワンピース:黒x白の水玉ロング。生地がジョーゼットのようです。とても高級感があります。

このアイテムはもともとはそれほど流行を思いっきり出したようなデザインではないとは思いますが、少しはあります。

肩パットのボリューム感、メンズの軍服から受け継いだような胸のトラッドなボタンデザイン、センターにひだが入るスカート、ウエスト部分の三角の切り替えなど。

この中で、今後活かすもの、取り除くものを判断。

もともとのデザインを活かすのも忘れずに、必要な部分のみということです。

私が凝ったリフォームができないこともあり、今回は、肩パットを取り外すことと、胸のボタンをすべて取り外すということをしました。

肩パットは、しっかり縫い付けるものではないので、すぐに外せます。リッパーという道具を使います。はさみはよくないです。はさみの刃が早くダメになること、間違えてカットしてしまうリスクからです。
リッパーで優しく手縫いされた糸を外せばすぐに取れます。一部の商品で、ミシンもかけてあるのもありますが、それも一部です。全体に縫い付けてあるものはないですので、簡単です。
そして、ボタン。たくさんあることと、お仕立てが非常によくて、ボタンがぼろりと下に落ちる、現在よくある最低限の仕立てとは違い、ボタンの付け根部分もしっかりと糸を巻き付けています。
リッパーを動かすなどして無理のないように糸部分のみを削ぎ取ります。前後にリッパーの刃を動かすとだんだん糸が切れてきます。一度にやろうとするのは禁物。生地に負担ですし乱暴です。
そうして、ボタンを外しました。
写真が少し見にくいですが、ボタンを取り外した時の糸くずです。この糸くずのボリューム感でもお仕立ての良さがうかがえます。
after:こんな感じにすっきりとしました。ある意味クセがなくなったと言えます。どうにでもアレンジしやすいお品になったとも考えられるのです。
リフォームしなかった部分のバルーン袖とかアームホールの大きさやスカートの中心のひだは古き良き味わいとして残ります。外さなかった袖のボタンは結果アクセントになったようで〇。
左:before/右:after:見比べやすいように並べてみました。それほど変わっていないとも言えますが、もともと流行が極端に取り入れられたものではなかったせいだと思います。胸のボタンを取り外したことに賛否両論あるかと思いますが、着こなし幅が広がるのはやはり右側かと思っています。

最初から、流行のあまり入っていないものというのを選ぶのも今後長く着ていけることの1つとしてあるかと思います。

流行が多く入るとその分リフォーム箇所も増えて姿が大きく変わりますので、面白いですが、そのリフォーム技術が必要であることと、手間がかかりすぎてしまうというものです。

今回は、誰でもできそうなプチリフォーム例でした。

あとがき

今振り返った時に、このワンピースは、30年以上は前の物かなと予想しました。

現在の30年前というのが、1991年。

平成の最初の頃です。

いよいよ平成のお品でもビンテージ級の段階になってきたようですね。

流行ということで考えると、私が思うに、1970年代というのは、ややクセの強い流行だったかと思います。

その後の1980年代-1990年代になると、特に1990年代の最初の頃は流行自体があっさりしたクセのない形のものも多かったと思うので、どんな流行であったのかを調べたりして、見つけたビンテージ物の洋服の形がどの時代の物かを予測するのも楽しいですね。

そのような図鑑があったらとてもありがたいですけどね。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<出会い>小さくてきらりと光るダイヤモンドプチフラワーペンダント茎と葉付き【549】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ユニークなペンダントトップに出会いました。

とても小さいのですが、茎と葉がちゃんとあるお花ペンダントトップです。

K18WG台にダイヤモンドのフラワーと茎と葉です。なかなか技が細かいです。延長2cm程です。

プチサイズなわりに、バチカンがちゃんとしてはいるのですが、狭いのですねえ。

一度通るようなダルマ板の小さめの華奢なチェーンをとおしてみましたが、何か平凡でした。

よって、バチカンにK18WGの丸カンを追加するなどして、チェーンはそこそこボリュームあるものにしていきたいと思います。

あとがき

お花デザインは、一見同じような花びらをかたどったものが多いと思いがちでしたが、こんな感じの面白いデザインもあるみたいです。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

<出会い>台のしっかりしたプチサイズのアクアマリンペンダントトップ【548】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

とっても小さなアクアマリンのプチペンダントトップをご紹介したいと思います。

小さいのに、台がしっかりしているところがとても良いです。

K18WG台が厚みあるスクエアプチアクアマリンペンダントトップ

スクエアであること、台が分厚いこと、バチカンも立派なアクアマリンのプチペンダントトップです。

縦は1cm未満のアクアマリンのプチペンダントトップ。小さいながらバチカンや台(K18WG)が立派です。

あとがき

プチペンダントなので、重ね付けなどが有効かもしれません。

一度3連の重ね付けを組んでみたいと思っています(^-^)。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

天然石は成分で分類がされることについて学ぶ【547】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

天然石も、宝石のペンダント、ブレスレット、リングになってしまうと、もはやその後はファッションの世界。

けれども、その1つ1つのお品になる以前には、ある区別が成分によって大きくグループに分かれているようなんです。

今回は、そのグループに分類する成分中心の鉱物の分類という何やら難しそうなところがスポットです。

けれど、結果的に、ここ最近話題とさせていただいております、翡翠のジェダイトとネフライトの違いがなかなか難しい理由がここにもあるということになりまして、関連付けての内容です。

鉱物の成分表

まず、【543】の時にお作りしました表を見ます。

この表の中で、<成分>のところにご注目を。ジェダイトとネフライトは大きくは、同じケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)の一種ということでとても似ているのですね。その一種の細かい部分が少し違うようですが、到底私がわかるものではありませんでした(^_^;)。

今回、書籍、「鉱物の博物学-地球をつくる鉱物たち-:松原聰/宮脇律郎/門馬綱一 著」を読ませていただいております。

ここでありがたく学ばせていただきましたことになります。

天然石の源、鉱物の分類がありまして、主に成分の違いで分類されています。

ものすごく多い種類ではなく、10種ほどです。

天然石のどれが当たるかなど、ほとんど有名な物しか記載させていただいておりませんが、これだけの分類になるようです。化学の授業みたいです(^_^;)。

それで、下から2段目に、ジェダイト、ネフライトが共に属する成分の分類がありました。

それ以上の細かな分類がないので、やはりいずれも同じような成分であると言えます。

よって、それ以上の違いを成分で見分ける判別が難しそうです。

ちなみに、ダイヤモンドは、一番上。

ダイヤモンドの場合は、主成分が単一の元素である鉱物とのこと。

翡翠が属する、珪酸塩鉱物は、結晶構造の基本的要素として、ケイ素(Si)を中心とした正四面多体の各頂点に酸素(O)を配したSiO4四面体を持つことが特徴。

「鉱物の博物学-地球をつくる鉱物たち-:松原聰/宮脇律郎/門馬綱一 著」

と何やら難しそうですが、とにかく、ジェダイトもネフライトもこの特徴を持った珪酸塩鉱物だということです。

その他、コランダムという鉱物名である、ルビーやサファイアは、酸素と陽イオンが結合した鉱物。その他、スピネルもここに属するようです。

こんな話を聞いたことがあります。

ある国で、王冠の天然石がルビーと思っていたら、実はスピネルだったというお話です。

同じ鉱物の分類に属していることがまずは類似の原因ですね。

そう考えると、ジェダイトとネフライトも簡単に違いが分かるものではないようです(^_^;)。

あとがき

他の鉱物に関してはよく分かりませんが、とりあえず、こういった分類があり、翡翠の区別の難しさ、もしくは、天然石同士の区別の違いが分かりにくいという以前にベーシックな部分で、大まかな分け方という分類があったということです。

天然石のモース硬度について学ぶ【546】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

こちらは、【546】の記事ですが、少し前の【543】の記事で、翡翠(ジェイド)の硬玉(ジェダイト)と軟玉(ネフライト)の見分けが簡単ではないということを書きました。

そのことにも関連する今回の話題は、モース硬度。

このモース硬度の違いでジェダイト(硬玉翡翠:こうぎょくひすい)なのかネフライト(軟玉翡翠:なんぎょくひすい)なのかを見分ける判断材料とするようです。

今回のモース硬度を見てみると、その違いもそれほど大きなものではないことから、判別の難しさがあるのだと改めて感じることでしょう。

ではモース硬度というものをご紹介しますね。

モース硬度は10段階ある

この、2種のジェダイトとネフライトの違いの中で、下から2段目にモース硬度というのがあります。あえて数字は載せていないのですが、ジェダイトはネフライトよりやや値が大きいということなんです。(【543】の時の表です)

そして、今回の表は、こちらをご覧いただきます。

1-10までのモース硬度:ほとんど中間を省略させていただきました。キズの付き具合の事ばかりがずらりと並びます。

ジェダイトとネフライトは、モース硬度は、6-7の間です。その間のわずかな違いを見るということになりますので、非常にこの図からはいかに狭い範囲内で、その差を調べることになるかがうかがえますね。

ちなみに、モース硬度のダントツ1位は、ダイヤモンドですね。

あとがき

モース硬度は、あくまで硬さであって、いろんな衝撃に耐えうる強靭性とは別物です。

そのものの硬さということになります。

強靭性でいうと、翡翠が1位になるようで、強い石は?なんて聞かれると、翡翠が正解になるのかもしれません。

ダイヤモンドは硬さはあるけれど、ある割れやすい面に当たると、ある意味翡翠よりも簡単に砕かれるようですので、この硬度という言葉を正確に使わねばなりません。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

珊瑚のジュエリーを選ぶにあたって、まずは珊瑚とはなんぞやからスタートしてみます【545】

まえがき

こんにちは。picturesque(ピクチャレスク)です。

ここ近年珊瑚は希少だとのこと。

思うに、今後の新しいお品は、希少な中でのお品なので、色が天然なのかなどこだわるのであれば、ビンテージ物の方が良いと思っております。

今まで珊瑚にはあまり注目しておらず、ここ最近少し気になっている素材なので、ほとんど知識がないわけです。

そこで、珊瑚について、ほんの入り口に立ったところではありますが、どんな天然物なのかということを今回はご紹介したいと思います。

動物ということではあるが植物のような鉱物のような性質もある珊瑚

珊瑚は、刺胞動物(しほうどうぶつ)の一種となっていまして、クラゲ、イソギンチャクなどが同じ部類の仲間です。

突起状のパーツが特徴です。あの突起で、人間でいう目や耳や味などの感触を得る大事なパーツなのだと思います。

炭酸カルシウムを含む霰石(あられいし)というものでできた骨格を形成し、木の枝のようになって珊瑚になるようです。

この霰石(あられいし)というのは、アラゴナイトと呼ばれる炭酸塩鉱物というものの一種。

そうすると、珊瑚は鉱物のような性質も一部基盤に持っているということで、その上木の幹のように枝を広げた植物のようでもあるようなミックスされた生き物だと思えてしまいます。

天然石は、通常鉱物にイコールなのですが、珊瑚はその点特殊。

海の生物なので、鉱物とはもとは違う部類の物。

以前記事でご紹介したことがあったのですが、地球上には、3つの物があるということ。

1つは、動物、1つは植物、そして3つ目が鉱物ということで、鉱物の存在が結構なものであることをお伝えしました。

今回のこの珊瑚は、どれともとれるような、ミックスされたような感じがするものの、一応は、刺胞動物ということなので、動物に分類さるのですよね。

けれども、宝石になっていくということでは、もとは鉱物でないような、天然シェル(貝)とか、天然樹脂の琥珀や鼈甲などと同じように少し別格ですね。

宝石になっていく珊瑚というのは、海の中ではこちらもさらに別格のようで、貴重サンゴという呼ばれ方をしているようです。

深海に存在し、造形珊瑚呼ばれる白い珊瑚とも違う種類みたいです。

あとがき

今回は。ここまでですね。あまり身近で見るものではないのイメージ湧きにくいです。

とにかく、赤色もピンク色もどちらにしても希少価値はあるみたいです。

あまり宝石寄りなことは今回は足を踏み入れておりませんが、珊瑚の自然界の中での位置のようなものを把握するにとどまります。

また、新しい学びがあった時には、記事にてアップさせていただきたいと思います。

ハンドメイドバッグは、ヤフオクとcreemaで販売中です。

レンタルジュエリーは、当HPで受け付け致しております。

是非お立ち寄りどうぞ(^-^)。

■<47>本物志向のレンタルジュエリー♪■セット価格:2週間¥5,500(送料無料)■SV925、天然石■淡水真珠■16号■・・・レンタル可

ご注文フォームこちら。

お立ち寄りどうもありがとうございます。

picturesque(ピクチャレスク)と申します。

 ちょっとお出かけ用にもご利用できるお気軽なレンタルジュエリーをご提案(^-^)。

お好きなセットを見つけられたら、どうぞお気兼ねなくご落札いただいて2週間¥5,500のレンタルをお楽しみくださいませ(^-^)。

 

【ルール】
①当方で決めたセット組み限定。

②リングのサイズ(すべて12号以上)、ブレスの長さ(すべて18cm以上)などのお直し不可。

③発送日の翌々日からのカウントで14日間(2週間)、返却日発送日は、最終日が期限。

④送料は無料。ヤマトさん。返却の際には同封の着払い伝票(記入済)をご利用。

⑤必須事項:お取引の一番最初に免許証の写真の添付メールをご提示。

⑥ご入金確認後の発送(ご入金が確認できるまではいかなる理由でも発送不可)。

⑦料金:14日間(2週間)で1セット=¥5,500(送料無料)。3セットごとに▲¥1,500お値引き(例・・・3セットの場合:▲¥1,500、5セットの場合:▲¥1,500のまま、6セットの場合:▲¥3,000)。ポイントは記録しますので、その場で3セットに満たない場合も、次回の1セットで実行させていただきます。

⑧延長:延長依頼は、③に沿って、最終ご返却日までにメールなどでご依頼。延長料金は、1週間ごと。1週間延長で¥1,100/w。新規の時点では、MAX1か月レンタル可能ですが、延長でもう1か月、最大2か月最大ご利用いただけます。延長料金のお振込みの遅延などは、直ちに商品をご返却いただくことになりますので、延長料金のお支払いは延長スタート日の前日までに速やかに支払いをお願いします。

※【最初のレンタルスタート時からMAX2か月を決めておられる場合につきまして】

この場合も、1か月を新規、次の1か月を延長といたしまして、計算致します。延長のお支払いのタイミングは上述と同じです。

【もっと長期間レンタルされたい場合につきまして】

最大2か月後、いったんご返却後、日にちをそれほど空けずに再び新規レンタルとしてご契約いただけます。事前にご予約お願いします。

⑨早期返却:新規レンタル期間の1週間の内に、お品物が思ったものと全く違ったなどは、クーリングオフ制度の事もある程度考慮させていただき、お早めにご相談くださいませ。その他、延長期間の最後の方で、最終日ちょうどにはご返却がご都合上難しい場合に、数日前倒しでご返却いただく場合、その後の日程調整に合うレンタル日のご利用がされたい場合が出てきた時は、その日数をカウント、延長料金の¥1,100÷7d=¥150/dを計算して、次回のレンタルジュエリーの新規ご利用時のお値引きに加味させていただきますので、正味のご利用日数に見合ったご料金に調整ということをさせていただきます。

⑩返却期限を過ぎてもご連絡がつかなくなる、商品未返却などは、1発レッドカードでしかるべき措置。(内容証明送付/裁判所:賠償金/警察:窃盗・詐欺・差し押さえ) 

【レンタル内容:¥5,500/2週間(税込・送料無料・・・セット組によって数の違いがあります。写真のアイテム数。】
〇淡水真珠のショート丈の俵型がスクエアに編み込んであるペンダントトップ。サイズは、20mmx20mm。チェーンは、別の連ながら、粒のサイズ感がそっくりな〃ライスパールの短い俵型縦5mm程の連のチェーン。チェーンの方が全体には粒が大きめ。長さは50cm強。留め具は、二重花のシルバークラスプ。SILVERの刻印有。トップのバチカンのシルバー色パーツはステンレス製。
〇ブレスレット:淡水パールの6mm程度のラウンド型が巾20mm程で編み込まれたもの。シルバークラスプはデイジーの花の透かしタイプ。SILVERの刻印あり。
〇リング:シルバー925台の3粒の4mm程度のあこや真珠が深めに埋め込まれた作りの彫りが非常に豪華なリング。伝統的なアンティーク調のデザインのリングを作っておられるイギリスの老舗メーカーからのオーダーメイドの輸入もの。サイズは16号。

【おすすめコーデ】

真珠をかしこまらずに日常的に付けていただけそう。

ご注文フォームこちら。